TOP > 運営報告 > 新年のご挨拶・DJ HACKsが新しく始めたい7つのこと

2015.01.02(Fri) DJ SHOTA 運営報告

新年のご挨拶・DJ HACKsが新しく始めたい7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年、あけましておめでとうございます!
読者の皆さま、昨年はDJ HACKsをご愛顧いただき、ありがとうございました。
2015年も、おもしろくてタメになる記事をバシバシ書いていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

happy-new-year-2015

出典:TECHBEASTS

2015年の抱負

さて、2014年5月に立ち上がったDJ HACKsですが、1周年を迎える2015年はさらに飛躍の年にしたいと考えております。

2014年5月にDJ HACKsを立ち上げ、8ヶ月が経ちました。
初月は、死に物狂いで月間5000PVを達成し、喜んでいたのを覚えています。
それが今になっては月間27万PVという目標を冷静に達成できるようになり、1日1万PVを超える日もあるほどです。
発足当初の予想をはるかに超えるスピードで成長し続けています。

2014年のDJ HACKsを軽く振り返ってみましょう。

2014年のDJ HACKsハイライト
▶︎ 5月10日、DJ HACKsを公式にリリース
▶︎ 月間”27万”PV突破 (12月度)
▶︎ “2度”に渡って、はてなブックマークに載る
▶︎ Twitterのフォロワー数”15000″突破
▶︎ FacebookのLIKE数”250″突破
▶︎ Mixcloudのフォロワー数”1500″突破
▶︎ 大手IT企業GMOの代表さんにシェアされる

10月の終わり頃から始めたMixcloudも現在大好評をいただいております。

mixcloud0102

カテゴリ別でランキング1位になることも、もはやめずらしくなくなってきました。
ちなみに、Mixcloudのランキングはアップロード後7日間までのミックスが対象となっています。

これからもいろいろなミックスをアップしていきますので、みなさんの音楽ライフにお役立てください。

さて、数字の話はこのへんにして、これからDJ HACKsがどう動いていくかということについてお話ししたいと思います!

2015年新しくやりたい10つのこと

1. 読者の皆さんとのコミュニケーションをとる!

djhackscommunity2

これはずっとやりたいと思っていたことです。
今までDJ HACKsでは、こちらから記事を投稿するのみの形態でした。
ありがたいことに、読者の方からお問い合わせはいくつかいただいていましたが、基本的には読者のみなさんとの交流がありませんでした。

そこで、2015年は相互交流のSNSコーナーを活用していきたいと思っています。

上の画像の右下部分をごらんください。
コミュニティ」と書いてある部分が見つかると思います。
スマホからごらんになっている方の画面には出ないのですが、パソコンからごらんになっている方の画面右下にはこのボタンが表示されています。

ここをクリックしていただくと、このような形になります。

djhackscommunity1

今は便利な時代ですね。ウェブページ内にSNSがつくれちゃうんです!
ここに、ご意見ご感想を書き込んでいただければと思います。
また、「ライターがいついつの何時から何時の間ここに常駐する」というアナウンスをし、読者のみなさんからの質問をリアルタイムでお受けしやりとりできる企画も考えています。
この機能が浸透してきたらおもしろいと思うんです。

2. DJを始めたい人のために、DJ入門記事を完成させる!

DJ_new_send_vol_1

DJを始めたいけど何からやればいいかわからない、などのお問い合わせをいただくことが現在大変多くなっています。
そのようなDJを始めたいという方のために、DJ入門記事をつくることにしました。
記事を今書き溜めている段階で、3ヶ月以内にはノウハウがひとつにまとまったまとめページを完成させたいと思っています。
文字通りの、「DJ HACKs」というわけです。

このニーズがあまりにも多いようでしたら、何かしらの手段で直接のDJ講座企画も始めるかもしれません。

3. YouTubeチャンネルを開設する!

youtube1

出典:C-MAKER

DJ入門講座の続きで、DJプレイをYouTubeに投稿していきたいと思います。
入門記事が文字だけだとわかりにくいと思うので、撮った動画も差し込みながら解説したいですね。
そうこう思っているうちに、小型カメラ「GoPro」を入手しました。
DJ入門講座以外にも、DJがDJプレイ中にどこを見ているかなど、DJ目線を体感できる企画もおもしろいかなと思っています。

この動画プロモーション時代の波に、DJ HACKsも乗っかっていきます!

4. ゲストライターの記事を充実させる!

guest1

出典:YOUNG&FREE MAINE

今まで、基本的には私DJ SHOTAひとりで記事を書いてきました。
いろいろな事情があってこのやり方でやってきましたが、DJ HACKsもだんだん読者数が多くなってきています。

そろそろ、みなさんの知っているあの有名DJさんが発信する情報や記事を見たいですよね?
日本を代表するトップDJの方が、今何を考えているのか、どういうことを世間に伝えたいのか。
読者のみなさんはもちろんのこと、私自身も気になるところではあります。

そこで、2015年は「ゲストライターシリーズ」と題し、トップDJたちが書く連載記事シリーズを始めることに決めました!!
さっそくなのですが、みなさんにお知らせがあります。

記念すべき第1弾は、明日1月3日(土)に投稿予定です!!

5. 取り上げる音楽の幅を広げる!

music-genre

出典:DJTECHTOOLS

今までは、現在世界的なムーヴメントとなっているEDMばかり取り上げてきました。
しかし、HIPHOP他ジャンルの記事ももっとあっていいんじゃないかという声もいただくことがあります。
そのジャンルに精通している方に書いてもらうのが一番いいと思いますので、これからいろいろ仕掛けていこうと思います。
DJ HACKsはあくまで、”ダンスミュージック情報配信メディア“なので、ダンスミュージック全般の情報をお届けしたいです。

6. アーティストのまとめ記事を充実させる!

ibiza2065

出典:FRIENDUPMUSIC

この画像は「IBIZA in 2065」という画像みたいです。笑
50年後のEDMアーティストはこんな感じです、というおふざけ画像になってます。笑
みなさんどのおじいちゃんがどのアーティストかわかりますか?

話がいきなり逸れてしまいましたが、アーティスト記事を充実させていきたいと思っています。
DJ HACKsの記事別アクセス数を見ていると、アーティストのまとめ記事には特にアクセスが集中しています。
やはり、アーティストの記事の需要は大きくあるんですね。
アーティストの名前で検索する人がかなり多いようです。

EDMだけでなく、他のジャンルのアーティスト記事にも挑戦していきます!

7. サブカル系のスペシャル記事も取り入れる!

ramen

出典:LIVEDOOR BLOG

「ラーメンをはじめとした、朝ご飯を食べるまでがクラブ」という考えに賛同してくださる方、少なくないはずです。
ダンスミュージック情報を主にやってきましたが、それにリンクすることなら取り上げてもいいという拡大解釈をしていきたいと思います。
ファッション、食など、音楽にリンクするような分野の記事があってもアリですよね。

たとえば、「朝ラーメン特集」。
朝やっているうまいラーメン屋はどこなのか、というクラバーにとっては重要すぎる命題。
プロのラーメン評論家、それからラーメン好きのDJ・クラブ関係者が、議論する企画、おもしろそうじゃないですか?

いい味を出してくれそうで、ひそかに楽しみにしている企画です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
おかげさまで、DJ HACKsもいい新年を迎えられました。
これからも読者の皆さんにたのしんでもらえるような企画をいっぱい仕掛けていきます!
早くも2015年、やる気MAXです!!
今年もよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事