クラブのフロアにイスを並べてセミナー開催!? Pioneer DJとクラブがタッグを組んだDJ講習会が革新的

2018.10.04

東京・渋谷随一の人気クラブ・ATOM TOKYOがDJ機材メーカーのPioneer DJとの共同イベントを開催しました。
実はATOMといえば最近DJ SCHOOLを立ち上げたばかり。クラブがDJスクールをやるだけでも驚きのニュースなのに、Pioneer DJが参加する講習会を開催したということで、このニュースはDJ HACKsが取り上げるしかない!と思いました。インタビューとともにご紹介します!
ATOM_PIONEER_DJ_2

いつもは踊ってるクラブのダンスフロアでイスを並べて講習会開催

ATOM_PIONEER_DJ_3
なんと!!クラブがセミナー室みたいになっちゃってます!
いつもはお客さんがパンパンに入って踊っているダンスフロアにイスが並べられ、お話を聞く。なんていい時代になったんだ。。
写真のLEDスクリーンにはバッチリ、「r e k o r d b o x と は」と書かれていますね。
DJソフト「rekordbox」を作っているPioneer DJの方たちが登壇して、みんなが知らないようなCDJの機能、rekordboxの機能を説明してくれました。
講習会に集まったのはATOM TOKYOが開講するDJスクールの生徒さん&講師DJたち。
ATOM_PIONEER_DJ_7
Pioneer DJの方が実演で教えてくださる場面も。
そして説明の後にはデモンストレーターとして全国で活躍しているスキルフルなトップDJ、Daishi Dance / BABY-Tの2人がステージで独自のスキルを披露。
ATOM_PIONEER_DJ_4
ATOM_PIONEER_DJ_5

インタビュー: 初のDJ講習会を終えてみて

今回のイベントに参加したPioneer DJさん、ATOM DJ SCHOOLのakiyama ryotaさん、デモンストレーターのDaishi Danceさん、BABY-Tさんにイベント後ショートインタビューしました!

DJ機材を作ってるメーカーがDJ機材の機能を教える!?

ATOM_PIONEER_DJ_11
SHOTA「今回はDJ機材を作っているPioneer DJさんが直接CDJの機能を説明する講習会ということで、一番機能を知り尽くしている方々のお話を伺えてとても有意義な時間でした。どのような思いでこのイベントに臨みましたか?」
Pioneer DJさん「Pioneer DJ社の最新機材・CDJ-2000NXS2は、現在多くのクラブさんに設置してされていますが、CDJ-2000NXS2の機能をフルで使いこなされているDJさんはまだまだ多くないのではと思いました。少しでもCDJ-2000NXS2の使える機能をDJを皆さんに知っていただきたいという気持ちで挑みました。」
SHOTA「PioneerDJさんはこれから日本のクラブシーンの中でどのような取り組みをしていこうと考えていますか?」
Pioneer DJさん「Pioneer DJはDJ機器の提供だけでなく、KUVOのようにクラブのリアルな現場でのコミュニティを活性化させることにも注力していきます。今後も様々な取り組みにチャレンジし、クラブカルチャーを引率する立場でありたいと考えています。」

クラブがDJスクールを開講する時代がきた!

ATOM_PIONEER_DJ_8
SHOTA「クラブがDJスクールを開講する、というのは今までにはない新しい試みで世間も注目すると思うのですが、どのようなことがきっかけで始めることになったんですか?」
akiyama ryotaULTRAなどのEDMフェスが盛り上がるにつれて”DJ”が世間から注目されるようになりました。そんな今、より多くのDJたちを育成していきたい、そしてこのクラブシーンをさらに盛り上げていきたいという、純粋なところからスタートしました。また、音楽的知識やDJの知識のない生徒さんにも理解してもらえるよう、一つ一つ丁寧にレッスンするように心がけています。」
SHOTA「今回は初めてのイベント開催で、しかもPioneer DJさんを招いてというスペシャルな企画だったと思うのですが、今後はATOMのDJスクールとしてどのようなことに取り組んでいきたいですか?」
akiyama ryota「ATOM TOKYOだけでなく、日本各地のクラブやフェスに出演している国内トップDJが揃っているというのが僕たちDJスクールの強みだと思っています。生徒さんには講師のDJさんの経験と知識、技術を惜しみなく吸収してもらって、次のクラブシーン・音楽シーンを担っていくようなDJさんが増えていければなと思っています。また私たち講師のDJ陣も新たに学べたことがあったので、講習会に協力していただいたPioneer DJさんにはとても感謝しています。」

東京を拠点に全国で活躍するスキルフルなDJの2人が実際にプレイ

ATOM_PIONEER_DJ_10
SHOTA「今回デモンストレーターをされてみて、どうでしたか?」
Daishi Dance「今回はクラブのダンスフロアに向けてではなく、DJスクールの生徒さん (しかも着席…笑) に向けてのパフォーマンスだったので、CDJやミキサーの操作がわかりやすいように、HOT CUEを多用してSLIP MODEだったりLOOP、RMX1000を駆使したプレイなどを組み合わせてプレイしてみました。具体的には、三味線や和楽器の楽曲に細かくCUEを打って即興で曲のメロディを変えたり。冒頭2分くらいはひたすらHOT CUEだけ叩いてました。あとはドロップ前のヴォイスサンプリングにも細かくCUEを打っていて、SLIP MODEにしてサンプラーのようにしたり、ビートループでビルドアップさせたりMashupしたり。その場のアイデアでプレイしていたのでなかなか文章で説明するのが難しいんですが、単純にA曲からB曲に繋ぐのではなくCDJの細かい機能に興味を持ってもらえたらと思ってDJさせてもらいました。」
SHOTA「たしかに!いつもは盛り上がること前提のお客さんを前にしてプレイしてますが、今回は真面目に見られている側でしかも全員着席、、、緊張しましたか?笑」
Daishi Dance「はい、Pioneer DJのスタッフさんにも囲まれてのDJだったのでかなりプレッシャーありました、、、苦笑」
SHOTA「BABY-Tさんも緊張しましたか?笑」
BABY-T「かなり緊張しました。。普段1000人規模、いや10,000人を超える規模でも緊張ってほぼしたことない僕なんですがまさかの着席w しかも皆さんそれぞれがDJに対して”今日は絶対になんか持って帰ってやるぞ!”って気合がすごく感じたのでその波動で久しぶりに痺れましたw」
SHOTA「さて、DJプレイの方はどうでしたか?」
BABY-T「僕自身、クラブDJの中でもCDJの機能をかなり多用してプレイする方だと自負しているんですけど、正直”DJには手元も見て欲しいな〜、結構細かいテクニックとアイデア使って面白いことやってるんだけどな〜”なんて思ってたので、それを披露するという意味では自分自身のDJ観とも向き合えましたし、とてもありがたい機会でしたね。さらに講習会に来ていたDJの皆にも、DJ MIXの瞬間での新たなひらめきやアイデアのヒントになれていたらうれしいなと思います。」
SHOTA「イベントの最後でこれからDJを始める人たち、今DJで頑張っている人たちに向けてのアドバイスがありましたが、読者の中にもそういう方が多くいると思うので何かメッセージをよろしくお願いします!」
BABY-T「講習会の最後にも話したんですが、DJや音楽って決まりがある中でも決まりをあえて破って新たなルールやスタイルを生み出してくのが1番の醍醐味だと思ってるんですよね。常にトライし続けて行く、これが大切だなと思ってます。DJ始めたての頃や、自分の中で壁ができた時によくあるのが”このプレイはきっとダメだよな?”って考えがちですよね。これを頭から外して、その都度新たな自分のDJスタイルを作り上げていってほしいと思っています。昔はクラブでも”この曲の後はあの曲じゃなきゃダメ、王道”みたいな鉄板ツナギってあったりしたんだけど、今は逆に“Break The Rules”これに尽きるのかなと。もちろんそれは音楽やシーンにリスペクトや知識がある程度あった上でですが。今まであった常識や定番をガラッと変えずに、一見して変わってないかのように少しずつ時代に合わせて提案方法を変えて壊して作って行く。少し難しくなっちゃいましたけど、よく音楽と向き合って、自分の中の表現したい音楽を探し当てて、文字通り何も気にせず音を楽しむのがDJの1番の醍醐味だよ。ってことですw」
Daishi Dance「CDJにはたくさんの機能が隠されているので、そのギミックを自分なりに使いこなせればそれぞれの個性が作れるのですが、機能が多すぎて自分もまだまだ知らない使い方があるくらいで…いつもPioneerさんにたくさん教えてもらって現場に活かせてます!基本的な機能をATOMのDJスクールでしっかり教えてもらったり、ネットで検索して独学で差をつけたりしてDJスキル、センスを磨いて下さい!ATOMのDJさんは皆凄くアンテナを張っていて情報量も多いし、全国のDJの見本になるようなトップDJさんばかりなので本当に勉強になると思いますよ。」

まとめ

クラブシーンを盛り上げていく上で、このような前向きで革新的な動きをクラブ主体で行っていくっていうのは心強すぎる!
もちろんDJスクールもそうなのですが、“クラブでおもしろいことをやってるよ”っていうのが一番世間の皆さんのクラブへのイメージが変わるあれなのかなとも思って。
少しでも多くの人に知ってもらいたい、という願いを込めてこの記事を書きました。
「もう少し早く知ってたら参加したかった!」という読者さんの声もあったので、もしまたATOM TOKYOでDJ講習イベントを開催する時はDJ HACKsで事前アナウンスしたいと思います!