TOP > ニュース > EDMニュース > Zeddのライブショーの舞台裏に迫る!来日ツアーは2016年1月10日

2015.11.07(Sat) DJ SHOTA EDMニュース

Zeddのライブショーの舞台裏に迫る!来日ツアーは2016年1月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Zeddのセカンドアルバム『True Colors』リリーツツアーが現在話題となっています。
なぜ話題となっているかといったらもちろん、そのライブの視覚的演出が神がかっているからですね。

通常のフェスよりはるかに多くのLEDを使用するという、Zeddのライブの舞台裏に迫った動画をご紹介します!

(Zedd’s True Colors Tour in San Francisco at Bill Graham Civic Auditorium. Recorded off of Beatport’s Twitch.tv September 18 2015)

Zeddのライブ演出がすごい!!

dillonfranciszedd2

出典:RUKES.com

出典:RUKES.com

この動画では、ライブショーの舞台裏で活躍する演出サイドのキーマンにインタビューしています。
感動を誘うようなすばらしいショーには、映像クリエイターやVJなどの裏方に徹している人たちの努力があります。
もちろん、Zedd (ゼッド) 自身も手を抜くことなく、会場に自ら足を運んで入念にチェックするようです。

なんといっても、膨大な数のLEDライトのスクリーンによるVJと、ワイドに広がるライティングが圧巻です。

zeddtruecolors2

出典:RUKES.com

zeddtruecolorsrainbow

出典:RUKES.com

こちらはLEDライトのアップ。

zeddtruecolors12

出典:RUKES.com

これが全長80フィート、つまり2438cm (1 feet = 30.48 cm 換算) = 24mもあるのです!
想像を超えるスケールなのでしょう。

zeddtruecolors10

出典:RUKES.com

DJブースのメインスクリーンだけで36フィート、つまり10メートルあるそうです。

zeddtruecolors6

出典:RUKES.com

解像度が4Kの臨場感ある3Dバーチャル世界に観客を誘うのです。
もはや音楽だけにとどまらない、まさに神秘的な”ショー”ですね。
耳でも目でも十分に楽しめそう!行ってみたい!

zeddtruecolors8

出典:RUKES.com

ちなみにZeddは、パソコンでソフトはTraktorを使ってDJをしています!
手元の写真がありましたので、載せておきます。

zeddtruecolors4

出典:RUKES.com

来日公演は2016年1月10日(日)

そんなZeddの『True Colors』ツアーが、来年日本にもやってきます!
2016年1月10日(日)に千葉県・幕張メッセで、翌日1月11日(月・祝)に大阪府・インテックス大阪でZeddの来日公演が開催されます。

チケット一般発売は12月5日(土)からのようですが、Creativemanの会員の方の中にはもうチケットをゲットしたという方もいるみたいですね!
いまやフェスでは音だけではなくVJをはじめとする視覚的演出が命となります。
ある意味、Zeddのライブショーはどのフェスよりも注目度の高いものになりそうですね!

Zeddの2016年来日ツアーについて
Zedd、2016年1月に再び来日単独公演開催決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事