【毎週更新】現役DJが紹介するおすすめR&B【2016年版】

2016.11.07

今週のオススメR&B (2016/7/25)

今週は代打でDJ KEKKEさんに代わり、SHOTAがお送りします。
ずばり! 失恋したときに聴く洋楽R&B・バラード。。【PART 1】

1.) It Will Rain

アーティスト: Bruno Mars
リリース日: 2011/9/27

キミがいなくなったらもう日は昇らない。キミを想ってぼくが流す涙で毎日が雨になるよ。
この例えが詩的ですばらしいというか、深みがあるなと思います!
「別れたくない、別れたらもうぼくはだめになってしまう。」
こんな経験をしたことがある男性・女性、いらっしゃるのでは?

2.) Heartbreaker

アーティスト: Justin Bieber
リリース日: 2013/10/7

「別れるなんて言わないでくれよ、、、欠点だらけのオレだけどキミをあきらめられない。」
“You’re My Hearbreaker”という表現がある通り、Heartbreakerとは”失恋した人”ではなく、この場合は彼を振る (失恋させる) 側の彼女の方を指す言葉なんですね。
失恋させられた みたいな言い方ですが、歌詞を見る限り明らかに彼の方に非があるっぽいです。笑
これでもかってくらいのスローテンポで、失恋の悲しみを表現しています。

3.) My Heart

アーティスト: Tank
リリース日: 2007/5/15

「ベッドの横にある写真立ても、キミがよくつけていた香水のにおいもまだ残ってる。またぼくの家に戻ってきてほしい。」
ピアノとTankの甘い歌声がすばらしいこの1曲。よく聴いてみると、実は失恋ソングでした。
「キミと別れたくないんだ (My heart don’t wanna let go…)」
“Oh, I’m Begging You To Come Back Home
Oh, Girl I Know Right Here’s Where You Belong”
曲の終盤のブリッジにあたる、Tankが裏声を使うこの部分がもう鳥肌もん。。

4.) Love

アーティスト: Keyshia Cole
リリース日: 2006/1/6

「あの子の何がいいの?あなたとキスしてから、私はあなたが好きって気づいたの。」
今度は、片想いしてるパターンの失恋ソング。
歌詞からして、彼女持ちの相手とキスをしてしまって (男クソですね笑) 好きになってしまった女子の気持ちを歌った曲です。
そして男は彼女の元に帰っていくという、思わせっぷり。
こういう経験をした女性もまた、少なくないのでは?

5.) Heartbreak Lullaby (Ballad Version)

アーティスト: A-Teens
リリース日: 2001/12/10

「キミを忘れようとしても、目を閉じるとそこにキミがいる。なぜ笑うことができないんだろう?なぜ泣かなきゃいけないの?」
ディズニーのリロ&スティッチの主題歌なども務めたスウェーデンのポップ・グループ「A★TEENS」が歌った失恋ソング。
この曲もトラックがすばらしいですよね。ティーンエイジャーの彼らの声もマッチしてる。
寝る前に聴きたいR&Bとしても紹介したいくらい!(内容は失恋ですが笑)
ちなみに動画のハリーポッターはまったく関係ありません笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。
この夏、新たに始まる恋もあれば、終止符を打ってしまう恋もあるでしょう。
言葉がすんなり入ってくる分、J-POPの失恋ソングがやっぱり選ばれると思いますが、洋楽のR&Bもエモさでは負けていません。
失恋したかしてないかにかかわらず、R&Bとしてもいい曲なので家でのリスニングにぴったりだと思います。

今週のオススメR&B (2016/7/18)

ずばり!女の子を口説きたい時はこれを聴け!【PART 2】

1.) You Remind Me Of Something

アーティスト: R.Kelly
リリース日: 1995/10/30

“キング・オブ・R&B”こと、R.Kelly (アール・ケリー) 大先生の1995年リリースの大ヒットシングル。
「R.Kelly = ドエロソング」の代名詞っていうくらい、セクシーで際どい曲ばっかり歌ってるんですが笑 (もちろんそれ以外にも名曲はたくさんありますよ笑)
この曲も例外ではなく、とんでもなく変態です。笑
ここには絶対に書けないんですが、あえてうまく言うなら、「ジープに乗りたい…ジープに乗りたくて仕方ないんだ」っていう曲です。。
これは例えなんですけど、なんとなくわかりますか??笑

DJ HACKs的一言

この曲の歌詞がきわどいことを言っていても言ってなくても、その前にトラックとヴォーカルが気持ちよすぎてまず好きになります笑
でも実は歌詞がセクシーで、例えを使って口説くわけですね笑
R.Kellyは”THE R&B”なイメージで、こういうスローな曲が好きだなって方はR.Kellyの曲をかたっぱしから聴いてみるといいと思います!

2.) I’ll Make Love To You

アーティスト: Boyz II Men
リリース日: 1994/7/26

出ました!結婚式などでも大ド定番なこの曲
Boyz II Men (ボーイズ・トゥー・メン) の1994年の特大ヒットソングです。
ビルボード14週連続1位、そして翌年のグラミー賞ではR&Bデュオ/グループベストヴォーカル部門、この曲が収録されている『II』のR&Bベストアルバム部門と2冠を達成しています。
話は戻りますがこの曲、結婚式の定番になっているんですが、実はこの曲もちょっとエッチな内容なんですね。
はじめは「僕が君を愛してあげる」という普通の恋愛の歌詞ですが、途中からエスカレートして「服、脱いじゃいなよ。僕も脱ぐよ」って感じ笑
結婚式でこの曲が流れたら、ちょっと両親の顔色とか見ちゃいますよね笑笑

DJ HACKs的一言

これは!!ぼくの超好きな曲!!「今夜はキミのために何でもするよ」
このコーナーのプレゼンターを担当しているDJ KEKKEさんの引き出しの深さ、最高です。
R&Bが得意なDJって、こういう女性を口説くような気持ちいい曲をいっぱい知っているわけですよね。
意中の相手とのムードをいっきに持っていける曲を知りたいときは、まずDJ HACKsのこのコーナーを見た方がいいと思います!
Boyz II Menは本当に最高です。
ラスベガスでも1OAKってクラブあたりで定期的にライブショーを行っています。
ベガスに旅行で行く方はぜひそこを目掛けて行ってみるのもありなのでは?

3.) Nice & Slow

アーティスト: Usher
リリース日: 1998/1/6

口説く系のR&Bといったらこの人も欠かせません。Usher (アッシャー) 先輩の98年リリースのこちらの1曲。
実はこの曲がアッシャーの最初となる全米No.1ソングなんです。
プロデューサーは”この時期のアッシャーといえば!”のJermaine Dupri (ジャーメイン・デュプリ)。
内容はいたってシンプルに「君と愛し合いたいんだ」っていう曲。
ですが、ミュージックビデオは…謎です…笑
曲とミュージックビデオが全然マッチしない謎な感じでも許されるのは、”アッシャーだから”ですね笑

DJ HACKs的一言

欧米の人の愛情表現の仕方って、日本人とちがうものがありますよね。
なんていうか、素直でストレートでいて、でもクールさもある。ロマンチックって言葉が似合う感じ。
隣国の韓国人だって愛情表現が激しいってよく言いますが、世界の国々で国民性の差があるからおもしろいですよね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
意中の異性がいるという男性の方、ぜひ参考にしてみてください!
今回はちょっとエロさが際立つ感じの曲が多かったので、初対面の女性などに歌う・聞かせるのは少し注意してくださいね笑
ではまた来週!

今週のおすすめR&B (2016/7/11)

今週は最新のメローなR&Bをミュージックビデオでご紹介します!

1.) Miyazaki

アーティスト: Gallant
リリース日: 2016/4/6

2016年4月に1stアルバムをリリースしたLA出身のシンガー・Gallant (ガラント)。その1stアルバムから”MIYAZAKI”というなんとも日本人にはなじみ深いタイトルの曲が収録されていました (なにやらこの”MIYAZAKI”というのは、日本が誇るジブリ作品の宮崎駿氏のことらしいです)。
そして最近のトレンドでもある80年代や90年代のR&Bのリリック (歌詞) をサンプリングする手法がこの曲でも使われています。
90年代の超名曲、Groove Theory (グルーヴ・セオリー) の「Tell Me」の”Tell me if you want me to~”の部分ですね。
こういうところから昔のすばらしい名曲を知るキッカケになるので、ぜひいろいろと調べてみてくださいね!
いやーそれにしてもなんて癒される曲なんでしょう!
Gallant 「Miyazaki」 (0:45~の部分)
Groove Theory 「Tell Me」 (0:40~の部分)

DJ HACKs的一言

ギャラントといえば、アンビエント系の大人気シンガーです。裏声の使い方もうまいし、曲に魂を込めて歌う様は感動ものです。
ぼくが彼を知ったのはこの『Weight In Gold』というソウルフルな1曲。この曲すばらしすぎるのでぜひ聴いてください!

2.) Sleeping With The One I Love

アーティスト: Fantasia
リリース日: 2016/6/25

アメリカの超人気公開オーディション番組「アメリカン・アイドル」シーズン3の優勝者であり、8度のグラミー賞ノミネートを誇るR&Bシンガー、Fantasia (ファンテイジア) の7月末にリリースとなる「The Definition Of…」からのリードシングルをご紹介。
80年代テイスト溢れるトラックにファンテイジアの力強い歌声がバッチリハマっているすばらしい楽曲になってます。
気になるミュージックビデオはドラマ仕立てになっていて、刑務所にいるファンテイジア含む4人の女性囚が1人のイケメン白人刑務官にことごとくだまされていってしまう、なんとも歯がゆい物語になっています。
ミュージックビデオと楽曲の世界観が見事にマッチしてますね。

DJ HACKs的一言

Fantasiaがアメリカン・アイドルのグランプリを獲ったのが2004年なので、もう10年以上の時が過ぎたんですね。あの時はたしか彼女は若くて20歳くらいだったかと思います。時の流れは早いですね。。

3.) Maiysha (So Long)

アーティスト: Erykah Badu & Robert Glasper
リリース日: 2016/5/27

アメリカの伝説のジャズ・トランペット奏者であり、モダン・ジャズの帝王であるMiles Davis (マイルス・デイヴィス) が1974年にリリースしたアルバム『Get Up With It』に収録されている『Maiysha』を、現代のジャズシーンを引っ張るRobert Glasper (ロバート・グラスパー) とネオ・ソウルの歌姫Erykah Badu (エリカ・バドゥ) の2人がアレンジ!
ボサノヴァ風のトラックにマイルス・デイヴィスのトランペット、そしてエリカ・バドゥの貫禄ある歌声、もう完璧です。最高です!
ミュージックビデオも映画のワンシーン的な感じでかなり面白い構成になってますよ。

DJ HACKs的一言

2016年はマイルス・デイヴィスが他界してから25年目で、もし今生きていたら90歳だったそうです。
このメモリアルイヤーに、マイルス・デイヴィスの楽曲を復活させようと試みたのが、この『Everything’s Beautiful』というアルバム。
『Maiysha (So Long)』はエリカ・バドゥが自ら歌詞を書き、ボサノヴァ調にアレンジまで施しました。
この曲以外にも、スティーヴィー・ワンダーが参加した曲があったりと、豪華なアルバムになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今週からいよいよ夏本番。
暑苦しい寝づらい夜は心地よい楽曲を聴いてリラックスしてみてはいかがでしょう?
ではまた来週!
2016年6月のおすすめはこちら

固定ページ: 1 2 3 4 5