ブッキングのセンスがピカイチ!アメリカ三大フェス「Coachella 2016」のラインナップが発表

2016.01.05

“音楽ファンが毎年楽しみにしている音楽フェス”といえば、「Coachella」は確実に挙がるところでしょう。
「Coachella 2016」のラインナップがさっそく発表されました!
coachellla2016_1
出典:91X

死ぬまでに絶対行きたい!アメリカ三大フェス「Coachella」

coachella2015_1
出典:wegotthiscovered
“Coachella”
正式名称は、「Coachella Valley Music And Arts Festival」。
Coachella (コーチェラ) はその名前からもわかる通り、”Valley” (谷) で開催される音楽とアートのフェス。
舞台は、アメリカのカリフォルニア州・インディオにある、コーチェラ・ヴァレーという砂漠地帯。
日本でいうフジロックみたいに、都市部から車で何時間かかけて行くような大自然の中で行われるフェスなのです。
4月の半ばあたりの2週にわたって、1(金・土・日)+2(金・土・日)の計6日間で行われます。
「規模がデカすぎる!」ということから、ロラパルーザ、ボナルーとともに、アメリカ三大フェスの1つとされています。
coachella3
出典:Lockerdome
音楽のジャンルはさまざま!EDMやHOUSE、ROCK、そしてHIPHOPまで!
いろいろなジャンルの有名アーティストのライブを臨場感のある巨大ステージで聴くことができる夢のような祭典。
“死ぬまでに行きたい世界のフェス”という見出しで、いろいろなサイトでフェス特集が組まれることが多いですが、必ず名前が挙がるくらい世界的に認知されているのがコーチェラなんです。

Coachella 2016 ラインナップ発表

coachella2016-lineup
出典:YourEDM
こちらが2016年のラインナップになります。
2016年は、4月15日(金)・16日(土)・17日(日)、22日(金)・23日(土)・24日(日)の6日間開催されます。

Calvin Harrisがヘッドライナーに!

EDMシーンからは、なんといってもヘッドライナーのCalvin Harris (カルヴィン・ハリス)。
彼は1億円以上のオファーでも断るものは断るみたいで、出演するフェスやイベントをかなり絞っている様子。
そんな彼がめずらしく出演、それもコーチェラだからこそ実現できたのでしょう。相当な額のお金を積んでいそうです。

Jack ÜやMajor Lazer、Zeddも!

Jack Ü (ジャック・ユー)、Major Lazer (メジャー・レーザー)、Zedd (ゼッド) など有名どころもラインナップに名を連ねました。
あとは、2015年にヒット曲『Roses』がビルボードチャートで騒がせたThe Chainsmokers (チェインスモーカーズ) に注目したいです。
コーチェラは特に、時の人というか「今見たいな」ってアーティストを選ぶセンスが他のフェスに比べて群を抜いているイメージがあります。
もちろん時の人・KSHMR (カシミア) や、高い音楽性を評価された音楽家・Lido (リド)、そしてTropical House系のMatoma (マトマ)、Thomas Jack (トーマス・ジャック)、Sam Feldt (サム・フェルト)などもラインナップされています。
HIPHOP勢からは、A$AP Rockys (エイサップ・ロッキーズ)、Rae Sremmurd (レイ・シュリマー)、G-Easy (ジー・イージー)、DJ Mustard (DJマスタード)などなど。

2015年のラインナップとの比較

こちらが2015年のラインナップです。
EDMシーンからは、Alesso, Axwell ∧ Ingrosso, David Guetta, Deorro, DJ SNAKE, Flosstradamus, Kaskade, Oliver Heldens, R3hab, Yellow Clawなどが出演していました。
coachella_2015lineup
出典:YourEDM

まとめ

いかがでしたでしょうか。
このフェスが皆さんと何が関係あるのか?というと、毎年ネットでライブ中継され全世界で見られるフェスなのです。
今年もおそらくライブストリーミング配信が行われるため、皆さんもパソコンからリアルタイムで参加することができます。
今年のラインナップも、ブッキングの方のセンスがあふれるそうそうたるメンツが揃ったため、おもしろそうです!
コーチェラのおもしろいところは、2年連続で出演しているアーティストがそうそういないこと。
だからこそ新鮮なライブステージを見ることができるわけです。
日本でもこれから音楽フェスが多くなっていきますが、”ラインナップの真新しさ”も今後の一つのキーワードになっていくと思われます。