【速報】Pioneer (パイオニア) がDJ機器事業の売却を正式発表

2014.09.16

Pioneer (パイオニア) は9月16日(火)、DJ機器事業の売却を正式発表しました。
http://pioneer.jp/corp/news/press/2014/pdf/0916-3.pdf
pioneerdj
出典:http://danmaga.net/
パイオニアのDJ機器事業は、アメリカの投資ファンド「Kohlberg Kravis Roberts & Co. L.P. (KKR)」の傘下の「PDJホールディングス」に、2015年3月2日に590億円で売却するとされています。
株式の85.05%をKKRが保有し、パイオニアは14.95%の議決権を保有するという条件で、会社分割という形での株式譲渡契約。
今後もパイオニアのDJブランドを使用し、製品もパイオニアとして出していくみたいです。
以前にもDJ機器事業を売却するのではとネットで騒然となりましたが、ついに正式に売却が発表されました。
KKRをパイオニアDJの更なる成長達成のためのよきパートナーとしていますが、実際のところはどうなっていくのでしょう。
新作ターンテーブルの発表でDJ業界に希望を与え大きな話題となったばかりでしたが、パイオニアのDJブランドがなくなることはないみたいで安心ですね。