TOP > ニュース > セカオワ、『Good Time』でおなじみのOwl Cityとコラボ!新曲『TOKYO』のジャケット公開!

2014.10.03(Fri) DJ SHOTA ニュース

セカオワ、『Good Time』でおなじみのOwl Cityとコラボ!新曲『TOKYO』のジャケット公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tokyofantasy1

出典:special.sekainoowari.jp

アメリカ人シンガー「Owl City」が、人気J-POPバンド「SEKAI NO OWARI」をフィーチャリングに迎えた新曲『TOKYO』のジャケットを公開しました。

TOKYO / Owl City feat. SEKAI NO OWARI

Owl-City-Tokyo1

出典:www.josepvinaixa.com

owl-city-tokyo2

出典:Universal Music

Owl Cityって誰?

Owl City (アウル・シティ) といえば、代表曲『Good Time』ですよね!
この曲はCarly Rae Jepsen (カーリー・レイ・ジェップセン) のイメージが強いですが、Owl Cityもしっかり入っています。
久々に『Good Time』のMusic Videoを見ると、昼下がりにぴったりでこれからどこか出かけたくなりますね!

Good Time / Owl City & Carley Rae Jepsen

Owl Cityが今回コラボして話題となっているのが、なんと日本の有名アーティスト。
そう、”セカオワ“こと、「SEKAI NO OWARI 」です。

sekainoowari1

出典:Google+

Owl CityだけでなくNicky Romeroにも!

最近、Nicky RomeroがSEKAI NO OWARIをプロデュースするというニュースで話題となったばかりですよね。
世界のEDMシーンのトップを走るアーティストが、日本のJ-POPアーティストとコラボするなんてすばらしい!と思っていた矢先、さらにまたちがう有名アーティストとコラボする運びとなりました。

そして、タイトルも『TOKYO』。
あのOwl Cityが東京を題材とした曲を歌うなんて。。
Owl Cityクラスのアーティストの曲だったら、世界中の人々が注目することまちがいないでしょう。

素朴な疑問なのですが、そもそもSEKAI NO OWARIはフィーチャリングアーティストとして曲にどのような関わり方をするのでしょうか?
セッションしている光景を思い浮かべるだけでも、すごすぎて興奮します。

セッションといえば、10月4日・5日・6日と今週末の3日間にわたり富士急ハイランド?にて開催されるSEKAI NO OWARIのライブイベント「TOKYO FANTASY」に、Owl Cityが全日程ともゲストアクトで参加することが決定しています。

新曲『TOKYO』が披露されるのでしょうか?

“セカオワ”は、世界のTomorrowlandを目指すと公言しているみたいで驚きましたが、着実に世界進出に動き出していることは間違いないようですね。
彼らはライブに5億円もお金をかけるって話ですからね。世界レベルのライブ演出に凝っているようです。

早くNicky Romeroとのコラボ曲も聴きたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事