DJを始めたい方へ!現役プロDJが教える渋谷のDJアカデミー「SPINSTAR」開校

2017.02.16

これからDJを始めたい方、趣味でDJを始めてみたもののもっとうまくなりたい方にぴったりなDJスクールをご紹介します!
DJ HACKsのSHOTAがプロデュースに加わっている「SPINSTAR -DJ ACADEMY-」が、東京都・渋谷にオープンしました。
1E6A4169-compressor

簡単にDJを始められる時代の到来

ひと昔前はDJをやりたいと思ったら、まずはターンテーブルとミキサーを購入し、レコードショップに行ってレコードを買い揃える時代でした。
レコードは1枚1000円以上するのが当たり前、DJを始めようと思ってもたくさんのお金がかかるというイメージだったんですね。
(しかもレコードは1枚1枚重いからクラブに持っていくのも大変だし、場所をとるから管理するにも大変だった)
一方、今は便利な時代で、機材も楽曲もデジタル化され、DJを簡単に始められるようになりました。
CDJの機能とミキサーの機能がセットになったコントローラーという便利で安い商品が登場し、楽曲もデータとしてiTunesで200円前後で買えますね (管理するのはパソコン上)。
DJを始める敷居がだいぶ下がったのです。
さらに、ひと昔前と今のちがいといえば、DJスタイルの多様化もあるでしょう。
ひと昔前ならDJといったらクラブやディスコでプレイするDJでした。
しかし今DJっていうと、フェスのDJ?クラブのDJ?ホームパーティーで音楽をかけるDJ?など、さまざまなシーンで活躍するDJを指します。
ジャンルによっても大きくちがい、ハウスやテクノのDJもいれば、EDMのDJもいて、HIPHOPのDJもいれば、レゲエのDJもいる。
DJスタイルが広がった分、DJのやり方も多様化してきているし、どれが正解というのはありません。
刻一刻と変化していくDJシーンを正確に追えているのは、やはりクラブやフェスなど広いフィールドで”現役で”活躍しているDJなんです。
(狭いフィールドで活動しているDJは相対的に視野が狭くなりがち)

DJスクールを立ち上げようと思ったきっかけ

DJSHOTA_SPINSTAR_1
出典:electrox 2017 | Creativeman Productions
DJ HACKsを運営する自分はDJをやっている以上、DJのノウハウを世間に伝えていきたいというのはありました (今もあります)。
そのために過去にはDJ入門記事を更新したり、現役で活躍するDJをゲストライターに招き記事を書いてもらったりしました。
ただ現在は自分自身やりたいことが増え (楽曲制作、撮影、映像制作、旅行など)、DJ HACKsの記事更新もやっとのところです。
そこでDJ HACKsとはまた別で、DJスクールを立ち上げようと考えました!
そうして立ち上がったのが、「SPINSTAR -DJ ACADEMY-」です。
1E6A4180-compressor

ぼくがやりたいDJスクールのポイント3つ

1.) 現役で活躍しているDJが教えてくれる! (一番重要)

1E6A4142-compressor
※すべて「自分がDJスクールに通う生徒だったら…」ということを前提において考えています。
まずは、ちゃんと信頼できる先生に習いたい。
欲を言えば、有名なDJさんに教えてもらいたい。笑
「今は現場でのDJを引退したけど、昔はクラブでDJをやっていた」っていうDJさんよりは、「今バリバリDJやってます」っていうDJさんを先生にしたい。
今自分が現場でDJをやっているからこそわかるのですが、刻一刻と変化していく時代の中で、DJを教える先生は今DJのシーンがどのようになっているかをわかっている必要があります。自分がいるフィールド以外でも、シーン全体の最新の動向に対して常にアンテナを張っていてほしいものです。
たとえば、EDMフェスのDJに憧れてDJスクールに通ったのに、数年前に現役を引退したベテランDJさんが先生についた。
「Martin GarrixみたいなDJになりたいです」って言っても、「Martin Garrixってだれ?」って言われたら、その場で授業料返金願いますってなっちゃいますよね笑
だから今現在、フェスやクラブで現役DJとして活躍している講師を揃えるのがマストだなと思いました!
講師はもちろんのこと、日本全国で活躍しているトップDJの方を臨時講師としてお招きしてお話しを伺う座談会のようなものも開きたい。
「どうやって有名になったんですか?」とかっていう初歩的な質問をぼくも聞いてみたいものです笑
DJはスキルももちろんですが、セルフブランディングや業界での立ち回り方も大事ですからね。
市場調査で他のDJスクールの講師陣を見ていると、「あんまり知ってるDJさんがいない…」っていうのが正直な感想でした。
これは顧客満足度に大きく関わるなと思ったのです。
実際にフェスやクラブで活躍しているDJさんを揃えて、講師の質も高い標準を保つべき!

2.) 1対1のマンツーマンで教えてくれる!

1E6A4161-compressor
次に、気になる授業料についてです。
皆さんは、DJスクールに通うといくらくらい費用がかかるかご存じでしょうか?
答えは、だいたい1時間3000円〜4000円程度が相場です (関東・関西含めて)。
「なるほど、習い事にしてはなかなか安いとは言えない価格設定なんだな…」と理解しました。
そして実際に見てみると、授業は先生1人に対して複数人数のグループで行われるところがほとんど。
グループ授業は運営側からしたら効率がいい&時間あたりの利益率もいいですよね。
ただ生徒さん側の意見をいえば、「グループとしての1時間を他の生徒と共有することになる」、「グループ全体のスケジュールを優先しなければならない。。」というように、デメリットの方が多いんじゃないかと思いました。
相場の料金をいただくんだったら、スクール側は生徒の都合を優先し、フレキシブルに対応するべきだ。
ということで、先生と生徒が1対1のマンツーマン授業がいいよなーと。
受講スケジュールも生徒さん1人に合わせて決められれば文句なし!

3.) もちろん便利な立地

SHIBUYA_201702
あとは立地に関して。
どれだけいい講師が揃っていてマンツーマン授業だとしても、立地が悪かったら台なしですよね。
生徒さんが通いやすいというのと、DJカルチャーの中心地ということでやはり渋谷がベスト。
渋谷には人気クラブもいっぱいあるし、DJ機材店も揃っています。

4.) DJができるようになってからのアフターケアーが◎

さて、DJスクールに通うことになりました。
半年近く通えばDJはできるようになります。
半年練習してさあDJができるようになりました!ってところで、
「じゃあどこでDJやるの?」っていう壁にぶち当たります。
機材もあって人も集まっている場所でDJしたいと思っても、なかなか難しいですよね。
クラブDJデビューをサポートするのはもちろんのこと、まずは発表会を開きたいです (かしこまらず、くだけた感じの雰囲気がベスト)。
そこで人前で初めてDJをやってみて、生徒さんはいろいろ感じるものもあるだろうし、クラブでやってみたい!と思うかもしれません。
現役で活躍しているプロDJ講師のつながりでクラブでのDJデビューの場を作るなど、今後のDJ活動に対するアドバイスは欠かしません。
また「車の中で聴けるようなミックスを自分で作ってみたい!」という方にはミックスの作り方もお教えします。
DJができるようになったあとのことも、実は大事なんです。

SPINSTARとは?

spinstar_logo_550x366
DJ目線で「こんなDJスクールがあったらいいな」を形にしたのが、SPINSTAR -DJ ACADEMY-です。
現役プロDJがマンツーマンで教える東京・渋谷のDJスクール。

DJ講師は?

DJ講師は現在4人いて、これから生徒数に応じて増えていく予定です。

場所は?

SPINSTAR -DJ ACADEMY-は渋谷駅から徒歩5分のところにあります。
道玄坂沿いに歩いていくだけ!(以下の動画をごらんください)

最初はマンションの一室から小さく始め、後々は大きいビルで展開しようと考えています (あくまで何年越しかの野望です笑)。
やはりレッスンだけじゃなく、実際のクラブに行っていろんなDJさんのプレイを見るのも大事なので、近くにある渋谷のクラブに課外授業的な形で見学に行くのもありかなーと。

レッスンはどんな感じ?

1時間のレッスンを月に7回受けていただきます。
カリキュラム通りにいけば、6ヶ月で卒業も可能です!
DJのやり方から、音楽の探し方までDJに関わるあらゆることを現役プロDJがサポートします。
生徒さんによってはミックスの作り方も教えてもらいたいという方もいるでしょう。
卒業後のサポートもしっかりいたします。

受講料は?

受講料は、月額¥28,000 で1時間のレッスンを1月に7回受けられることになっています (1時間あたり4000円計算)。
学生割引もあって、学生の方は月額¥24,500 で1時間のレッスンを1月に7回受けられます (1時間あたり3500円計算)。
無料診断と無料体験があるので、まずは相談しに行ってみて体験してから受講を考えてみるのがいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「こんなDJスクールあったらいいのにな」という思いを形にし、新しく開校したDJスクールの宣伝でした!
「SPINSTAR」はいつでも無料体験を実施中です。
DJを始めたいと思っている方、まずは気軽にお問い合わせしてみてください。
「DJ HACKsの記事を見て来ました」と言っていただけるとそのあとの話がスムーズにいきます。
先生がぼくに当たることもあるので、そのときはよろしくお願いします笑