TOP > ニュース > Calvin Harrisのニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』の先行予約がスタート

2017.06.13(Tue) DJ SHOTA ニュース

Calvin Harrisのニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』の先行予約がスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calvin Harrisが6月30日(金)にニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』をリリースします!
iTunesより先行予約が開始されたのと、Calvin HarrisのSNSで収録曲が聴けるティザー映像が公開されました。

calvin-harris-2017-press-billboard-1548

出典:billboard

iTunesで見る↓

Calvin Harrisのニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』

2017年1月、世界で一番稼いでいるダンスミュージックのDJ/プロデューサーのCalvin Harris (カルヴィン・ハリス) が「今年は10曲ほど新曲をリリースするぞ」と宣言しました。
それが2017年のちょうど折り返しとなる6月末のタイミングでリリースする新しいアルバムのことだったとは!!

6月30日(金)にCalvin Harrisのニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』がリリースされます。

ひたすらオウムが出てくるティザービデオを見て、アルバムに収録される新曲を聴いてみてください!

Calvin HarrisがEDMからファンクにシフト

Calvin Harris、以前は『Summer』や『Outside』などのEDMを作ってきました。

一時期はR3habと一緒にバウンス系EDMの『Burnin’』も作ったり。

2015年にリリースした『How Deep Is Your Love』あたりから、同じ四つ打ち音楽ではあるものの“脱EDM”を感じさせるようなDeep House (ディープ・ハウス) 路線に舵を取ります。

とはいえ元々『Thinking About You』などディープ・ハウスの名曲を作っていたCalvin Harris。

2016年にRihanna (リアーナ) とコラボしたシングル『This Is What You Came For』や『My Way』もその路線でしたね。

そして大きなシフトがあったのが、2017年。
なんと四つ打ちを完全に脱して、ファンク路線に行きます!曲のテンポも遅め!

2017年2月に今年1曲目となる『Slide』をリリースすると、いまやプラチナ認定されるほどの大ヒットを記録。

楽曲の制作工程までも公開してしまうほど自信たっぷり!

世界のビルボード誌もこの曲を「2017年上半期No.1ヒットだ!」と報じました。

ニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』でもタイトルに”Funk”とつけるくらいファンク推し。
現在公開されている『Heatstroke』と『Rollin』の2曲も完全にファンクです!

フィーチャリングアーティストが豪華!

先行予約が開始される前にフィーチャリングアーティストだけ先に発表されたのですが…これがもう本当豪華すぎて大変なことになってます。笑

・Frank Ocean
・Travis Scott
・Kehlani
・Future
・Pharrell Williams
・Katy Perry
・Big Sean
・John Legend
・Khalid
・Migos
・Schoolboy Q
・Ariana Grande
・Young Thug
・D.R.A.M.
・Nicki Minaj
・Lil Yachty
・Jessie Reyez
・PARTYNEXTDOOR
・Snoop Dogg

HIPHOPの大人気ラッパーから世界のポップスターまで粒揃いの19組!
現代シーンでここまで多くの豪華スターたちとコラボできるのは、Calvin HarrisかDJ Khaledかってとこでしょう!
かなりのお金をかけているし、プロデューサーとして信頼されているのだと思います。

共演者たちも大絶賛

トラックリスト

1.) Slide (feat. Frank Ocean & Migos)
2.) TBA
3.) Heatstroke (feat. Young Thug, Pharrell Williams & Ariana Grande)
4.) Rollin (feat. Future & Khalid)
5.) TBA
6.) TBA
7.) TBA
8.) TBA
9.) TBA
10.) TBA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事