TOP > ニュース > 最先端技術「4K ホログラム」がEDMフェスを神秘的に演出!

2014.10.06(Mon) DJ SHOTA ニュース

最先端技術「4K ホログラム」がEDMフェスを神秘的に演出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、今海外で話題の動画をご紹介します。

EDMのライブフェスにおける、4K ホログラムの演出が近未来的すぎる、と話題です。

4K ホログラムって?

みなさん、4K ホログラムをご存知でしょうか?

ホログラムっていうのは、レーザーを使って記録した立体画像のことです。
商品券やクレジットカード、などに使われているきれいに光るあれです。

4Kというのは、「4K テレビ」という言葉を聴いたことがある方いるかと思いますが、画素数のことです。
厳密に言うと、4Kは4K2Kのことを指していて、Kがキロの略であることから、4000×2000の画素数ということです。
どのくらい解像度が高いかというと、フルハイビジョンのテレビ (2K1K) の約4倍にあたります。

映画「スターウォーズ」などに代表される近未来的な映画にはよく出てくる、立体で浮かび上がるような映像ありますよね。

hologram1-compressor

出典:xboxculture.com

4K ホログラム × EDM

このような電子ホログラフィの研究の成果が、ついにEDMフェスにも登場しました!
動画を見ていただければおわかりの通り、現代の最先端の科学技術のすごさに驚かされます。

浮かび上がり複雑な動きをする立体映像。ここに音楽があわさって作り出される空間。
とても神秘的としか言いようがないです。もしその場にいたら音楽どころじゃないのでしょう。

世界のミュージックフェスの本質は、音楽がその主体ではありながら、音楽をはじめとしたさまざまな演出によってアレンジされた”空間”をたのしむ体験ではないでしょうか。
これからの科学技術の進歩によって、それはさらに磨きをかけることになるでしょう。
いまや、最高峰のミュージックフェスは、単なる”音楽イベント”ではないのです。

日本のクラブシーンでも、このような技術をどんどん取り入れてほしいですね。
というより、これらの演出の大切さにもっと目が向くようになってくると、さらにおもしろくなると思うのです。
ライティングひとつとっても、徹底されたライティング演出があるのとないのじゃ、音楽の聴こえ方って全然ちがいます。

これだからこそ、エンターテインメントの世界っておもしろいんですよね。

実はライターのDJ SHOTAも、最近一番気になっているのがライティングなどの空間演出です。
もしかしたらDJよりも、そっちの演出の方をやりたいのかもしれないと思うくらいです。笑
お客さんの心を動かす空間体験を、自分がつくってみたいんですよね。
最後にすみません、余談でした。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事