TOP > ニュース > HIPHOPニュース > Diplo、『Techno』のPVの中でドラッグの恐怖を伝える。

2014.10.03(Fri) DJ SHOTA HIPHOPニュース

Diplo、『Techno』のPVの中でドラッグの恐怖を伝える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yellow Claw、Diplo、LNY TNZ、Waka Flocka Flameがコラボした『Techno』のMusic Videoが公開されました。

Yellow ClawDiploLNY TNZは、Diploが主宰を務める「Mad Decent」というレーベルに所属するアーティストです。
ジャンルでいうと、Trap (トラップ) やTwerk (トワーク) など、おもしろくて新しい音楽を追求しているレーベルでおなじみ。

『Techno』という曲、リリースされてから個人的にもかなりヘビロテしている超かっこいい曲です。
トラップからハードスタイルになったり、おもしろいんですよね。

Yellow Claw

Yellow Clawって3人トリオだったんですね!彼らの曲はかなりハマります。

YellowClaw1

出典:mtviggy.com

Diplo

ダンスミュージックシーンをこの人が動かしているといっても過言ではない、名プロデューサーDiplo!

diplo1

出典:thissongissick.com

LNY TNZ

読み方は「Loony Tunez (ルーニー・チューンズ)」だそうです。

lnytnz1

出典:partyflock

Waka Flocka Flame

Steve AokiのEDMとコラボしたり、クロスオーバーな活躍を見せる絶好調HIPHOPラッパー!

Waka-Flocka-Flame1

出典:themaskedgorilla.com

プロデューサーのDiploは、『Techno』という曲のMusic Videoにて、薬物の危険性を伝えるストーリーを演出しました。
麻薬の売人から、それを使って最後には死んでしまう女の子まで、現実に起こりうるケースを描いています。

実際、こういう風に見せられるとぞっとしませんか?
最後女の子が死んでしまったときのおじいちゃんの悲しそうな顔がいたたまれません。

このMusic Videoを見てみて思うことは、音楽の世界も何か世の中にメッセージを発信していける機会がたくさんあるんだなってことです。
ラップがもともと社会風刺や何か伝えたいメッセージを歌に乗せるものですが、このように社会問題をビデオクリップで取り上げ社会貢献をするやり方、すばらしいと思います。

Diploが名プロデューサーたる由縁がここにありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事