TOP > ニュース > カンナム・スタイルで大ブレイクしたPSY、今度はEDMで再ブレイクを図る!?

2015.12.01(Tue) DJ SHOTA ニュース

カンナム・スタイルで大ブレイクしたPSY、今度はEDMで再ブレイクを図る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オッパ、カンナム・スタイル!」というフレーズと、馬に乗るようなダンスが一世風靡した時代がありました。

「そういえばあのPSYってサングラスのおっさん、今なにしてるんだろう?」
と疑問を持たれた方に、タイムリーなニュースがあります。

韓国人アーティスト・PSYが、今度はEDMに挑戦!
新曲『Daddy』をリリースしました。

PsyDaddy

出典:YourEDM

カンナム・スタイルのPSYがEDMをリリース

ここでここ5年の出来事を振り返ってみたいと思います。
そういえば、”カンナム・スタイル”が世界をルールしたといっても過言ではない時代がありましたね。
ちょうど3年以上前の出来事です。

今ではYouTubeの再生回数は24億超え、、、驚異的な話題性とともに大ブレイクしたPSYというアーティストがいました。
クラブでも『Gangnam Style』がかかるとフロアは大盛り上がり。
こぞって馬に乗ったような振り付けダンスをみんなでやってましたね。
Big Bangの『Fantastic Baby』とともに、日本でのK-POPの流行を先陣切って持ってきたのが、まさにこの曲だった気がします。

そんなPSYの名前も最近聞かなくなってきたな、、、
と思ったら、新曲をリリースしたとの情報が!しかもEDMだというのです。

それがこちら、『Daddy』という新曲。

カンナム・スタイルの時と似たようなテイストで、おもしろいと言っていいのかわからないけど、何かユニークさを感じるミュージックビデオ。
公開から1日も経たずして、再生回数は300万をすでに超えている勢いです!
これも世界的に再生回数を稼ぐミュージックビデオになるのでしょうか。

EDMテイストを取り入れているということですが、たしかに少しバウンスしてるのかな?
日本を除いたアジア圏ではこういう音楽が好まれるイメージがあります。
BPM (曲の速さ) がだいたい130〜135くらいでしょうか?普通のEDMよりも少し速い。

以前ぼくはベトナムで流行っている”Viet House”というジャンルに興味がわいた時期があったのですが、それと少し似ている気がします。笑
日本で流行るかっていったら、まず流行らないでしょう。笑笑
いくらオールミックスのクラブでもなかなかかからないのでは、、、という読みですが、この曲をかけたいDJさんいますか?笑

PSYの歴代の代表曲

ここで、PSYの過去のヒット曲をおさらいしてみましょう。

Gangnam Style / PSY

Gentleman / PSY

Hangover / PSY feat. Snoop Dogg

まちがいなく、YouTubeの力で世界的に有名になったといえるでしょう。
ユニークなミュージックビデオがクセになるというか。
そういえば、スターラッパーのSnoop Doggともコラボしていましたね!
豪華なコラボの割にはあまり話題にならなかったですがw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事