TOP > ニュース > 賞金王はだれだ!? 世界で最も稼いでいるDJランキング2014が発表!1位はやっぱりあの人だった!

2014.08.20(Wed) DJ SHOTA ニュース

賞金王はだれだ!? 世界で最も稼いでいるDJランキング2014が発表!1位はやっぱりあの人だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、Forbes誌が調査する「The World’s Highest-Paid DJs: Electronic Cash Kings 2014」
通称、「世界で最も稼いでいるEDM DJランキング 2014」についてご紹介したいと思います。

EDMアーティストってどのくらい稼いでいるの?

近年、全世界でEDMブームが巻き起こっていることはみなさんもご存知かと思いますが、ブームに乗ってヒット曲を生み出したアーティストは世界最大級のフェスや世界各地のイベントに出演することができます。
そして膨大なギャランティをもらっていることも、よく知られていますよね。

ではいったい、どのくらいもらっているのでしょうか。
毎年ランキングを発表しているForbes誌が、2014年のランキングを発表しました。

2014年、世界で最も稼いでいるEDM賞金王ランキング

1ドル=103円 (2014年8月20日現在)

1位 Calvin Harris

calvin

出典:http://img.barks.jp/

67億9800万円 (6600万ドル)

2013年のランキングでも1位に輝いたカルヴィン・ハリス。
ちなみに前年は4600万ドルだったので、約1.5倍近く稼いだことになります。
高給を払うことで有名なラスベガスのハッカサンというクラブでDJをしていることや、
リアーナやケシャなどとコラボしPOPSシーンにも手を広げていることが稼ぎを上げたと言われています。

歌もうたって曲もつくる!”EDM×POPS”路線で大活躍のEDMアーティスト「Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)」の代表曲5曲

2位 David Guetta

DavidGuetta

出典:http://thissongissick.com/

30億9000万円 (3000万ドル)

前年の3位からワンランク上げて2位にランクインしたデイヴィッド・ゲッタ。
ただ、3000万ドルは前年と変わらないので、安定しているといえるでしょう。
ラスベガスやイビザでのレギュラーイベントと、リアーナやレディー・ガガなどのアーティストのツアーに帯同していたことが大きいです。

これを知らなきゃ始まらない!EDMの王様David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)のおすすめ代表曲10選

3位 Avicii

Avicii

出典:http://the305.com/

28億8400万円 (2800万ドル)

2013年は6位だったアヴィーチーが3位タイにランクイン。
2014年はアルバム『True』の大旋風があり、彼の中でベストイヤーだったことは間違いありません。
前年より8000万ドルほどアップして大躍進し、今後も人気とともに上がってくるアーティストですね。

クラブで彼の楽曲が流れない日はない!天才プロデューサー「Avicii(アヴィーチー)」の代表曲10選

3位 Tiesto

Tiesto

出典:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/

28億8400万円 (2800万ドル)

前年は3200万ドルで2位だったティエストが、2014年は3位タイにワンランクダウン。
今年はメインの拠点をイビザからラスベガスのハッカサンにシフトしましたね。
2年あわせてもカルヴィン・ハリスの1年分の俸給にはとどかないという現実です。

世にEDMブームを生み出した”世界No.1 DJ”の称号をもつ「Tiesto(ティエスト)」の最高な魅力をお伝えします!

5位 Steve Aoki

Steve_Aoki

出典:http://www.youredm.com/

23億6900万円 (2300万ドル)

前年は11位だったスティーヴ・アオキが、2014年は9000万ドル上げて5位に大幅ランクアップ。
年間277もの公演を行ったようです。多いときには1日3公演行うこともあったとか。
移動時間に2,3時間寝られればいい方だという多忙っぷりです。がんばったんですね!

ケーキを投げたり、ボートで観客の上を泳いだり?!派手な演出で話題のカリスマ「Steve Aoki」の5つの代表曲

6位 Afrojack

Afrojack

出典:http://api.ning.com

22億6600万円 (2200万ドル)

2013年から400万ドルアップして6位にワンランクアップしたアフロジャック。
ラスベガスのハッカサンのレジデントを務めたり、アルバムがヒットしたり、調子いい1年でした。

全世界待望の1stアルバムリリース!EDM界の象徴的存在Afrojackの代表曲6選

7位 Zedd

Zedd

出典:http://newcitygas.com/

21億6300万円 (2100万ドル)

ゼッドはランキング初登場です!大躍進をとげた1年でした。
Clarity』のリリースから世界各地でのイベントに引っ張りだこになりました。

EDM界の貴公子!ヴォーカルを活かしたヒット曲を生み出す「Zedd (ゼッド)」の代表曲

8位 Kaskade

kaskade5

出典:http://www.youredm.com/

17億5100万円 (1700万ドル)

前年は9位だったカスケードは、1000万ドルアップして8位にランクイン。
アルバム『Atmosphere』はグラミー賞にノミネートされ、話題を呼びました。

9位 Skrillex

Skrillex

出典:http://www.ibizadiscoticket.com/

16億9950万円 (1650万ドル)

前年も9位だったスクリレックスは、500万ドルアップして2014年も9位に。
アルバム『Recess』がグラミー賞を受賞したことで今年も存在感を出していました。

ダブステップというジャンルを牽引するEDMアーティスト「Skrillex(スクリレックス)」のおすすめ曲

10位 Deadmau5

Deadmau5

16億4800万円 (1600万ドル)

デッドマウスは前年2100万ドル稼いでランキングも5位につけ話題となりましたが、
2014年は500万ドルダウンでランキングは10位にとどまりました。

11位 Hardwell

Hardwell

出典:http://onwardstate.com/

13億3900万円 (1300万ドル)

2013年はランキングに載っていなかったハードウェルが2014年にはランキング初登場!
DJ Magの「TOP 100 DJs 2013」で1位になったことが躍進のポイントとなりました。

Hardwell(ハードウェル)がULTRA JAPAN前にNEW MIX『Revealed Volume 5』を発表!

12位 Armin Van Buuren

armin_van_buuren_by_label89-d4fpa8g-680x382

出典:http://whiteraverraft.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2013/09/armin_van_buuren_by_label89-d4fpa8g-680×382.jpg

12億3600万円 (1200万ドル)

前年は8位だったアーミン・ヴァン・ブーレン、2014年は5000万ドルダウンで12位につけました。
トランスのレジェンドの地位はだんだんと下がってきているのでしょうか。

12位 Steve Angello

steve_angello-wasted-love

出典:http://www.yourmusicfix.com/

12億3600万円 (1200万ドル)

最後にスティーヴ・アンジェロもランキング初登場!
Swedish House Mafiaの解散後、メンバーの中では一番稼いでいたのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
桁が次元違いすぎて、もうどのくらいなのかがよくわかりませんね。

年に10億以上稼ぐとどのような感覚になるものなのか気になります。
このようなEDMアーティストを目指して音楽で一発当てようと夢見る人も出てくるでしょう。
総じて、このランキングを見ているとEDMシーンはまだまだ登り調子だなといった印象です。
カルヴィン・ハリスの独走が止められませんね!うらやましい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事