TOP > ニュース > HIPHOPニュース > マドンナとの深〜いキスで今世間を賑わせているDrake、新曲『My Side』を公開

2015.04.14(Tue) DJ SHOTA HIPHOPニュース

マドンナとの深〜いキスで今世間を賑わせているDrake、新曲『My Side』を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今ネット上で何かと話題のアメリカ人ラッパー、Drakeが新曲『My Side』を公開しました。

drake2

出典:HBCUBUZZ

新曲『My Side』はアルバムのボーナストラックに

世界のHIP HOPシーンを席巻し続けているアメリカ人ラッパーのDrake (ドレーク)。
HIP HOPといったら彼“、と言えるくらい、ノリにノッている大人気HIP HOPアーティストです。

そんなドレークが新曲『My Side』を公開しました。
この曲は4月21日にリリース予定の新作アルバム『If You’re Reading This It’s Too Late』のボーナストラックとして収録される予定です。
もうひとつのボーナストラックに『How Bout Now』があります。

drake-if-youre-reading-this-its-too-late-album-2015

出典:FISTINTHEAIR

『My Side』も『How Bout Now』も、BPMが50台の超絶スローなHIP HOPになっています。
BPM 100の半分をいく50の曲が、HIP HOPシーンで流行り始めているのも事実。
流行をつくる側のドレークが新たに仕掛けてきました。
アルバムタイトルも、”今これを知ったようじゃ、もう遅いぜ、、、”という意味で、彼の自信たっぷりな様子が伺えますよね。

また、5月から夏にかけてワールドツアー『Jungle Tour』を開催することを宣言しました。
アメリカのいくつかの都市と、カナダ、UK (イギリス)などを回るようです。
今年もドレークがHIP HOPシーンを引っ張っていきます!

今話題!コーチェラのライブでマドンナに”深〜いキス”をされる!?

それは衝撃的な瞬間でした。
全世界の音楽ファンがその瞬間「?!?!?!?!」と、驚いたことでしょう。

コーチェラ2015のドレークのライブステージにスペシャルゲストとしてマドンナが登場しました。
「お!マドンナが出てきた。」
と思いきや、数分後には椅子に座っているドレークのところへ向かい、上からディープなキスを、、、

そう、いきなりステージ上でマドンナがドレークに数秒間のキスをしたのです!

「え、今のなんだったんだ、、、」とドレークも言っていましたが、ネットでは大騒ぎ。

どうやら、3月にアメリカの人気雑誌「Us Weekly」にて、「私が今でも死ぬまでに叶えたいと思っている野望は、ドレイクと夢のデートをすることよ。彼とキスしたいだけなの」と語っていたようです。

現在56歳のマドンナ、歳を感じさせない美貌の持ち主ですが、こんなに積極的な56歳もなかなかいないですね。。
現在28歳のドレークにとって、自分の倍近く年上のマドンナとのキスはどう思ったのでしょうか?笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事