TOP > ニュース > POPSニュース > Ed Sheeran (エド・シーラン) の3rdアルバム『Divide (÷)』をチェック!

2017.03.03(Fri) DJ SHOTA POPSニュース

Ed Sheeran (エド・シーラン) の3rdアルバム『Divide (÷)』をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年に入って久しぶりにリリースした新曲『Shape Of You』と『Castle On The Hill』の2作がすぐにチャート入り!
ポップミュージックのスター・シンガーソングライター Ed Sheeran (エド・シーラン) が3rdアルバム『Divide (÷)』をリリースしました。

アルバム通してとてもいい内容なので、ぜひ全曲みっちりチェックしてみてほしい!(下に続きます)

ed-sheeran-new-album-divide-1484220075-list-handheld-0

出典:CapitalFM

Ed Sheeranが3作目となるアルバムをリリース

リリース日: 2017年3月3日(金)

こちらからダウンロードできます↓

収録曲1.) Eraser

収録曲2.) Castle On the Hill

収録曲3.) Dive

収録曲4.) Shape of You

収録曲5.) Perfect

収録曲6.) Galway Girl

収録曲7.) Happier

作家のところにワンリパブリック (OneRepublic) のフロントマンであるRyan Tedderの名前が入ってました!

収録曲8.) New Man

収録曲9.) Hearts Don’t Break Around Here

収録曲10.) What Do I Know?

収録曲11.) How Would You Feel (Paean)

収録曲12.) Supermarket Flowers

デラックス盤収録曲13.) Barcelona

デラックス盤収録曲14.) Bibia Be Ye Ye

デラックス盤収録曲15.) Nancy Mulligan

デラックス盤収録曲16.) Save Myself

エド・シーランのアルバムのタイトルがおもしろい!

1stアルバムは「Plus (+)」
2ndアルバムは「Multiply (×)」

今回の3rdアルバムのタイトルは「Divide (÷)」。割るですね!

1stアルバムはイギリスで1位、アメリカで最高5位。
2ndアルバムはイギリスで1位、ビルボードチャート (Billboard 200) で1位。2014年でもっとも売れたアルバムとなりました。

今回のアルバムもポテンシャルばっちり!
このアルバムはストリーミングよりも買いたいって思ってしまう (アーティストに還元したいというリスペクトから笑)。

4thアルバムがもし出るとしたらタイトルは”Minus (−)”なんですかね?そこらへんもまだまだ先ですが、楽しみに待っておこうと思います。

まとめ

エレクトロニックな音楽が流行っている中で、やはりこのようなアコースティック勝負の音楽は沁みるように最高ですね。
生音とすばらしいヴォーカルが心の琴線に触れてくる心地がたまりません。

ちなみにですが、通常盤とデラックス盤のどちらを買えばいいかというと、100%デラックス盤でしょう!
プラスでついている4曲もすばらしいので捨てられない!しっとりよりは愉快な曲ばかりです。

まだまだ2017年も前半ですが、今年はエド・シーランの年になるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事