【毎週更新】現役DJが紹介するおすすめR&B【2016年版】

2016.11.07

今週のおすすめR&B (2016/6/27)

雨の日に聴きたいバラード 【PART.1】

1.) Through The Rain

アーティスト: Mariah Carey
リリース日: 2002/10/17

まずは大定番の歌姫、マライア・キャリーのこちら。
「何があっても大丈夫! 負けないと信じることが大切!」と、力強く訴える応援歌です。
マライアの美声がすばらしすぎます!(涙)
このミュージックビデオでは駆け落ちしたカップルの人生が描かれているのですが、実はこれマライアの両親のお話なんですね
当時はまだ人種差別が残っていた時代。”白人の女性が黒人の男性と付き合う”なんてことは許されず、交際を家族に大反対されたマライアの母親が、後の父親となる男性と駆け落ちして結婚したというストーリー。
残念ながら両親はマライアが3歳の時に離婚し、その後父親とは疎遠だったみたいですが、この曲を書く前に父親が他界。
そういったこともあり、このミュージックビデオはマライアの両親へ感謝の意味も込めて作られたのかもしれないですね。

DJ HACKs的一言

6月。梅雨。じめじめしていて雨が多い毎日ですが、元気にがんばっていきたいところ。
どうせなら雨の日も晴れの日と同じくらい、楽しみを見つけたい!
そういう意味では、雨の日に聴きたい音楽って今の時期にぴったりの超いいテーマですよね?
最初はマライアのバラード『Through The Rain』。
KEKKEさんの曲紹介を読んでいただければわかりますが、そんな背景があったなんて…!!

2.) Rain

アーティスト: SWV
リリース日: 1998/3/9

“Right Here”や”Werk”などのヒットでもおなじみのSWV (エスダブリューヴイ) の1997年にリリースされた名曲。
曲の随所に入っている雨の音 (サウンドエフェクト) がなんとも印象的な1曲。
「この降り注ぐ雨のようにあなたからたくさんの愛がほしい」という愛情を雨に例えた恋愛ソングです。
SWVの3人のハーモニーが哀愁漂うトラックとマッチしていて何度聴いてもすばらしいですね。
ちなみにこの曲をサンプリングしたChingyがTyreseをフィーチャーした”Pulling Me Back”も2006年にヒットした曲ですので、ぜひチェックしみてください。

DJ HACKs的一言

SWVのR&Bライン!『Right Here』のイメージが強い彼女たちですが、この曲も調子いいです。
雨の日をテーマにした曲は哀愁的なものが多いので、たまには家で曲の雰囲気に包まれながらゆっくり過ごす楽しみ方もありなのではないでしょうか?
自分は家でいい音楽をいい音で聴きたいので、スピーカーにもかなりのこだわりを持っています。笑
スピーカーをいいものにするだけで全然曲の聴こえ方・イメージが変わるので、「うそだろ?!」って思われた方はぜひ試してみてください!

3.) In Never Rains (In Southern California)

アーティスト: Tony! Toni! Tone!
リリース日: 1990/10/14

大ベテランシンガー・プロデューサーであるRaphael Saadiq (ラファエル・サディーク) 率いる3人組ソウル・R&Bグループ、Tony! Toni! Tone! (トニー・トニー・トニー) の1990年に大ヒットしたこちら。
タイトルはずばり、「南カリフォルニアに雨が降ることはありません」
なんのこっちゃ(笑)って感じですが、実はこれ恋愛ソングです。
「あなたと一緒にいれば雨 (涙) は降らない」といった感じです。
ムード溢れるトラックが素敵な曲ですが、さすがに26年前のミュージックビデオになると少し古臭い感じはしますね(笑)

DJ HACKs的一言

ここで、ぼく(SHOTA)もオススメの雨の日ソングをご紹介したいと思います!
雨の日に聴くプレイリストの中に入れていて、個人的に一番好きってやつです。

Razahというシンガーの『Rain』という曲 (超いい曲なのでヘビーリピートしてください笑)。
「雨が降ってくれるおかげで、涙を流していることもわからなくなるよ」
歌詞からわかる通り、どうやら傘をささないで雨に濡れながら泣いている男がテーマのようですね。
どんなに忘れようとしてもキミが頭から離れない。。
叶わない恋であったとしても、一生懸命に人を愛した人にしか感じられない恋心ですね。
Razahの声が最高ですし、Ne-YoのR&Bが好きな人なんかにドンピシャに刺さりそう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今日(6/28)から木曜日くらいまでは全国的に雨予報とのことで、急遽雨にまつわるバラードを紹介しました。
雨の日とR&Bってなんでこんなにマッチするんでしょう!梅雨のジメジメした日もR&Bで癒されてみてはいかがでしょうか?
ではまた来週!
p.s. R&Bが好きでこのページをチェックしてくださっている方へぴったりなおすすめイベントをご紹介させていただきます。
rnb_alife
先日六本木・西麻布にグランドオープンしたナイトクラブ「alife」の毎週火曜日に「R&B Tuesday」というR&Bのパーティーがスタートします。
私DJ KEKKEもこのコーナーで紹介しているような極上のR&Bをセレクトしていきます。
21時からオープンしているので、仕事終わりの1杯いきたいという時にもご利用いただけるかと思います。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

今週のおすすめR&B (2016/6/13)

ずばり!女の子を口説きたい時はこれを聴け!【PART.1】

1.) Breakin’ My Heart (Pretty Brown Eyes)

アーティスト: Mint Condition
リリース日: 1991/11/11

アメリカ・ミネソタ州出身の6人組R&Bバンド、Mint Condition (ミント・コンディション)。
彼らの代表曲でもある1991年にリリースされたこの曲はビルボードR&Bチャート3位、34週ランクインという大ヒットしたバラード。
歌詞の内容が最高にクサイんです笑
「自分の気持ちに正直になって。僕の君への愛に耳を傾けるべきだよ。君の目を見ていれば君は隠すことなんかできないんだ。」
くーーーー!!!笑
基本的にR&Bの恋愛系の楽曲の歌詞はこれくらいクサイんです笑
日本人の僕らだったらこんなこと面と向かって言えないですよね〜汗
どうですか男性の皆様〜笑

DJ HACKs的一言

一見、『Breakin My Heart』ということは失恋の歌か!?と思うのですが、愛をささやいている歌なんですね!
1991年というと、ぼく(SHOTA)が生まれた年で、ミュージックビデオを見るとこの時代の流行りを表してるなーって思います。
オーバーサイズ気味のジャケット、髪型も当時の”THE 90年代”っぽいなー!
サックスの入ったトラックもいいし、何より彼らの声が甘くて最高!

My, My, My

アーティスト: Johnny Gill
リリース日: 1990/5/16

Bobby Brown (ボビー・ブラウン) らが在籍することでも知られる人気グループ「New Edition (ニュー・エディション)」の超人気シンガー、Johnny Gill (ジョニー・ギル) の1990年にリリースされた代表曲。
ジョニー・ギルのパンチ力があり、かつ引き込まれるようなスウィートな歌声が素晴らしすぎます!どうですか?もー最高じゃないですか!この曲はメローなR&Bに多い、いわゆるちょっといやらしい18禁なことを歌ってます笑
「君はガウンを身にまとって寝室に入ってくる。まず僕に時間をしばらくくれないか。ずっときみをこうして眺めていたいんだ。」
はい。これ以上は書けません笑

DJ HACKs的一言

アメリカのラジオには、「Adult Comtemporary」というジャンルの番組があって、それで流れていそうな1曲!(実際も流れているみたいです笑)
曲を聴くとわかると思いますが、今紹介した『Breakin’ My Heart (Pretty Brown Eyes)』とトラックのテイストが似ていますよね。
その時代時代で流行りがあって、同時代の音楽は似通っているところが多いんです。
超いいなーって思って調べていたら、プロデューサーのところにR&Bシーンの重鎮・Babyfaceが入っていて、ぼくはいきなり納得しました。笑

3.) Back At One

アーティスト: Brian McKnight
リリース日: 1999/8/17

個人的に大大大好きなアーティストのBrian McKnight (ブライアン・マックナイト) の1999年にリリースされた1曲。
女性の皆さん、ブライアン・マックナイトの素晴らしすぎる歌声でこんなこと言われたらって想像してみてください!
1:君は叶った夢のようだ
2:ただ君と一緒にいたいんだ
3:君が僕にとってただ一人の女性であることは明らかだ
4:1、2、3とダンスのステップを繰り返して
5:君を僕に夢中にさせたい
気絶しますよね笑

DJ HACKs的一言

この曲、ぼくも「女性を口説きたいときの1曲」を挙げるとしたら必ず候補にあげるくらいのド級ラブソングです!
ミュージックビデオに出てくるブライアン・マックナイトのライブを聴いてるキレイな女性を見ると、これは相当口説きのサポートにもってこいだぞと男のぼくらは確信してしまうのです(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?「女の子を口説きたい時はこれを聴け!」という男性目線のタイトルではありましたが笑
女性の方も「いやーこんなこと言われたいわー!」って歌詞ばかりではないでしょうか?
やはりこの90年代という年代は素晴らしい楽曲の宝庫であります。
また来週も素敵なバラードをご紹介しますので、お楽しみに!

今週のおすすめR&B (2016/6/6)

今週も最新R&Bをミュージックビデオでご紹介します!

1.) Lanes

アーティスト: Yuna
リリース日: 2016/5/20
(ミュージックビデオリリース日: 2016/6/3)

はい!僕が一押しするYunaさんのNew Videoになります!
前回ご紹介したUsherをフィーチャーした『Crush』も最高でしたが、こちらの楽曲もYunaの歌声と優しい音色のトラックがマッチしてとても気持ちが良いですね。
ですが、内容はVideoをごらんの通り、ボーイフレンドとの喧嘩。なんで喧嘩になったのかは逆再生された映像の最後にわかりますが、途中からなんとなく想像出来ちゃいますね笑
とにかくYunaのニューアルバムは本当にオススメですのでぜひR&B好きはチェックです!

DJ HACKs的一言

逆再生のミュージックビデオとは、おもしろい!!
スターウォーズのジェダイマスターたちみたいに落ちてる紙をフォースを使って手に取れるわけがなく、、、笑
「あ、これは逆再生なんだな」とすぐに気付きました。笑
最後の最後にはカップルのケンカの原因がわかる仕組みになっているので気になって途中飛ばしたくなっちゃいますが、曲を全部味わって聴いてみてください!

2.) I Was Created For This

アーティスト: Tweet
リリース日: 2016/2/26
(ミュージックビデオリリース日: 2016/4/26)

2002年、約14年前にMissy Elliott (ミッシー・エリオット) をフィーチャーした『Oops (Oh My)』がヒットした女性R&Bシンガー・ソングライターのTweet (トゥイート)。
今回は11年ぶりに発売されたアルバム『Charlene』からの1曲です。
『Oops』以降はなかなかヒットに恵まれず、レーベルもいろいろ転々としてきた彼女の待ちに待ったニューアルバム。
彼女は時代の流れ的にもHIPHOP色が強いトラックで歌うことが多かったイメージですが、このアルバムでようやく彼女本来のステキな歌声の活きる曲がたくさん収録されることに。
この楽曲も大人な雰囲気を漂わせながらも力まない感じが自然で、聴いていて気持ちいいですね!

DJ HACKs的一言

なんて優しくてあたたかい曲なのでしょうか〜
さむい冬に暖炉にあたりながら聴きたいBGMといったような第一印象!
黒人女性が歌うゴスペルってソウルフルな歌声にエネルギーを感じるので、心の琴線に触れる心地で好きです。好き!

3.) Thought It Would Be Easier

アーティスト: Kandace Springs
リリース日: 2016/7/1
(ミュージックビデオリリース日: 2016/5/27)

現在27才のシンガーソングライター・ピアニストのKandace Springs (キャンディス・スプリングス)。
先日亡くなってしまったPrince (プリンス) が生前に彼女の歌声に惚れ込んで「コンサートで一緒にパフォーマンスをしよう!」と誘ったほどの超実力派です。
僕も大好きなNorah Jones (ノラ・ジョーンズ) が好きな人は特に!絶対にハマるはず!いやーーもうずっとリピートしてます(笑)最高すぎますね!

DJ HACKs的一言

本当だ、最高すぎ事件! ぼくもノラ・ジョーンズの世界観が好きなのでこの曲はドンピシャでした。
仕事帰りの帰り道、真夜中のおさんぽなんかでこのテイストの曲を聴いたらいかがでしょうか?現実逃避できそう!
ノラ・ジョーンズで小ネタ。
ぼくたちに身近な話をすると、クマのぬいぐるみの映画「TED2 (テッド2)」 (たぶんみなさんもう見ましたよね?)で、劇中歌に『Mean Ol’ Moon』という最高最高最高裁な曲があるのですが (この曲とテイストは似てる)、

この映画のサウンドトラックを集めたアルバムに、ノラ・ジョーンズがこの曲を歌ってるバージョンが入ってるんです!
“これだ!感”ハンパなくて、ぼくSHOTAの超絶レコメン曲なのでぜひこちらもチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?今週もすばらしいR&Bのビデオがリリースされていましたね!
今日から梅雨入りしたみたいですので、ジメジメした時期はメローなR&Bを聴きながらコーヒーでも飲んでゆったりとした時間、なんてどうでしょう(笑)
では皆さん、また来週〜〜〜!
2016年5月のおすすめはこちら

固定ページ: 1 2 3 4 5