TOP > ニュース > EDMニュース > The Chainsmokers、デビューアルバムをリリース!【全12曲視聴可】

2017.04.07(Fri) DJ SHOTA EDMニュース

The Chainsmokers、デビューアルバムをリリース!【全12曲視聴可】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

The Chainsmokers (ザ・チェインスモーカーズ) が待望のデビューアルバム『Memories Do Not Open』を4月7日(金)にリリースしました!

thechainsmokers_4

待ちに待ったデビューアルバムがリリース

The Chainsmokersは、Andrew Taggart (アンドリュー・タガート) とAlex Pall (アレックス・ポール) の2人からなるダンスミュージックのDJ・サウンドプロデューサーです。

左がアレックスで、右がドリューです。

『Roses』や『Don’t Let Me Down』、『Closer』などの大ヒットによりダンスミュージックシーンのスターダムに駆け上がりし、今ではビルボードチャートにも入るほどポピュラーな路線を突っ走っています!
DJの楽曲がビルボードチャートに入るなんてなかなかないことですからね。

2017年に入ると、これまた大ヒットした『Paris』、さらにはColdplayとコラボした『Something Just Like This』をリリース。
そして今回のデビューアルバムリリースという運びでした。

『Paris』を聴いた時あたりから「もしかしたらダンスミュージックからだんだん離れていってポップ路線に向かうのかなー」と思っていましたが、今回のアルバムを聴いて確信しました。

全体通して、かなりポップ!ミドルテンポ!

もはやEDMでもなく、フェスでPut Your Hands Up & Jumpするような曲でもない。
『Closer』や『Paris』のような気持ちのいいミッドテンポの曲中心です。

メンバーのドリュー自身が収録曲のほとんどを歌っている!

すごいことですよね。DJが歌を始めるんですよ?
2016年の『Closer』で初めてヴォーカルを自分でやるようになり、それからは『All We Know』や『Paris』でも自分で歌っていました。
世界の人気スターDJがこなすハードスケジュールの合間で、きっと一生懸命ヴォイストレーニングもしていたのでしょう。

それでは、収録曲全12曲を視聴&チェックしてみましょう!

1.) The One

アーティスト: The Chainsmokers

クレジット: Scott Harris, Andrew Taggart & Emily Warren

2.) Break Up Every Night

アーティスト: The Chainsmokers

クレジット: Sean Scanlon, Andrew Taggart, Ryan McMahon, Ryan Rabin, Michael Kamerman, Ben Berger & Beau Kuther

3.) Bloodstream

アーティスト: The Chainsmokers

クレジット: Phoebe Ryan, Phil Plested, Phil Leigh, Kane Parfitt, Andrew Taggart & Matthew Holmes

4.) Don’t Say

アーティスト: The Chainsmokers feat. Emily Warren

クレジット: Imad Royal, Joni Fatora, Andrew Taggart, Brenton Duvall & Emily Warren

5.) Something Just Like This

アーティスト: The Chainsmokers & Coldplay

クレジット: Andrew Taggart, Christopher Martin, Guy Berryman, Jonny Buckland & Will Champion

6.) My Type

アーティスト: The Chainsmokers feat. Emily Warren

クレジット: Britt Burton, Andrew Taggart & Emily Warren

7.) I Won’t Kill Ya

アーティスト: The Chainsmokers feat. Louane

クレジット: Sam Martin, A.S. Govere & Andrew Taggart

8.) Paris

アーティスト: The Chainsmokers

クレジット: Fredrik Häggstam, Andrew Taggart & Kris Eriksson

9.) Honest

アーティスト: The Chainsmokers

クレジット: Audra Mae, Andrew Taggart & Sean Douglas

10.) Wake Up Alone

アーティスト: The Chainsmokers feat. Jhené Aiko

クレジット: Scott Harris, Emily Warren & Andrew Taggart

11.) Young

アーティスト: The Chainsmokers

クレジット: Taylor Bird, Peter Hanna, Andrew Taggart, Sean Jacobs & Jordan Young

12.) Last Day Alive

アーティスト: The Chainsmokers feat. Florida Georgia Line

クレジット: Dan Reynolds, Ido Zmishlany & Andrew Taggart

まとめ

世界中で現在人気沸騰中のThe Chainsmokersが待望のファーストアルバムをリリースしたというニュースでした!
このアルバムのリリースツアーも始まるということで、なにやら動画を見る限りすごいことになりそうです。
今までは2人でDJをする定番のスタイルでしたが、今ではドリューがマイクで歌うようになり、今回のツアーはバンドを帯同させたライブセットになるっぽいんですよね。

The Chainsmokersの最近の動きがイケイケすぎて、唯一無二のアーティストにまで登りつめるのもそう遠くはないでしょう。
DJがシンガーになる例は今まであまりなかったと思うんですが、やはり何でもできる人は魅力的ですね!

アルバムには収録されませんでしたが、Bebe Rexhaとの未発表曲『Coldest Summer』がリリースされるのではないかと海外サイトでリークされていました。
The Chainsmokersがデビューアルバムリリースを機にどう変わっていくのか、とても楽しみなところであります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事