1位は130億円も稼いでる!? 2014年世界でもっとも稼いだ女性シンガーランキング TOP10

2014.11.10

Forbes誌が先日、音楽業界で2014年にもっとも稼いだ女性シンガー10名を発表しました。
関連リンク
賞金王はだれだ!? 世界で最も稼いでいるDJランキング2014が発表!1位はやっぱりあの人だった!

2014年 世界で最も稼いだ女性シンガーランキング

Forbes誌が発表した、2014年世界で最も稼いだ女性シンガー上位10名です。
*ドル換算は、2014年11月10日時点のレートで、1ドル=約114円とします。

1位 Beyonce

beyonce1
出典:billboard
$115 million = 131億1000万円
、、、、、もはや、言葉が出ません。130億円です。
ビヨンセにとって、2014年はツアーに専念した特別な1年となりました。
95ものショーを世界各都市で行い、各都市で$2.4 million (=約2億7360万円) ほどのギャラを得ました。
なんと2013年12月にリリースしたアルバム『Beyonce』は、1ヶ月で2013年のトップセラーアルバムとなるほど売れに売れました。
それにしても、130億円、、、
このビッグすぎるビッグカップルは一体、どこに向かっていくのでしょうか。。
beyonce2
出典:billboard

2位 Taylor Swift

taylor-swift1
出典:billboard
$64 million = 72億9600万円
テイラー・スウィフトの2014年は、彼女自身一番ギャラを稼いだ年となりました。
ライブ・ショーの出演、曲の売り上げ、CoverGirlやダイエット・コークのプロモーション契約が決め手のようです。
最新アルバム『1989』は、2014年トップセラーになるであろうと言われ、リリース後1週間で100万枚のセールスを記録しました。
関連リンク
歌詞に共感する女子が急増中!世界が恋するシンガーソングライター「Taylor Swift(テイラー・スウィフト)」

3位 P!NK

pink1
出典:billboard
$52 million = 59億2800万円
ピンクの2014年はコンサートツアーで世界各都市を飛び回る1年でした。
その数なんと85回のショー・ライブを行い、各都市で$1 million (=約1140万円) を超えるギャラを稼ぎました。
曲を出していないのであまり名前を聞く機会がありませんでしたが、3位にランクインするほど頑張っていたみたいです。

4位 Rihanna

Rihanna1
出典:PrettyStatus
$48 million = 54億7200万円
リアーナは、不動の人気を誇るカリスマ女性シンガーとして知られていますよね。
twitterのフォロワー数が3700万、facebookのファン数が9000万と、SNSの影響力が強いところもポイントのようです。
Jay-ZやEminemなど有名アーティストとコラボレーションし、ヒットソングを連発しました。

5位 Katy Perry

katy-perry1
出典:billboard
$40 million = 45億6000万円
ケイティ・ペリーは、年間20本のコンサートツアーを行い、さらにプライベートイベントでも稼ぎました。
CoverGirlの契約もあり、モデルとしても活躍する彼女は多方面で収入を得ています。
ちなみに、ケイティ・ペリーはジャスティン・ビーバーを抜いて現在twitterのフォロワー数が世界1位なんです。

6位 Jennifer Lopez

jennifer-lopez1
出典:billboard
$37 million = 42億1800万円
ジェニファー・ロペスが、マイリーサイラスやレディ・ガガをおさえて6位にランクイン。
一番の決め手は、2014年のサッカーワールドカップ・ブラジル大会の公式テーマソングとなった『We Are One』の売れ行きと話題性でしょう。
ピットブルとコラボして世界中のサッカーファンまでも魅了しました。

7位 Miley Cyrus

Miley-Cyrus1
出典:Youth Village
$36 million = 41億400万円
何度も何度も話題をかっさらってきたマイリー・サイラス。もうハンナ・モンタナ時代のかわいらしかった少女ではありません。
人々を驚かせるようなことばかり仕掛けてくる彼女を見て、以前とのギャップが埋められずにいるファンも多いでしょう。
新作アルバム『Bangerz』も売れ行きがいいみたいです!

7位 Celine Dion

celine-dion1
出典:billboard
$36 million = 41億400万円
メディアで名前を聞くことが少なかったセリーヌ・ディオンが7位にランクイン。
一番大きな決め手は、ラスベガスでのレギュラーショーです。他にもヨーロッパツアーやカナダツアーが大きく影響しています。
ラスベガスは世界一のショービジネス街ですから、お金をふんだんに使ってきますね!

9位 Lady Gaga

lady-gaga1
出典:billboard
$33 million = 37億6200万円
Lady Gagaの名前もだいぶ聞かなくなりましたね。一時は「ガガ様」などと呼ばれ日本でも大人気だったレディ・ガガ。
2011年は$90 millionも稼いでいただけに凋落っぷりが露呈しています。
巻き返しを図ろうとしたアルバム『Artpop』も以前ほどの注目を集められず、9位に後退しています。

10位 Britney Spears

britney-spears1
出典:billboard
$20 million = 22億8000万円
ブリトニー・スピアーズは、最新アルバム『Britney Jean』がヒットしたのと、ラスベガスでのショー契約が決め手。
最初は1回のショーで$315,000 (=約5700万円) で引き受けていましたが、うわさによると現在は一晩$500,000 (=約5700万円)にもギャラが跳ね上がっているようです。
さすがラスベガス!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
正直Beyonce (ビヨンセ) には引きました。というより、コメントする言葉が見つからないというか。
2位のテイラーの約2倍です。ちなみにテイラーの70億円はEDMアーティストで一番稼いでいるカルヴィン・ハリスとほぼ同額。
ビヨンセは、カルヴィン・ハリスの2倍も稼いでいるということになります。
1年で130億稼ぐって、、、まるで企業みたいですね。
みなさんが思う、今人気ある女性シンガーってだれですか?
このランキングに入っていなかった女性シンガーで、今一番注目されている女性シンガーといえば、きっとAriana Grande (アリアナ・グランデ) が思い浮かぶでしょう。
ヨーロッパの音楽授賞式「MTV EMA 2014」では、ベスト・フィメール賞を受賞し、彼女のシングル『Problem』はベスト・ソング賞を受賞しました。
アリアナ旋風を巻き起こしてきた1年だったと思いますが、10位以内にランクインしていないということは、やっぱり収入は曲の売れ行きだけではないということになりますね。
ライブやツアーも重要です。また、どこでツアーをやるかも大きな要因となってくるみたいです。
ラスベガスのようにお金をわんさか使ってショービジネスをするところに行けば、破格なギャラを提示してくるでしょう。
来年、アリアナがこのランキングに食い込んでくることを楽しみに待っています!
オリジナルソース: Highest-Paid Women In Music 2014