TOP > ニュース > DJ Snake & Dillon Francisの『Get Low』が7作目ワイルドスピードのテーマソングに!映画『Fast & Furious 7』の予告映像公開!

2014.11.04(Tue) DJ SHOTA ニュース

DJ Snake & Dillon Francisの『Get Low』が7作目ワイルドスピードのテーマソングに!映画『Fast & Furious 7』の予告映像公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気映画シリーズ『ワイルド・スピード』の第7弾『Fast & Furious 7』の予告トレイラーが公開され、DJ Snake & Dillon Francis『Get Low』がテーマソングとして使用されていることがわかりました。

Fast-Furious-7-1

出典:Power106

“ワイルド・スピード”シリーズ第7弾

読者の方の中にも、カー・アクション映画が好きな方は多いことでしょう。
大人気カー・アクション・ムービーといえば『ワイルド・スピード』ですよね。

ワイルド・スピード・シリーズの第7作目『Fast & Furious 7』の公式トレイラーが公開されました。
この映画の日本公開日は、2015年4月21日です。

映画公開にいたるまでの撮影は、長い道のりでした。
というのも、みなさんご存知の通り、主演のPaul Walker (ポール・ウォーカー) が不幸にも交通事故で亡くなってしまったからです。

paul_walker1

出典:abcNEWS

人気映画シリーズの主演なだけに、彼の突然の訃報にショックを受けたファンは世界中に大勢いましたね。
しかし、彼の弟が代役を務めることで撮影は再開し、公開する運びとなりました。

今作の舞台は東京からスタートし、中東のアブダビや、アメリカのロサンゼルスまで世界中の都市をまたぐ壮大なスケールで描かれます。
この映画を早く見たい理由がもうひとつ、クラブミュージックファンとしての理由があります。

『Get Low』がテーマソングに!

get-low1

出典:YourEDM

ミドルテンポのEDMでもあり、おしりふりふりのTwerkでもある、『Get Low』という曲。
DJ SnakeとDillon Francis (ディロン・フランシス) のコラボで、アラビアンチックなイメージのこの曲。
日本のクラブでもよく聴く有名曲ですよね。

DJ Snakeって?
EDM×HIPHOP?! 新星のごとく現れた期待のフランス人アーティスト「DJ Snake (スネーク) 」のおすすめ代表曲5選

超絶イケてるかっこいい映画『Fast & Furious 7』にこの曲が使われているのは、クラブミュージックファンとして上がりますね!!
この映画はいろいろな意味で、期待したいと思います!

『Get Low』が好きな方へのオススメ曲

『Get Low』みたいな低音強めの独特なリズムの曲が好きな方いらっしゃると思います。
その方たちにオススメの曲を個人的に選んでみましたので、チェックしてみてください。

Turn Down For What / DJ Snake & Lil Jon

Bend Ova / Lil Jon feat. Tyga

Talk Dirty / Jason Derulo feat. 2 Chainz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事