TOP > ニュース > POPSニュース > Ariana Grande、2ndアルバム収録曲『Love Me Harder』のPVを公開!

2014.11.04(Tue) DJ SHOTA POPSニュース

Ariana Grande、2ndアルバム収録曲『Love Me Harder』のPVを公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ariana Grandeが、セカンドアルバム『My Everything』の収録曲『Love Me Harder』のPVを公開しました。

日本でも大人気のアリアナ・グランデ

Ariana Grande (アリアナ・グランデ) は、現在日本の若者に大人気のアメリカ人女性シンガーです。
女の子からの人気が特にすごくて、最近クラブでも『Problem』や『Break Free』など、アリアナのリクエストがダントツで多い気がします。

Ariana Grandeって?
いまやポップス界の新女王との呼び声も高い!「Ariana Grande (アリアナ・グランデ) 」の代表曲

2014年8月22日にリリースされたアリアナの2ndアルバム『My Everything』は現在なお大ヒットを記録しています。
このアルバムでもさまざまなアーティストとコラボした新曲が多く収録されていて、話題性をつくるのがうまいなあといった感想です。

新曲では下着姿のセクシーなアリアナが!

Ariana-Grande-Love-Me-Harder1

出典:Wikia

その中でも、カナダ人シンガーのThe Weekndをゲストヴォーカルに招いた『Love Me Harder』にはかなり力を入れていたようです。
前作の『Break Free』とはうってかわって、この曲はゆっくり・しっとりと歌い上げています。
少しダークで、ものさみしげな印象すら受けますね。

Music Videoでは、ネコミミをつけ黒の下着に身をまとったセクシーなアリアナ・グランデがベッドで誘惑してる艶やかなシーンが!
大人の色気を強調し、『もっと愛して (Love Me Harder)』という表現とマッチしたような仕上がりとなっています。
The Weekndのヴォーカルがまた、うまくこの曲の雰囲気にハマっていますね!

ariana-grande-love-me-harder2

出典:Direct Lyrics

アリアナ・グランデはただかわいいだけの人気女性アーティストじゃないんです。
歌も上手いですが、何より魅力的なのが、毎回ゲストヴォーカルを招いていいコラボレーションを実現させている彼女なりのコンセプトがすばらしいと思うんです。
そして音楽性にもこだわっていて、毎回新しいタイプの曲を出してきますよね。

Right There』ではBig Sean、『The Way』ではMac Millerと、第一線で活躍するHIPHOPアーティストとコラボしてゆっくりなテンポのロービート曲。
さらに、『Break Free』ではEDMアーティストZeddとコラボしてEDMに近いようなポップで盛り上がる曲。
Problem』では女性ラッパーIggy Azaleaとコラボして、Jaison Deruloの『Talk Dirty』のような低音強めでTwerkっぽい新しいタイプの曲を披露してきました。

いつも新しいスタイルに挑戦しているイメージがありますね。そこが個人的にすごいなと思います。
ただ歌が上手くてかわいいだけじゃない、そんな彼女の人気と勢いはこれからも止まることがなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。