TOP > ニュース > Ne-YoやArianaらがディズニーの名曲をカバーした『We Love Disney』が10月30日(金)リリース

2015.10.21(Wed) DJ SHOTA ニュース

Ne-YoやArianaらがディズニーの名曲をカバーした『We Love Disney』が10月30日(金)リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニー・クラッシック・ソングを現代のポップスターたちがカバーしたコンピレーションアルバム『We Love Disney』が、2015年10月30日(金)にリリースされます。

we-love-disney-album-cover

出典:disneyexaminer.com

We Love Disney = ディズニーの名曲と現代ポップスターの融合

ディズニーの名曲たちを人気シンガーたちがカバーする、ディズニーファンにとっては夢のようなコンピレーションアルバムが10月30日(金)に全世界で発売されます!

ディズニーの名曲とポップスターの組み合わせ。
“組み合わせること”って改めてすばらしいことですね。今までなかった新しい発見があり、新たな感動もあり。
名曲を世界レベルのポップスターたちが自分の得意な色を出しながら歌うんですから、おもしろいですよね。

ヴォーカルを担当するのは、
NE-YO, Jessie J, Jason Derulo, Gwen Stefani, Ariana Grande, Fall Out Boy, Tori Kelly, Jhené Aiko, etc…
といった名実ともに認められた現代のポップスターたち。

名曲のセレクトの方はというと、トラックリスト (ページ下) を見る限り、ディズニーの名曲ド真ん中もありながら、コアなところも攻めているという印象を受けます。
ぼくはディズニーが大好きなので、正直かなり上がる選曲でした。すぐ予約してしまうくらい。笑
(先行予約はこちらからできます↓)

Ne-Yoが「アラジン」のあの名曲をカバー!

「アラジン」に登場するランプの魔神のキャラクター「ジーニー」が歌う『Friends Like Me』、結構好きな人も多いのでは?
陽気なジーニーがかわいくて、見てるだけで楽しくなってくるこのシーン。

この歌をポップスター、Ne-Yo (ニーヨ) が歌うとこうなります!

見てください、すげー似合う!笑
ハットをかぶっておしゃれに決めているNe-Yoのイメージに、曲がドンピシャでハマってますね。
Ne-Yoの高い美声ヴォーカルが、オリジナルバージョンとはまたちがった魅力を引き出しています。
しかもこのミュージックビデオもかなり凝った仕上がりになっていて、何より見ていてたのしい!

トップアーティストたちのカバーって本当最高ですね。

豪華アーティストたちが続々と登場!

Jason Derulo (ジェイソン・デルーロ) がライオンキングの名曲『Can You Feel The Love Tonight』をカバー!
ジェイソン・デルーロの歌声って男性ヴォーカルの中でも特に甘くて美しすぎますよね。いまや何を歌ってもハズレなしって感じ!

Jessie J (ジェシー・ジェー) がリトルマーメイドの名曲『Part Of Your World』をカバー!
この曲はAriana Grandeが歌いそうなイメージでしたが、力強いヴォーカルで歌唱力◎のジェシー・ジェーもまたいいですね。まじで歌がうまい。

その他にも期待感MAXな組み合わせがいっぱい詰まっています。
Ariana Grande (アリアナ・グランデ) のヘラクレスの曲がどんな感じになっているのか気になる、、、
ディズニーファンだけでなく、多くの方に『We Love Disney』をおすすめしたいです!

トラックリスト
01.) Friend Like Me / Ne-Yo (アラジン)
02.) Part of Your World / Jessie J (リトルマーメイド)
03.) Can You Feel the Love Tonight / Nants’ Ingonyama / Jason Derulo (ライオンキング)
04.) The Rainbow Connection / Gwen Stefani (ザ・マペッツ)
05.) Zero to Hero / Ariana Grande (ヘラクレス)
06.) In a World of My Own / Very Good Advice / Jhené Aiko (不思議の国のアリス)
07.) I Wan’na Be Like You (The Monkey Song) / Fall Out Boy (ジャングル・ブック)
08.) Colors of the Wind / Tori Kelly (ポカホンタス)
09.) Spoonful of Sugar / Kacey Musgraves (メリー・ポピンズ)
10.) Ev’rybody Wants to Be a Cat / Charles Perry (おしゃれキャット)
11.) A Dream Is a Wish Your Heart Makes / Jessie Ware (シンデレラ)
12.) Let It Go / Rascal Flatts & Lucy Hale (アナと雪の女王)
13.) It’s a Small World / We Love Disney Artists
14.) It’s Not Easy Being Green / Brenna Whitaker (ザ・マペッツ)
15.) A Whole New World / Yuna (アラジン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事