TOP > ニュース > エボラ出血熱対策支援のために音楽業界が立ち上がった!One Directionらが参加した心温まるチャリティ・クリスマスソング

2014.11.21(Fri) DJ SHOTA ニュース

エボラ出血熱対策支援のために音楽業界が立ち上がった!One Directionらが参加した心温まるチャリティ・クリスマスソング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在世界的脅威として連日ニュースで取り上げられている、アフリカのエボラ出血熱。

今回、エボラ出血熱対策支援活動として、世界の音楽シーンの数々の有名アーティストたちが立ち上がりました。
One Directionらが参加したチャリティ・クリスマスソング『Do They Know It’s Christmas?』が話題となっています。

Band Aid 30

bandaid301

出典:BBC

このクリスマスソングは、Band Aid 30というプロジェクトによるものです。
バンド・エイドは、1984年から続いている支援チャリティプロジェクトで、今年は記念すべき30年目。
今回のBand Aid 30は、人類を脅かすウィルスで死に至るほどの症状とされているエボラ出血熱の対策支援を目的としています。

チャリティ活動の一環として、発起人ボブ・ゲルドフを中心にチャリティソングの制作が始まりました。
2014年11月15日にロンドンのSARMスタジオでレコーディングが行われ、豪華アーティストが一同に集まりました。
One DirectionEd SheeranRita OraSam SmithOlly MursEllie GouldingらUK勢の有名アーティストぞろいです。

PVの最初には、エボラ出血熱発症者のリアルなシーンがあり、これがショッキングな映像となっています。
まるでバイオ・ハザードの映画に出てくるような救助者が遺体を運んでいて、いま世界で起きている現実がこんなにも悲惨なものかと考えさせられます。

それからうってかわって、出演者たちのレコーディングシーンとともに温かいクリスマス・ソングに。
Stevie Wonderらの『We Are The World』の動画を思い出しますね。

世間ではディズニーやUSJを始め、都内でもイルミネーションが点灯し始め、街にいるとクリスマス・シーズンの訪れを感じますね。
このさむい季節に欲しくなるのは、こういう温かいクリスマスソングとケンタッキーフライドチキン!笑

この曲はなごむようないいクリスマスソングになっていますので、ぜひチェックしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事