パーティーピーポーなら誰しも憧れる!夏を感じるプールパーティーPV特集!

2014.05.30

Justin-bieber-beauty-and-a-beat-justin-bieber-32456265-786-430
こんにちわ!DJ SHOTAです。
5月に突入してG.W.も過ぎ、気温も30度近くある日も最近はあるくらい、夏に近づいてきたなと日々感じます。
そこで!パーティーピーポーならだれしも憧れる、ド派手なプールパーティーのミュージックビデオを一挙ご紹介したいと思います!
こちらはKaskade(カスケード)というアーティストがプールパーティーでDJをしているビデオです。

やばすぎます。開放的な気分になれますね。
スマホからだとyoutubeの再生が遅いと思うので、音楽だけ聞きたい方様に音楽再生だけのバージョンも貼っておきます。
それでは一気にご紹介していきます!

[adsense]

1. Shots / LMFAO feat. Lil Jon


プールパーティーといえばこの曲が大定番!
Shot, Shot, Shot, Shot, Shot… Everybody!」のフレーズで大流行したクラブといったらこの曲とも言えるクラブ・アンセム。
何度見てもこのミュージックビデオはかっこいいです。
LMFAO(エル・エム・エフ・エー・オー)の2人とLil Jon(リル・ジョン)が、ビキニ姿の美女たちとボトルの酒を飲みながらプールサイドで踊り狂うという、まさに誰もが憧れる夢のようなパーティー。
このミュージックビデオのロケ地は「TAO BEACH」というアメリカのラスベガスにあるヴェネチアン・リゾートホテルのビーチで、
普段から毎週日曜日にプールパーティーが開かれているみたいです。
おばあちゃんまでウォッカのショットを飲まされているのが笑えるところですよね。笑

2. Don’t Stop The Party / Pitbull feat. TJR


Pitbull(ピットブル)の代表的パーティーアンセムのミュージックビデオも舞台はセレブリティプールパーティー。
ヤシの木が並ぶ豪邸でのどちらかというと少人数でのプライベートパーティーで、これも憧れるポイントですね。
クルーザー3艘を並べて沖でパーティーするシーンも、非現実的すぎてすごいなーと思うところです。
たくさんの美人女性がでてきて、人間の欲望にまみれたパーティーといったイメージがありますね。
まさに曲のタイトル通り、”Don’t Stop The Party” (このパーティーをやめるな!)なのでしょう。
この曲はTJRの「Funky Vodka」というハウス・チューンをサンプリングしたものですが、
ミュージックビデオに出てくるTJR(ティー・ジェー・アール)もすごくたのしそうです。笑

3. Alive / Krewella


Krewella(クルーウェラ)の代表的サマーソング「Alive」。
オフィシャルミュージックビデオはまた別にあるのですが、
これはアメリカのフロリダにあるDaytona Beachで開催された「PLAY HARD」というライブのムービーです。
ビーチ沿いにある大きいプールのでのパーティーですが、なんといっても、たのしそう!!
昼間っから開放的な野外でパーティーするのもいいですよね。
日本では神奈川県の江ノ島・由比ケ浜・逗子などの海の家で毎年夏に野外イベントがありますが、
周囲の民家の騒音問題などで近年は規制傾向にあります。
なので今年の夏はまたどうなるかわかりませんが、こういう絶対たのしいものを規制する日本ってどうなんですかね。

4. Beauty And A Beat / Justin Bieber feat. Nicki Minaj


プライベートでもお騒がせの若きスター、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の「Beauty And A Beat」。
撮影地は、カリフォルニア州サンディマスにあるRaging Watersというウォーターパークみたいです。
ビデオカメラを自分で回して撮っていくのがおもしろいミュージックビデオですね。
昼間のプールパーティーもいいですが、夜の幻想的なプールもいいですね!
そしてこの曲、実は「Clarity」や「Stay The Night」でおなじみのEDMアーティスト、Zeddが作詞を担当していることに驚き。
全然関係ない話ですが、みなさんは水の中で目を開けることができますか?笑

5. Live While We’re Young


One Direction(ワン・ダイレクション)のアガる曲といえばこの曲!
プールというよりは湖畔ですが、あの水の中で回転するボールのアクティビティ「ウォーターボール」に憧れ、選んでみました。笑
若さと青春を感じる、彼ららしいたのしそうなミュージックビデオですよね。
ロケ地は、イギリス・イングランドのケント州にあるLoyal Tunbridge Wells(ロイヤルタンブリッヂウェルズ)というところです。
ロンドンから近いみたいなのでイギリスに旅行を予定している方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
若いんだから今をたのしもうよ“という意味の歌詞のこの曲は、クラブでは大合唱まちがいない定番曲になっています。
レッツゴー!クレイジークレイジークレイジー、○!※□◇#△!って感じで最初しか歌えない方が多いと思うので、和訳とともにサビの歌詞を載せておきますね。笑

Let’s go crazy, crazy, crazy till we see the sun
さぁいこうぜ!朝日が昇るまで暴れまくろう!
I know we only met but let’s pretend it’s love
出会って間もないけどまるでカップルみたいに愛し合ってみようよ
And never, never, never stop for anyone
誰かにそれを止める権利なんてないんだから
Tonight let’s get some and live while we’re young
今夜だけはハメ外してさ、若さって時間を味わおうよ
And live while we’re young
ぼくらは若いんだからさ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どれも非現実的ですばらしいプールパーティーで、自分もそこに参加してみたくなっちゃいますね。
最後のOne Directionの歌詞にもありますが、若いんだから開放的になって羽目外そうぜってノリは大事だと思います。
それはプールパーティーに限らず、パーティー文化の一番大切な部分ですからね。
この夏、みなさん、積極的にいろんなパーティーに繰り出してみましょう!!
若いって最高です!!