Serato DJ Introの使い方を覚えよう!

2014.07.31

DJ_vol2
皆さんこんにちは!
DJ HACKs編集部です。
先週よりスタートした「DJ初心者入門講座第2回」を始めていきたいと思います!
入門講座第1回はこちら
【DJ初心者入門講座第1回】DJを始める上での機材とソフトを揃えよう!
前回はDJを始める上で最低限必要な機材、ソフトの説明をしていきました。
今回はタイトルにある通りDJプレイをする上で必要なSerato DJ Introの使い方の説明をしていきたいと思います!

Serato DJ Introのインストールの仕方

まずはSerato DJ Introをインストールしていきましょう。
インストールはこちらのページから行うことができます。
Serato DJ Introインストール
SeratoDJIntro_install
画像ではWindows版のダウンロードリンクの画像が表示されていますが、macの方はmacでアクセスすれば自動でmac用のダウンロードリンクが表示されるので安心してください。
Download SERATO DJ INTROをクリックすると下のページに移動します。
install2
このページに移動したら画像のなかで赤丸で囲ってあるDownload Serato DJ Introをクリックしてください。
seratointroinstall
クリックするとメールアドレス、パスワードの入力画面に移動します。
メールアドレスを入力するとパスワードを入力するよう要求されるので、入力しましょう。
入力が完了すると登録したメールアドレスにインストール先のリンクが送られてきているので、メールの本文内にあるリンクをクリックしましょう。
リンク先に飛ぶと自動でzipファイルのインストールが始まるので、おとなしく待ってましょう。

PCへのインストール

zipファイルをしてファイルを解凍を行うと、中に「Serato DJ Intro 1.2.1.exe」というソフトが入っているので、そこをクリックしましょう。
インストールが完了するとデスクトップにSerato DJ Introのアイコンが出現しているので、その状態になったらインストール成功です。

iTunesとSerato DJ Introを同期させる

インストールが完了したら早速起動してみましょう。
まだ何も曲がSerato DJ Introの中に入っていません。
まずはお持ちのiTunesとSerato DJ Introを同期させましょう。
右上にあるセットアップという文字をクリックします。
そうすると以下の様な画面が出てきます。
seratodouki
左側の真ん中あたりにあるshow iTunes Libraryにチェックを入れると自動的にPC内のiTunesデータと同期してくれます。
もう一度SETUPボタンをクリックして最初の画面へ戻った時に曲が表示されていれば成功です。

まとめ

と、ここまで画像付きで解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
インストールと初期設定自体は結構簡単なので、30分くらいあればこの記事で書いてあることはできると思います。