TOP > ニュース > EDMニュース > Arminのレーベルからリリース!『天空の城ラピュタ』がテーマのEDMがいい感じ

2014.12.20(Sat) DJ SHOTA EDMニュース

Arminのレーベルからリリース!『天空の城ラピュタ』がテーマのEDMがいい感じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外の有名レーベルから『天空の城 ラピュタ』をテーマとしたハウスミュージックがリリースされていたので、みなさんにご紹介します。

Laputa / Shogun

天空の城 ラピュタのEDM!?

laputa

出典:NAVERまとめ

日本の音楽シーンで活躍するDJのDAISHI DANCEさんがリリースしている、スタジオ・ジブリの曲をハウスミュージックバージョンにRemixしたCDは有名ですよね。

[amazonjs asin=”B0019CLKEI” locale=”JP” title=”the ジブリ set”]

今回ご紹介するのは、海外の超有名レーベルからリリースされている『Laputa』という曲です。

タイトルは日本が誇るアニメ映画『天空の城 ラピュタ』を意識しており、メロディラインもまったくそのままです。
ラピュタといえば、twitter瞬間世界最高ツイート記録第1位となった「バルス」でおなじみの映画ですよね。

つくったのは、アジア系アメリカ人プロデューサー

shogun

出典:Facebook

この曲をつくったのはDJ Shogunというアーティストです。

DJ Shogunとは?
Facebook
twitter

世界の人気DJランキング「DJ MAG TOP 100 DJs」では、2012年に68位にランクインした相当な実力派!
顔を見る限り「日本人なのか?」とも思いましたが、本名はAndrew Chenといって、アジア系アメリカ人です。
名前のShogunも、確実に将軍を意識してますよね!
世界のトップDJであるArmin van Buurenが主宰を務めるArmada Recordsという海外の超有名レーベルがあるのですが、そのレーベルに所属するアジア人初のプロデューサーとなりました。

エレクトロックスでArminがこの曲を流す可能性あり!?

2015年1月4日(日)に幕張メッセで開催される冬のEDMフェス「electrox 2015」のヘッドライナー、Armin van Buurenには多くの注目が集まります。

なぜこの曲を紹介したのかというと理由があって、もしかしたらArminがエレクトロックスでこの曲をかける可能性が十分あるからです!

エレクトロックスの開催地は日本。フロアには日本のお客さんしかいません。
異国のお客さんを相手にするArminにとって、日本人がみな知っているラピュタの曲は格好の武器になるでしょう。
自身のレーベルからリリースされている曲なので、プロモーションにもなりますし、日本人ウケするのは確実なのです。

ただでさえラピュタの曲って壮大な世界観を感じさせるのに、プログレッシブ・ハウスっぽくしたらさらに壮大感MAXに!
この曲はフェスで聴いたらめちゃくちゃ気持ちいい曲ですよ。

遊びに行かれる方は、この曲チェックしてから行くとさらに楽しめるかも!?
残念ながら行けないという方もぜひ聴いてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事