TOP > ニュース > ULTRA JAPAN 2016、公式アフタームービーが公開!

2017.03.18(Sat) DJ SHOTA ニュース

ULTRA JAPAN 2016、公式アフタームービーが公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年に開催されたEDMフェス「ウルトラ」のオフィシャル・アフタームービーが公開されました。
今回のビデオを手がけたディレクターは毎度おなじみのFinal Kid先生。本当にプロすぎる!

14409901_730963790390277_5572328786574800365_o

出典:
facebook

ULTRA JAPAN 2016をふりかえる

今回公開されたULTRA JAPAN 2016の公式アフタームービーがこちら↓

9分という長さ、今までのULTRA JAPANのアフタームービーの中で一番長いのでは? (2014, 2015年とも7分半くらい)
AdobeのAfter Effectというソフトを駆使したウルトラ・オリジナルのイントロがかっこよすぎる!
登場する日本人女性はCyber Japan Dancersのメンバーでテレビにも最近よく出ている来夏さん。あいかわらず美しいです。

最近映像にハマっている者として少し技術的な話をしますと、クオリティの高いハイパーラプスを多用していてめちゃくちゃかっこいいです!
ハイパーラプスとは、簡単に言うとタイムラプスの動くバージョンみたいなもので、写真をパラパラめくりして動画にする感覚です。
やり方を説明してくれている動画↓

三脚を使って固定しながら写真を撮っては、1歩前に進んでまた写真を撮って、また1歩前に進んで写真を…って感じで超地味かつ長時間を要する作業なのです。
しかも1枚1枚HDR加工している上に、光の映り方を見る限りおそらくシャッタースピードは1秒以上のLong Exposure (長時間露光) で撮っていることでしょう。

簡潔にまとめると、編集力もすごいけど撮影の段階で常人には理解し得ないくらい手間がかかってると思います (手間かかってる = 制作ギャラが高い)。

毎年驚きのクオリティを出してくる映像クリエイター・Final Kidの過去のULTRA JAPAN作品と、最近の世界のULTRA作品を見てみましょう。

過去のULTRA JAPAN アフタームービー

2015年のアフタームービー↓

2014年のアフタームービー↓

その他のULTRAのアフタームービー

Ultra Europe 2016

Ultra Korea 2016

Ultra Brasil 2016

Ultra Singapore 2016

まとめ

ULTRA JAPAN 2016のアフタームービーが公開されたというニュースでした。
このビデオを見ればウルトラが世界から愛されるのもうなづけますね!

最後にこのビデオで使われていた使用楽曲のリンクを載せておきます。

1.) Tunnel Vision (Don Diablo Edit)

アーティスト: Zonderling

2.) Never

アーティスト: Menshee

3.) Make Up Your Mind

アーティスト: Martin Garrix & Florian Picasso

4.) WTF

アーティスト: HI-LO & Sander van Doorn

5.) You’re The One

アーティスト: Vorwerk & Mazare ft. Matthew Steeper

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事