おすすめHIPHOP紹介#2 〜Fancy / Iggy Azalea ft. Charli XCX〜 【SiCK! HIPHOP #2】

2014.08.05

HIPHOP_send2
DJ HACKsをごらんのみなさん、こんばんわ!DJ SHOTAです。
SiCK!〜おすすめHIPHOP〜】のコーナーでは、
ブラックミュージックが好きな方から、まだあまりよさがわからないという方まで幅広い読者層へ向けて
定番のものから今旬な流行のものまで極上のおすすめHipHopをご紹介します。

Fancy / Iggy Azalea ft. Charli XCX

iggy4
出典:News | Pitchfork


2014年2月17日にリリースされた『Fancy』をご紹介します!
この曲の歌詞の内容は、一言では言えませんが、「私ってとってもファンシーよね」という歌詞が特徴的です。
ファンシーは、日本語で言うところの、”豪華で高級“、”きらびやかな感じ“を意味しています。
iggy1
出典:Iggy Azalea REVOLVE Clothing Summer
ラップ部分を歌うこのブロンドの長い髪に真っ赤なリップが特徴的な女性が、Iggy Azalea (イギー・アザリア) です。
オーストラリア出身で現在はアメリカのL.A.を活動拠点に、いろいろなところでひっぱりだこな女性ラッパーです。
奇抜で大胆ド派手な彼女、実はアルバイトでお金を貯めてアメリカに渡り、ラップ一本でのし上がってきたという苦労話もあります。
Ariana Grandeのヒット曲『Problem』にフィーチャリングしたことでも話題になりました。
IGGY AZALEA, ARIANA GRANDE
出典:iggy azalea and ariana grande
この曲はアメリカのラジオ番組に大々的にピックアップされてからラジオで聴かない日がないくらいのプッシュ曲になりました。
Music Videoが4月6日にYouTube上で公開されてからさらに人気に火がつき、世界中でかかるようになりましたね。
日本でもクラブやパーティーではもちろん、アパレルショップや音楽情報番組などでも頻繁に耳にします!
独特なリズムがオシャレなせいか、センスのいい音楽として認知されています。
クラブでもこの曲は欲を言えばイントロ部分から聴きたいですね!
イントロから入れなくても、少なからずこのイントロを聴かせながらMIXするくらいにはしてもらわないと。
『Fancy』のMusic Videoのこのストーリー、元ネタは「Clueless」という1995年のアメリカのコメディ映画です。

iggy3
出典:Iggy Azalea Recreates Clueless in New Music Video
よく見たらパロディのようにそっくりですね!実際の映画に出演していたキャストもこのMusic Videoに映っています。
それにしてもIggy Azaleaは背が高いですね!身長はなんと178センチでモデルもやっているマルチなタレント。
iggy5
出典:Fashion. Music. Lifestyle
フィーチャーアーティストとしてこの曲でサビ部分を歌っている黒髪の女性が、Charli XCX (チャーリー・エックス・シー・エックス)です。
イギリスのシンガーソングライターで、Icona Pop (アイコナ・ポップ) の『I Love It』のフィーチャリングでもおなじみですよね。
iggy6
出典:Impress Your Peers | IYP
サビに「From L.A. To Tokyo」っていう歌詞があって、「TOKYOだ!」ってなりました!笑
女性ラッパーって、男性ラッパーとまたちがった視点からのラップだからおもしろいですよね!
しかもIggy Azaleaが美しい女性だからこそ、男性を誘惑したり挑発したりするところが栄えて聴こえます。
日本人にこういう音楽がなじまれにくいのは、オシャレにエロく踊るという文化がなかなかピンとこないからだと思います。
HIPHOPも英語のラップの意味がわからないと、なかなか魅力がわかりづらいかと。
ですが、世界中で流行っている曲というのは、その曲がもつ根本的な音楽的なよさがあるはずです。
元気に盛り上がる曲ばかりがクラブミュージックではありません。
メロウな甘い雰囲気のただよう曲が流れてきたときに、ムードを感じて体を揺らせるようになれたら、音楽の世界に入り込んでたのしめている証だと思います!
『Fancy』の歌詞の和訳が知りたい方へ、おすすめの記事です。
『Fancyファンシー』 歌詞&和訳