TOP > ニュース > 2014年 世界でもっともShazamされた曲ベスト10

2014.12.11(Thu) DJ SHOTA ニュース

2014年 世界でもっともShazamされた曲ベスト10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年も終わりに近づき、今年も年の瀬を迎えましたね。
この1年間をパッと振り返ってみてください。
きっとDJ HACKsの読者のみなさんは多くの音楽に触れてきたことでしょう。

music-84874_640

どこでも音楽が検索できるアプリ: Shazam (シャザム)

shazam1

出典:BRAND NEW

そんなミュージックラバーズに欠かせないアプリがShazam (シャザム) ですよね。
カフェでいい曲流れてきたなって時でも、クラブでこのDJの曲知りたいって時でも、
スマホをさっと取り出してアプリを起動し、ボタンを押すだけ。
すると曲の検索が始まり、今流れている曲名を教えてくれる画期的なアプリです。

このShazamによって音楽ライフが充実した人も多いことでしょう。
今まで一番Shazamされてきた曲はAviciiの『Wake Me Up』だそうで、1900万回という驚きの数字。
Shazamは、Google Play ベスト・オブ・2014 アプリ部門にも選ばれました。

そして、2014年にもっともShazamされた楽曲のベスト10と、来年の注目アーティストが先日発表されたので、お伝えします。

2014年 世界でもっともShazamされた曲ベスト10

shazam3

出典:Shazam Blog

1位 Rather Be

アーティスト: Clean Bandit ft. Jess Glynne

2位 All Of Me

アーティスト: John Legend

3位 Prayer In C (Robin Schulz Remix)

アーティスト: Lilly Wood & The Prick & Robin Schulz

4位 Waves (Robin Schulz Remix)

アーティスト: Mr Probz

5位 Am I Wrong

アーティスト: Nico & Vinz

6位 Rude

アーティスト: MAGIC!

7位 Dark Horse

アーティスト: Katy Perry ft. Juicy J

8位 Happy

アーティスト: Pharrell Williams

9位 Stolen Dance

アーティスト: Milky Chance

10位 Hideaway

アーティスト: Kiesza

2015年の注目アーティスト

・Young Thug
・Echosmith
・Rae Sremmurd
・Oliver Heldens
・DeJ Loaf
・Sam Hunt
・James Bay
・Maddie & Tae
・Years & Years
・Tchami
・Raury

まとめ

いかがでしたでしょうか。
『Rather Be』が1位でしたね!
House色が強いランキングになりましたね。でも俗に言うEDMが1曲も入っていません。
おそらくですが、街中でかかっている曲、ラジオで押し出されている曲がよくShazamされているのでしょう。
個人的な話ですが、ラスベガスに滞在したとき、このベスト10に入っている曲は普通に街中で耳にしました。

世界の音楽の真の流行とニーズがわかるShazamの統計は、音楽業界にとって有力なものでしょう。
これからもShazamには期待し、お世話になります。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事