まるでお花畑!Zeddのセカンドアルバム収録曲『Daisy』にまつわる温かイイお話

2015.05.22

5月19日(火)にリリースされたZeddのセカンドアルバム『TRUE COLORS』、みなさんもうチェックしましたか?
今回ご紹介したいのは、アルバム収録曲の中でも一際輝く、うっとりするほどきれいな曲『Daisy』です。
ゼッド本人がその地を訪れて書き上げたという、気持ちの込もった1曲についてお話しします。
zedddaisy3
出典:RUKES.COM

アトランタ郊外の小さな田舎街の大自然をイメージ

zedddaisy1
出典:SPIN
ゼッドのセカンドアルバム『TRUE COLORS』といえば!そう、一風変わった斬新なプロモーション方法ですよね。
簡単に説明すると、ゼッドはアルバム収録曲を1曲ずつ発表していきました。
それもおもしろくて、それぞれファン50人を集めたお披露目パーティーを開き、アメリカのいくつもの都市で開催しました。
洞窟の中や砂漠、刑務所の中など場所の選び方にもかなりの工夫を凝らし、一躍話題となりました。
その中でこの『Daisy』という曲は、アトランタの郊外にある小さな田舎街「Serenbe (セレンビー)」というところのある牧場で行われたのです。

Zeddのセカンドアルバム『True Colors』をまだ聴いていないぞという方へ
▶︎ Zeddのセカンドアルバム『TRUE COLORS』リリース記念!Zeddの曲だけを集めた新しいMIXをつくってみました

舞台となった「セレンビー」ってどんな街なの?

zedddaisy4
出典:Fabyoubliss
セレンビーは、アメリカ・ジョージア州アトランタから車で約45分ほどの、チャットフーチーヒルズカントリーの中にある小さな田舎街です。
一番の特徴は、都市化されることを避け、土地の開発を規制してきたこと。
言い換えると、ほぼ自然そのままで、人間のテクノロジーをうまく使いながら自然と人間とが理想的な共存をしている街なのです。
この街では、「Nature, Passion, Creativity, Community(自然、情熱、想像力、地域)」の4つの要素を大事にしてきたとか。
すばらしい大自然に囲まれた誰もが憧れる街、実は観光客にも人気なんだそうです。

セレンビーの”Daisy”があまりも美しいあまり、ゼッドは曲を書いた

daisy1
出典:hqwallbase
セレンビーの美しい風景のひとつとして、ひな菊の花が有名です。
勘の鋭い方はおわかりでしょう、ひな菊=デイジーなわけですよね。
この曲のタイトルはこのお花畑からきています。
ゼッドにとって、このセレンビーのひな菊畑は自分のエモーションを表現するのに完璧な場所なのだそうです。
大自然の美しい光景を目にして、美しさや自由さを感じ、それを曲にそのままぶつけたのがこの『Daisy』という曲。

この曲を書いているときのゼッドを想像してみてください。
どんな気持ちでこの曲をつくっていたのか考えるだけで、幸せをおすそ分けしてもらえるような気持ちになりませんか?
ゼッドは感受性が人一倍豊かそうなイメージ。
イメージ通りにつくったせいか、あえてBPM (曲の速さ) も”112″で、ゆっくりな感じの癒し曲になっていますよね!
ぜひみなさんに一度聴いてみていただきたい1曲です。

Zeddのセカンドアルバム『TRUE COLORS』は現在iTunesにて配信中

ZEDD-TRUE-COLORS2
2015年5月19日(火)にリリースされてから、ファン待望のゼッドのセカンドアルバムはiTunes総合チャート1位を獲得!
EDMとPOPの要素を兼ね備えたゼッドらしい楽曲は日本人にも大好評、相当な人気のようですね。
2015年は6月と8月にすでに来日が決定しているなど、「今年はゼッドの年になるのでは!?」との声もあるほどです。
単独ライブやサマソニに行く人はたのしみですね!
まずはまだチェックされてない方、iTunesやDJ HACKsのミックスで全曲聴いてみてください!