TOP > ニュース > 【衝撃】Aviciiが坊主頭に!? コカ・コーラのキャンペーンソングを担当

2016.01.20(Wed) DJ SHOTA ニュース

【衝撃】Aviciiが坊主頭に!? コカ・コーラのキャンペーンソングを担当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Aviciiが坊主になってました、、、衝撃です。後退具合が結構なもので。。

Conrad-Sewell-Avicii-Coca-Cola1

出典:fistintheair

avicii2016_1

出典:facebook

avicii2016_2

出典:facebook

Avicii、コカ・コーラのキャンペーンソングを担当

コカ・コーラのキャンペーン「Taste The Feeling」。

AIの「キミが笑えば〜♪この世界中に〜♪もっと〜もっと〜♪幸せ〜が広がる〜♪」
っていう日本のCMソングと似てませんか?

海外のコカ・コーラのCMソングもこういうテイストだったんですね!
いかにも、”冬に聴きたい心温まる系ソング”みたいな感じ。

そして、Aviciiがプロデュースしたキャンペーンソング『Taste The Feeling』のフルバージョンがこちら。

ヴォーカルを担当したのは、Conrad Sewellというシンガー。
トロピカル・ハウスの代表的アーティスト・Kygoのヒット曲『Firestone』を歌っていましたね!

Firestone / Kygo feat. Conrad Sewell

なるほど、かなりポップ!
ジャンルでいうと、ポップスに当たるのでしょう。EDMではないです。
でもかなりいい曲ですね!いろいろな曲を作れる才能はすばらしいし、もっと良曲を発表していってほしい!

もはやAviciiがつくった曲と聞いても、必ずしも『Wake Me Up』や『Dear Boy』みたいなEDMであるとは限りませんね。
AviciはULTRA MUSIC FESTIVAL 2016 in Miami に出演が決定しているので、今年のAviciiのセットがたのしみ!

過去のコカ・コーラのキャンペーンも知っておこう!

aviciicocacola

出典:hep17

AviciiがWyclef Jeanとコラボした『Divine Sorrow』も、コカ・コーラの「RED」というエイズ撲滅キャンペーンのために作られた曲でしたね。
世界のコカ・コーラ社とタイアップの仕事をするくらいですから、Aviciiはざっくざっくに儲かり倒していることでしょう。笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。
AviciiってもはやEDMアーティストというくくりじゃなくてもよさそうですよね。笑
ポップでキャッチーな万人ウケしそうな曲になってます!

EDMアーティストって年収がよく注目されますが、こういう大企業とのタイアップの仕事で得たお金も年収を大きく左右する要因になっていそうですね。
たとえばCalvin Harrisは楽曲やDJギグ以外にも、カルバン・クラインのモデルの仕事でかなり儲けているという話です。

それにしても、出オチをかましたAviciiの頭がやはり気になります。。
健康問題がその後報じられていませんが、大丈夫なんでしょうか。

2016年の目標は、日本でAviciiを見ることですね!!日本からAviciiのブッキング実現に向けて頑張っている方を応援したいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事