TOP > ニュース > EDMニュース > 世界のビール「バドワイザー」のCMにEDM起用!? Showtekの楽曲『We Like To Party』がキャンペーンソングに

2015.05.28(Thu) DJ SHOTA EDMニュース

世界のビール「バドワイザー」のCMにEDM起用!? Showtekの楽曲『We Like To Party』がキャンペーンソングに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビで流れているあのCM、もうチェックされましたか?
世界から愛されるビール「Budweiser (バドワイザー)」のテレビCMのキャンペーンソングに、Showtekの『We Like To Party』が起用されることになりました!

image

テレビCMで”EDM”が起用される!

budweiser1

世界中で愛飲されているビール「Budweiser (バドワイザー)」(キリンビール株式会社)の「MADE FOR MUSIC」キャンペーンソングに、Showtekの『WE LIKE TO PARTY』が起用されています!

話題のCMはこちら。

”THE EDM”って感じのBGMですよね!

テレビを見ていて、
「あれ、これどこかで聞き覚えのある曲、、、これShowtekじゃない?!」
と思われたEDMファンの方も多くいらっしゃると思います。

その通り、Showtekの『We Like To Party』という曲です!

2013年12月30日にリリースされ、いまなお人気の高いEDMです。

EDMが日本のテレビ業界にも浸透してきた証拠でしょうか?
テレビからクラブミュージックが流れてくるだけでもだいぶテンション上がりますよね。

MADE FOR MUSIC」というバドワイザーのキャンペーン。

抽選で、総計800名様に“選べるヘッドホン・イヤホン”または“バドワイザー330mlびん×4本”が当たる!缶についてくる応募シールのシリアルナンバーを入力して抽選にチャレンジしよう!

ヘッドホンやイヤホンが抽選で当たっちゃうみたいなので、興味のある方は応募されてみてはいかがでしょうか?
キャンペーンページはこちらです。

このCMは、全国ネットで放送されていて、CMオンエア期間は5月22日(金)〜8月15日(土)となっています。

Showtek (ショウテック) といえば、代表曲に『Bad』や『Booyah』など超有名クラブアンセムがありますよね。

渋谷系でおなじみのあっくんが日本語カバーした「ShiBooyah!」も話題となりましたね。笑

【期間限定: 6/3〜6/16】iTunesにて[¥200 → ¥150]の値下げ!

最後に、『We Like To Party』が気に入ったという方へ、タイムリーでお得な特典をお知らせします!

iTunesにて、6月3日(水)~6月16日(火)まで期間限定で、通常200円のところを150円に値下げ配信されるというのです!

『We Like To Party』をはじめとして、海外有名レーベル「SPINNIN’ RECORDS」の楽曲を日本で管理しているレコード会社「FARM RECORDS」さんの粋な計らいによるものです。
値下げキャンペーンもありますし、この機会にぜひゲットしたいものですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事