TOP > ニュース > 新型MacBookはDJに不向き説!? DJ用に購入を考えている方は要注意

2015.03.12(Thu) DJ SHOTA ニュース

新型MacBookはDJに不向き説!? DJ用に購入を考えている方は要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのDJが使っている、Apple社のMacBookシリーズのPC。
2015年3月9日に新しく発表された新型MacBookはDJに不向きである、という意見が支持されているようです。

newmacbook3

出典:DJTECHTOOLS

3つのカラーから選べる新型Macbook、Macbook Airよりも軽くて薄い

今週月曜日の深夜、SNSのタイムラインは「新型Macbook」、「Apple Watch」の話題で持ちきりでした。

3月9日(月)にアップル社は新しいMacbookを発表しました。
MacbookといえばAirとProの2タイプありますが、今回発表されたのは「Macbook」と名付けられたもの。

近年のノートパソコンでみなさんが気になるのは、”大きさ”、”軽さ”、”厚み”ですよね。
大きさは12インチ、重さは2ポンド (約908g)、厚さは13.1ミリメートルということです。

newmacbook5

出典:iJailbreak

Macbook Airよりも軽いのが新型Macbookなんです!
薄くするためにキーボードも新しくデザインしたようですね。

今回からカラータイプも3種類から選べます。

newmacbook6

出典:iJailbreak

今までのMacbookの王道だったシルバーに加え、ゴールドスペースグレーが追加。
iPhoneのもカラーバリエーション路線を進んでいますが、ついにMacbookもカラー展開してきましたね。
これで「iPhone6とMacbookの色をゴールドで合わせる」、なんておしゃれなことができるようになるわけです。

新型Macbookの特徴「ポート類を一掃」

newmackbook4

出典:DJTECHTOOLS

さらに今回の新しい特徴として、ポート類を一掃したということが挙げられます。
Macbook ProのRetinaが出た時、ハードディスクドライブがなくなったことに驚きましたが、今回は軽量化・薄型化のためにさらなる切り捨てを敢行したようです。

USB-C」という新たなタイプのマルチ端子が今回から搭載されるようになりました。
このマルチ端子ひとつで、充電/USB接続/ディスプレイ出力の3つの端子をまかなっているようです。

newmacbook2

出典:DJTECHTOOLS

これがポート類の一掃です。
実用的には、外付けのUSB-C Digital AV Multiportアダプタが必要になります。

参考資料: 東洋経済ONLINE

DJには不向き!?

newmacbook1

出典:YourEDM

新たに改良されたMacbookは一見便利そうでスタイリッシュに見えますが、実はDJをするには少し不自由があります。

USBポートがひとつしかない

USBポートが1つである、いや1つしかないところが一番の難点です。

SERATOのスクラッチライブでDJをやる方はまず、インターフェイスと接続するのに1つUSBポートを使いますよね。
そしてさらに、MIDIコントローラーや外付けのハードディスク、またダイサーやiPadを接続する場合があります。

専用のアダプタを使ったとしても、USB-Aタイプ(現在主流のもの)のポートはひとつ。
USBポートが1つだととてもじゃないですが、自分のスタイルでDJはできません。
しかもVDJをやる方はPCに接続するものがさらに多いので、ほぼ論外ですよね。

専用アダプタはちなみに税別9500円だそうです。割と簡単には手が出しづらい値段の高さですよね。

さらにまたUSB拡張のアダプタを取り付けるという方法があるのかもしれませんが、DJをやる際には危なすぎます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
あくまで今回発表されたMacbookから考えられる現時点での良し悪しの話です。
現時点での問題を解決するような製品がこれから新しく発売されていく流れになるとは思います。
DJスタイル的にUSBポートはひとつでいいという方にとっては、専用アダプタを購入すれば今まで通りのDJプレイができると思います。
ただ、専用アダプタをつけてさらにそこからインターフェイスにつなぐ、というのがなんかこわいっていう感覚、DJならありますよね。
接続の問題でフロアに流れている音が急に止まる、というのはDJにとっては最悪の事態です。

一番いいのは、スクラッチライブのインターフェイスから1本で新型Macbookにつなげられる、USB-C対応のUSBケーブルが発売されることですね。

これからDJをやるためにマックを購入したいと考えている方、これを機に新しいモデルのマックに変えようと思っている方、ぜひ一度考えてみてほしいものです。

ソース: YouEDM: You Won’t See DJs Using The New Macbook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事