最新音楽情報をチェック!現役DJが行う音楽情報をキャッチする方法3選

2014.12.18

DJ入門講座の第3回目です。
今回は、DJをするのに必要な音楽情報をキャッチする3つの方法をご紹介します。
DJをやる方はもちろんのこと、DJじゃないダンスミュージックファンの方にも役立つ情報になっています。
DJ_new_send_col_3

DJたるもの、音楽を”ディグる”習慣をつけるべし!

DJとしての心得のひとつに、「音楽をチェックする習慣をつける」というものがあります。
*音楽をチェックすることをDJの間では、「ディグる (=掘る)」と言います。
DJはミュージックセレクターです。
お客さんより曲を知らないなんてことがあってはなりません。
いろいろな曲を知っている上で、「こんな曲はどうですか?」と提案するのが仕事です。
クラブの魅力は、DJが選曲した世界標準の最新音楽を聴くことができるところですよね。
そのためにクラブDJは、常に最新の音楽情報に敏感でいなければなりません
また、音楽の世界はとても深くて広いです。
誰もが知ってる往年の名曲から、有名にはならなかった隠れた名曲まで、この世界にはいろいろな音楽が膨大に存在します。
最新のヒット曲をチェックしているだけでは、深みのあるDJにはなれません。
お客さんも知らなくて、掘り出し物のようなおすすめ名曲を提案できるDJは、最高にクールでかっこいいです!
こちらから積極的に名曲を探し、常にいろいろな音楽に出会いましょう。
その習慣が、DJとして成長していく大事な基盤となります。

じゃあどうやってディグればいいの?

ディグるといっても、どうすればいいんですか?という疑問が生まれますよね。
チェックするやり方は人それぞれあっていいと思いますが、今回はこちらからいくつかディグり方をご提案したいと思います。

1. 音楽情報配信サイトをチェック

最新の音楽情報を配信しているサイトは、大きいところから小さいところまでネット上にたくさんあります。
それぞれのサイトに特徴があるので、複数の音楽サイトをおさえておくのがよいでしょう。
また、DJ HACKsのようにアーティストやテーマ別にまとめてセレクトし、曲紹介をしているサイトもあります。
手が届かなかった思わぬ名曲に出会うことができるのが、まとめサイトのいいところです。
NAVERのまとめは結構適当なことが多いので、ひとつの参考としてはいいですがあまりおすすめしません。

海外のブログメディアをチェックするのが一番理想

workstation-405747_1280
ダンスミュージック自体、海外が本場ですよね。
本当に最新情報をチェックしようと思ったら、まず海外のサイトを見るのが筋です。
それを翻訳し、日本語のサイトが記事を書くわけです。
英語ができる方には、海外のブログメディアをチェックすることをおすすめします。
このアーティストがこの曲を出したということだけわかればいいので、もちろん英語に自信ない方もチャレンジしてみてください。
私DJ SHOTAも、毎日海外のブログメディアは欠かさずに目を通しています。

音源配信サイトからチェック

音源配信サイトというのは、iTunesやBeatport、DJCITYなどのことです。
最新曲はどんどん更新されていくので、そこをまずチェックしてみましょう。
また、レコメンド(おすすめ)やランキングも必見です。
これらからトレンドがわかるので、トレンドを押さえておくことが大前提のDJにとって、とても役に立ちます。

2. クラブで”Shazam”する

ミュージックセレクターを務めるDJのいいと思った曲を聴くことができるのがクラブです。
クラブで流れている知らなかった曲をShazamするのってとてもいいやり方だと思いませんか?
そのクラブで回しているプロDJも、日々いろいろな音楽をディグっています。
ディグった人がセレクトした曲をディグる“ことほど、効率のいいことはありませんよね?
ウェブ用語でいうと、キュレーターによるキュレーションをチェックする、
身近な表現でいうと、2chのまとめサイトを見る、のと同じようなものです。
現在はShazamSoundHoundのように、今流れている音楽を検索して曲名を教えてくれるアプリがある便利な時代です。

ShazamとSoundhoudってどっちがいいの?

正直、どちらも性能はすばらしいです。
曲検索したあとに、検索結果のタグからその曲の一部を再生し、本当にその曲なのかどうかを聴いて確認することができます。
そしてチャートも充実していて、全世界で他の人たちが検索している曲のランキングを見ることができます。
私は両方使っていますが、しいていうならば、Shazamの方が検索するまでに時間がかかります。
Soundhoundに関しては、音楽をそんなに長く聴かせなくてもすぐ検索結果が出てきます。
両方とも検索に関しては優秀なので、どちらかで検索できなかった場合にちがう方でも試すという2枚使いのやり方がよいでしょう。

Shazam – 音楽検索
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: 無料
Midomi SoundHound
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: 無料

3. DJのMIXをチェックする

クラブに遊びに来てくれるお客さんに「曲を知るきっかけってなに?」って聞いて回っているのですが、
一番多いのがこの答え「MIX CDを買ってるよ」です。
TSUTAYAやタワレコ、ドンキなどではクラブミュージックのMIX CDのコーナーがあり、充実しています。
CDを手に取り購入してそれを日々の生活の中で聴く、という行動パターンが主流のようです。
一番身近っちゃ身近なので、それも納得できます。

おすすめはSoundcloudとMixcloud

ちょっと慣れてきた人におすすめしたいサイトが、SoundcloudMixcloudです。
世界のDJがセレクトした最高のミックスが、世界中からたくさん集まっています。
音源がありすぎるので、ディグればディグるだけ自分に跳ね返ってきますよ。
DJ上級者には、Soundcloudで掘って勝負している人も多いです。
Soundcloudに関しては、MIX音源を無料でダウンロードできるものもあるんです。
Mixcloudは視聴のみになっています。
有名DJが毎週アップしてる連載シリーズのMIXでは、常にいろいろなアーティストの最新曲をどんどん教えてくれます。
テーマ別のミックスだと、往年の名曲やそれに似たグルーヴの曲を知ることだってできます。
ミックスというものは、ミックスした人が時間をかけてつくった最高傑作レベルの作品なのです。
言うなれば、自分の身代わりのようなものです。それによって自分の評価も決まるため、力を入れています。
ですから、そのミックスから知らなかったGOOD MUSICに出会えるチャンスは数知れず!

URLはこちら
Mix Cloud
Sound Cloud

DJ HACKsのMixcloudもいい感じ!

DJ HACKsのMixcloudでもさまざまなテーマのミックスをアップしていますので、ぜひ日々の生活にお役立てください。
DJ HACKs Mix Series

ちなみに余談ですが、なぜアーティストでまとめたミックスばかりつくるのかというのには意図があります。
なぜかというと、この曲知ってるけどこのアーティストの曲だったんだ!っていうリスナーの体験を狙っているからです。
曲は聴いたことあるけど誰の曲かわからないってケースありますよね?
秩序がとれていないモヤモヤを秩序づけるのにもっとも有効な手段がアーティスト別に分けることだなと考えています。

ミックスとリミックスのちがい

これが勘違いしやすいのですが、みなさん “ミックス” と “リミックス” のちがい、わかりますか?
よく聞かれるので、知らなかったという方はここで覚えておきましょう。
ミックス (MIX) は、いろいろな曲を文字通りミックスしてつくった数十分に渡る音源のことです。
リミックス (REMIX) は、原曲をアレンジして再びちがうバージョンとして新しく生まれた音源のことです。
ざっくり言うと、ミックスは何曲も収録されている長い音源で、リミックスは原曲をアレンジして別のバージョンとして作った1曲の音源です。
指しているものが全然ちがうことがわかると思います。
言葉にする機会は少ないでしょうが、ここらへんの区別は当たり前にできるようになっておくといいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
多くの人が曲を知っていく、音楽の世界に入り込んでいくというごく地道なことが、日本が海外に近づいていく一番の近道だと思っています。
それだけでフェスの盛り上がりもちがいますし、クラブシーンもよくなると思うんです。
知りたいと思っているけどそのやり方を知らない、という方がほとんどだと思うのでいくつかご紹介させていただきました。
次の記事で音楽情報をキャッチする上で必要な情報サイトをまとめていくので、是非ご覧ください。
これを機に、DJ初心者の方も、ダンスミュージックファンの方も、世界の音楽を掘っていきましょう!