TOP > ニュース > EDMニュース > Aviciiの新曲『Waiting For Love』のミュージックビデオは3パターンでたのしめる!

2015.06.28(Sun) DJ SHOTA EDMニュース

Aviciiの新曲『Waiting For Love』のミュージックビデオは3パターンでたのしめる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AviciiがMartin Garrixとコラボして誕生した新曲『Waiting For Love』のミュージックビデオが公開されました。
全3パターンでたのしめるミュージックビデオをごらんください!

aviciiwaitingforlovepv1

出典:Twitter

パターン1.) オフィシャルビデオ: おばあちゃんを探しに行くおじいちゃん

Aviciiの新曲『Waiting For Love』をもうチェックされましたでしょうか?
Martin Garrixと一緒にプロデュースしたことでも話題となりました。
まだの方はこの機会に聴いてみてください。世紀の超良曲になってます。

リリックビデオ、360度ビデオときて、最後にオフィシャルのミュージックビデオが公開されました。
おばあちゃんを探しに行くおじいちゃんがテーマ。
まさに”Waiting For Love”のコンセプトに沿った内容になっています!

パターン2.)「犬×戦争 is 反則」犬と飼い主をテーマにした歌詞ビデオが涙なしでは見られない

360度のアイデアビデオもおすすめですが、こちらの泣ける歌詞ビデオもイチオシです。
飼い主と犬を題材とした白黒アニメーションなのですが、涙を誘う反則級のビデオになっています。

内容はぜひ見ていただいて判断していただきたいですが、犬を飼っている身としてはこれは絶対涙なしでは見られません。。
飼い犬と小さい頃から一緒に育ってきて、そして戦争でお別れに、、、飼い主を待ち続ける犬、そして飼い主を追いかける犬。

パトラッシュでおなじみの映画「フランダースの犬」を初めて見たとき、あの純粋な気持ちを思い出してしまいますね。
Aviciiの『Waiting For Love』は、あなたなりのストーリーを思い浮かべながら聴いてほしい1曲です。

パターン3.) あなたの好きな角度から楽しめる、視野360度の画期的なミュージックビデオ

『Waiting For Love』のミュージックビデオの3パターン目、これがまたすごいんです!
「360度ビデオ」と名付けられたミュージックビデオ。

・スマホから見ている方、スマホを好きな角度に傾けてみてください。また指で画面を触ってみてください。
・パソコンから見ている方、クリックしながら好きなアングルを選んでみてください。

「なんだこれは!!」と最初見た時、とても興奮しました。最先端のテクノロジーを駆使し、編集された視野360度のビデオクリップになっていたと思います。
まるでその場でショーを見ているかのような気分になりますね!

ダンスはロッキンっていうんですかね?
大学のサークルの友達がこういうのを踊っていたような気がします。笑
いろいろなドアからダンサーが出てくるので、絶えずアングルを動かしてみるとおもしろいですよ!

アビチー本人も何度かドアから出てきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事