TOP > ニュース > Krewella、メンバーのKrisがグループ脱退&姉妹に告訴!

2014.10.02(Thu) DJ SHOTA ニュース

Krewella、メンバーのKrisがグループ脱退&姉妹に告訴!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Krewella (クルーウェラ) のメンバー、Kristopher Trindl (通称: Rainman) がグループを脱退し、メンバーのYousaf姉妹に告訴していることが明かとなりました。

krewellakris

出典:billboard

アメリカの人気EDMグループ「Krewella」は、ジャハーン(写真左)とヤスミン(写真右)の美人ヴォーカル姉妹と、プロデューサー・トラックメーカーのクリス(写真中央)の3人からなるトリオ・ユニットでした。

Krewella
ビルボード誌も推す!2014年最重要パーティー・バンド「Krewella(クルーウェラ)」の有名おすすめ曲

しかし最近、メンバーのひとり、Krisがグループを脱退し、現メンバーのYousaf姉妹に告訴していることがわかったのです。
Krisは、Yousaf姉妹にグループから脱退させられたとして、500万ドル、日本円にしておよそ5億5000万円の損害賠償請求をしています。

事の発端は、クリスが連日のハードなパーティーによってアルコール中毒になり、更生施設に30日間入っていたことです。
施設を出てからは、あまりお酒を飲むことなく、以前のようなハードパーティースタイルは封印していたそうですが、それが姉妹は気に入らなかったようです。

クリスは、「施設を出てから姉妹の態度が一変し、私を施設に送り返そうとしてきた。そしてグループからも“追い出された”のだ。彼女らは3等分していたギャラを2人で分けようとしている。」と言っています。

それに対し、Yousaf姉妹は「私たちは彼を追い出したかったのではない。気をつけたいのは、“彼が自分で脱退した”ということだ。」と主張しています。

メンバー間の不仲によって、グループ解散に追い込まれたり、メンバー脱退が起こったりするケースは稀ではありません。
それがグループを組む者の使命のようなものであり、結成当時に覚悟しなければならない問題のはずです。

ULTRA JAPANに出演したSwedish House Mafiaも、不仲によって、Axwell ^ IngrossoとSteve Angelloに分裂したとうわさされていることは有名ですよね。

Krewellaはメンバー全員が、グループの誕生した日付2010年8月6日を示した「06/08/10」のタトゥーを結成当時に掘っていました。
それだけ覚悟を決めて、圧倒的な人気を誇るEDMユニットにまで成長しただけに、今回のけんか別れの一件はとても残念です。
同じように残念に思っているKrewellaのファンは全世界中にたくさんいると思います。

KrisがいてこそのKrewellaだった感は否めませんが、訴訟を起こしてしまった以上、もうすでに3人で音楽をやることは二度とないでしょう。

それにしても、お酒を飲まなくなっただけが不仲の原因なのでしょうか?笑
いろいろ複雑な事情がありそうですね。
人気グループになってしまうと、それはそれで今まで起こりえなかったいろいろな問題を抱えることになるのでしょう。
法廷での今後の展開に注目が集まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事