世界3大EDMフェス「EDC (Electric Daisy Carnival)」

Blog by DJ HACKS

2015.01.18

今回は、ラスベガスで開催される世界最大級のEDMフェスのひとつとして知られる
Electric Daisy Carnival」をご紹介したいと思います。
edc12
出典:twitter
2016年7月、EDC JAPAN上陸決定!
【速報】世界三大EDMフェス「EDC」、2016年7月に日本初上陸が決定!!

EDCって?

edc4
出典:twitter
Electric Daisy Carnival(エレクトリック・デイジー・カーニバル、通称: EDC)は、1997年にLA(ロサンゼルス)にてスタートした、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の祭典です。
EDMと名前が似ているEDCですが、意味は全然ちがいます。
edc13
出典:twitter
2010年からラスベガスに舞台が移り、現在では世界中からEDMファンが集う世界的な巨大ダンスイベントになっているEDC。
2015年時点では、アメリカのラスベガス、ニューヨーク、オーランドの3都市、プエルト・リコ、メキシコ、ブラジル、さらには日本にまで規模を拡大しています。
当初はEDCは北中米で開催されるEDMフェスというイメージでしたが、世界展開を試みている最中なんですね。
また、Ultra Music Festival、Tomorrowlandと並んで、世界3大フェスのひとつともされています。
edc10
出典:twitter

EDCについてもっと知る
EDC オフィシャルサイト(英語)

フェス会場はカーレース場!?

EDCLV2
出典:twitter
EDCの本家「EDC Las Vegas」の舞台、これがまたおもしろいんです。
「ラスベガス・モーター・スピードウェイ」というカーレース場一帯をフェス会場にし、華やかでカーニバルのような体験型フェスであることが特徴的です。
お客さんは派手なコスチュームに身をつつみます。日本でいうハロウィンみたいなイメージでしょうか。
edc8
出典:twitter
音と連動する花火や映像、レーザー、スモーク、観覧車のある遊園地や食事ができるお店も整っています。
遊園地があるフェス、とても楽しそうですよね!
edc6
出典:twitter
ステージのデザインもかなり凝っていて、装飾にも力を入れています。
EDCのきれいなライトショーは定評があり、音楽以外にも楽しめるコンテンツです。
edc9
出典:twitter
名前の通り、カラフルでまさにカーニバル
EDCを実際に体験した人たちの間では、地上の楽園と言われているようです!

YouTubeのムービーを見る限り、自分だったらこどものように走り回りたくなっちゃいます!

砂漠ならではの40度越え!

lasvegasedc
出典:TRAVEL.COM.VN
ラスベガス、元々はネヴァダ州の砂漠に大富豪や大企業たちが大量のお金を投入してたてた街です。
街の周りは基本的に、みなさんがアメリカのウェスタン・カントリーをイメージするような砂漠地帯です。
びっくりすることに、この時期のラスベガスは最高気温が40度に及び、最低気温も27度近くあります。
あつすぎる気温に思えますが、日本のように湿気は少なくカラッとしているのでまだ過ごせる方です。
私が2014年8月にラスベガスに行ったときも、38度を経験しましたが、そんなに蒸し暑いなと思うことはありませんでした。
ただでさえ暑い中、音にあわせて体を動かすため、毎年熱中症で倒れるお客さんもいるみたいです。注意が必要ですね。

8つのステージ、180人の出演者

Bor5sE-CAAAjyMk
出典:twitter
2014年は8つのステージで3日間で総勢180人のDJが出演しました。
EDMシーンのトップDJたちが全員集合するオールスターフェスになっています。

EDC 2015

EDClv1
出典:twitter
このフクロウのキャラクターがマスコットになっています。
ラスベガスでのEDC、今年もすごい規模で開催されました!

ラスベガス以外のEDCもすごいので、オフィシャルトレーラーをひとつずつ見ていきましょう。

7つのオフィシャル・トレーラー

★2月 EDC PUERTO RICO

★2月 EDC MEXICO

★5月 EDC NEW YORK

★6月 EDC LAS VEGAS

★11月 EDC ORLANDO

★12月 EDC BRAZIL

★7月(2016年) EDC JAPAN

まとめ

edc11
出典:twitter

EDC まとめ
▶︎ 世界3大フェスのひとつ
▶︎ ラスベガス(6月)がメイン、ニューヨーク、オーランド、プエルト・リコ、メキシコ、ブラジル、日本でも開催
▶︎ ラスベガスでは、カーレース場一体をフェス会場に
▶︎ 40万枚のチケットが売れる(2014年・ラスベガス)
▶︎ 8つのステージ、180人を超える出演者

いかがでしたでしょうか。
EDCが地上の楽園といわれるゆえん、おわかりいただけましたでしょうか?
世界にはいろいろなフェスがあるんですね!
世界のエンターテイメントが集まる街、ラスベガスでのEDMフェスにはぜひ一度行ってみたいものです。
このように海外のフェスが巨大規模にもかかわらずうまくいっているのは、お客さんのマナーのよさと心から音楽を愛してることにあると思います。
日本のフェスでも、マナーのよさに関してはこれからの課題ですよね。
フェスの規模が大きくなる上で必ずついてまわる問題がこれです。
日本のEDCもたのしみです!