TOP > ニュース > VINAI、2015年1月開催のElectrox (エレクトロックス) に出演決定か!?

2014.10.05(Sun) DJ SHOTA ニュース

VINAI、2015年1月開催のElectrox (エレクトロックス) に出演決定か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Armin van Buuren、Sander van Doornに引き続き、VINAIも2015年1月開催のEDMフェス「Electrox」へ出演する可能性があるようです。

vinai2

出典:i.toau-media.com

Electroxって?
ULTRAの次はこちら!冬の国内最大級EDMフェス「electrox (エレクトロックス) 」
【electrox 2015】エレクトロックス出演アーティスト紹介まとめ

VINAIって?

VINAI1

出典:www.edmspain.es

VINAI (ヴィナイ) は、イタリア出身のEDMデュオです。
Alessandro Vinai (1990年生まれ) とAndrea Vinai (1994年生まれ) の兄弟ユニットです。

2人とも若いしイケメンだし、筋肉ムキムキのファッションモデルみたいな風貌ですね!
オレたちマッチョだぜってことを強調するアーティスト写真が多いですが、facebookを見る限り、普段いつも筋肉を強調する服装をしているわけではないようで安心しました。笑

VINAIがどういうEDMアーティストかと言ったら、Bounce (バウンス) 系EDMブームの火付け役っていうイメージが強いです。
TJR (ティージェーアール) とともにリリースした『Bounce Generation』に代表される、Bounce系EDMをご存知でしょうか?
ドロップ部分が、飛び跳ねたくなってしまうリズムのEDMのことです。
言葉で説明するのはむずかしいのですが、彼らの曲を2,3曲聴けばなんとなくわかるでしょう。
イメージ的にはこんな感じですかね。笑

tiggerbounce1

出典:newideas.net

「Everybody, Everybody…」でおなじみの『Bounce Generation』はBeatportの5月のランキングでしばらく1位を独占キープし続けていたし、『How We Party』はTomorrowland 2014でいろいろな有名アーティストがこの曲をかけていました。

なんと彼らは2011年に2人で活動をはじめてまだ3年というキャリアにして、ここまでのEDMアンセムを作り出せるようになってしまったのです。才能ってすばらしいですね。

How We Party / R3HAB & VINAI

Bounce Generation / THR & VINAI

Raveology / DVBBS & VINAI

Electrox 2015に出演決定か!?

自身の公式twitterにて、Electrx出演をほのめかす発言がありました。

来年1月に千葉県・幕張で開催されるElectrox (エレクトロックス)、公式にはまだ発表されていませんが、Armin van BuurenSander van Doornの出演が決定していると言われています。
ラインナップが豪華すぎて、EDMファンとしては、絶対に足を運びたいイベントです。

それにしても、公式発表前に、出演アーティスト情報が漏れに漏れまくっているElectrox、一体大丈夫なのでしょうか?

electroxのチケットを安く入手するならチケットキャンプがおすすめ!
チケットキャンプ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事