【毎週更新】現役DJが紹介するおすすめHIPHOP【2016年版】

2016.12.24

今週のおすすめHIP HOP・R&B (2016/03/24) by DJ SUGI

はじめまして、DJ SUGIです!
東京の福生、六本木など、在日米軍が多く集まる”US HIP HOP”をリアルに体感できるCLUBを中心に活動しています!
今回は現在HIP HOPシーンの主流である”DIRTY SOUTH”の代表曲を主要都市別に5曲紹介したいと思います。

1.) Put Yo Hood Up

アーティスト: LiL Jon & The Eastside Boyz
リリース日: 2001/05/22
ジャンル: HIPHOP

地域: 【アトランタ / ジョージア州】
SOUTHの中でも最も勢いのあるアトランタ!
アトランタといえば、やはり「CRUNK MUSIC」の生みの親・LIL JON (リル・ジョン)!!
地元のハンドサインを上に挙げて暴れまくるこの曲は、まさにTEAR DA CLUB UP (クラブを壊す)!

DJ HACKs的一言

クランク・ミュージックとは、ラップのスタイルの一種です。
電子音的なシンセサイザーと、重低音の効いたベースラインにシャウト (叫ぶようなラップ) を乗せたようなスタイル。
まさに今もバリバリ第一線で活躍するLil Jonの得意分野ですね!

2.) Southside

アーティスト: Lil’ Keke
リリース日: 1997/05/27
ジャンル: HIPHOP

地域: 【ヒューストン / テキサス州】
曲のスピードを極端に下げる技法”CHOPPED & SCREWED”を考案した故・DJ SCREW。
彼が率いる”SCREWED UP CLICK”の一員LIL KEKE。
膝を折り曲げて左右に振る簡単なダンスはいまだに定番です!

DJ HACKs的一言

“サウスサイド”を連呼する、いかにもアメリカ南部な1曲!
この頃のミュージックビデオを見るとわかる通り、オーバーサイズでダボダボのファッションが当時の流行でしたね!

3.) Sippin’ On Da Syrup

アーティスト: Three 6 Mafia feat. UGK
リリース日: 2000/02/06
ジャンル: HIPHOP

地域: 【メンフィス / テネシー州】
映画『HUSTLE & FLOW』の主題歌によって、黒人グループとして初のアカデミー賞を受賞したTHREE 6 MAFIA。
(※残念ながら中心メンバーだった”JUICY J”は2011年に脱退)
この曲はという、別名”パープル・ドリンク”と言われるSOUTH (南部) 発祥の飲み物 (ドラッグ) をテーマにした曲!

DJ HACKs的一言

この曲映画『Hustle & Flow』のストーリーといえば、ドラッグの売人がラップと出会って人生が変わっていくというものですが、やはりアメリカ南部はドラッグとのかかわりが当時強かったようですね。
ミュージックビデオでは女の人が哺乳瓶のようなものでパープル・ドリンクを普通に飲んでいてびっくり笑

4.) I Wanna Rock

アーティスト: Luke
リリース日: 1992/01/11
ジャンル: HIPHOP

地域: 【マイアミ / フロリダ州】
早いビートに下ネタRAPのMIAMI BASS!!マイアミ番長LUKEのアゲアゲSONG!!
近年では、FRENCH MONTANAの大ヒット曲『POP THAT』で大胆に使用されるほか、『DON’T STOP! GET IT, GET IT』のフレーズは数多くの楽曲で引用されています!

DJ HACKs的一言


『I Wanna Rock』ネタを使った曲といえば最近だと、この曲が流行りなのでは?
EDMフェスでもかかるようなトラップの楽曲にもフレーズが大胆に使われています。
ヒットソングネタを使った曲はみんなが歌えるので盛り上がりますよね!

5.) Back Dat Azz Up

アーティスト: Juvenile feat. Mannie Fresh & Lil Wayne
リリース日: 1998/11/03
ジャンル: HIPHOP

地域: 【ニュー・オーリンズ / ルイジアナ州】
2000年前後から現在まで続いてるSOUTH (南部) ブームはこれから始まったと言っても過言ではない!
今でいう、TWERK SONGの中でも1番の代表曲!
コレがCLUBでかかったら女子はすぐ”お尻”を振りましょう!

DJ HACKs的一言

最後の30秒でLil Wayneが登場。今から15年以上前だからさすがに若いですね!
“Azz”はAssのことで、お尻のことです。笑

まとめ

他にも紹介したい曲がいっぱいありましたが、今回は地域性に重点を置いて選んでみました!
アトランタは「CRUNK」、ニュー・オーリンズは「BOUNCE」、マイアミは「BASS」などなど、アメリカ人特有(?)の高い地元意識がヒップホップ・クラシックには特に反映されています!
もちろん現在のシーンでも東・西・南・中西部、さらにカナダ (DRAKE, THE WEEKND…) など、さまざまな地域性のあるHIP HOPが展開されています!
いろいろ聴いてみて、今より100倍もCLUB/HIP HOPを楽しみましょう♪

3月のゲストDJ: SUGI
1994年から東京都福生市、米軍・横田基地周辺を拠点にDJを始め、土地柄ミリタリーを相手に本場さながらのCLUBでキャリアを積む。
厳しい環境で鍛えぬかれた日本人とは思えない”黒い選曲”は国内はもとより海外からの評価も高く、特に現在のHIP HOPシーンで最もHOTなDIRTY SOUTH出身のアーティストからは絶大な支持を得ている。
・2010年”LIL SCRAPPY”をHOSTに迎えた「DOWN IN DA DURTY – ATL RELOADED -」をリリース!
・2011年”ROSCOE DASH”とのコラボMIX 「DOWN IN DA DURTY – NEW GENERATION OF SOUTH -」をリリース!
*MIXCLOUDで公開中!
Twitter: @dj_sugi
Instagram: @dj_sugi
Mixcloud: https://www.mixcloud.com/DJSUGI

今週のおすすめHIP HOP・R&B (2016/03/17)

今週もオススメのHIPHOP,R&Bをご紹介しましょう。「HipHop Junkies 2016」
今回は3月も後半にさしかかって来たということで、少し暖かくなってきた陽気な春先に聴きたい素敵な5曲をご紹介します。

1.) Hello Friday

アーティスト: Flo Rida ft. Jason Derulo
リリース日: 2016/02/26
ジャンル: HIPHOP・POP

「Flo Rida氏! いつの間に曲を出した!?」という感じですw フィーチャリングに今大人気のJason Deruloが参加した、これまた『Lean On』タイプの1曲となってます。この辺はやはり最近流行りなのか、Jay Seanしかり、人気のあるアーティスト勢はしっかり抑えてリリースして来ますね。この曲も聴きやすく、All Mixのクラブではプレイされて行きそうです。

DJ HACKs的一言

『Lean On』タイプといえば! “Lean On”のようなミドルテンポの楽曲だけを集めたミックスをDJ HACKsから配信しているので、好きな人はご視聴あれ。

2.) Am I Wrong

アーティスト: Anderson Paak feat. Schoolboy Q
リリース日: 2015/11/10
ジャンル: HIPHOP・POP

2016年1月15日にリリースされたアルバム『Malibu』に収録された、かなり気持ちいいダンサンブルな1曲。聴いているとこっちまで楽しくなって来ます♪ Dr. Dreのアルバム『Compton』で6曲も客演し、目立ちまくってた彼!このアルバム『Malibu』は少し大人な感じのお洒落な楽曲がたくさん収録されてまして、かなり調子がいいです。昼間のカフェやランチには持ってこいかと!もちろんナイトシーンにもバッチリ合います。2016年もまだまだ序盤ですが、今年リリースされたアルバムの中でも個人的には暫定BEST 3に入ってます。Must Checkです!

DJ HACKs的一言

Nu Discoっぽい気持ちよさがたまらない!Justin Timberlakeあたりと相性がよさそうな1曲ですね。

3.) Rule

アーティスト: Nas feat. Amerie
リリース日: 2001/10/06
ジャンル: HIPHOP・POP

トラックもサビの歌もTears for Frars『Everyvody Wants to Rule the World』からサンプリングしています。2001年にリリースされたアルバム『Stillmatic』からの1曲です。レコードだと赤のコロンビアのプロモ盤しかなかったような気がしますが、当時のクラブでもアルバムからプレイしたりと大人気の曲でした。今でもクラブでは早い時間帯なんかに聴けることがあったりする曲ですね。世界平和を願ったNASらしい1曲だと思います。One Love.

DJ HACKs的一言

渋い! Nasのこの曲は名曲中の名曲のため、DJかけだしでオープンを回していたときによくプレイしていました。クラシックなHIPHOPといった感じで気持ちいい!

4.) I’m Sprung

アーティスト: T-Pain
リリース日: 2005/08/09
ジャンル: R&B

フロリダ出身のラッパー、T-Pain (T-ペイン)。この曲は2005年にシングルリリースし、アルバムの『Rappa Ternt Sanga』に収録されています。T-Painを代表する1曲といっても過言ではありません。現在でも50万枚以上を売り上げ、ゴールドディスクに認定されています。自分も初めてレコードを買った時からのファンで、この曲は今でもプレイします。レコードに入ってるShort Versionはアカペラで終わるのでDJプレイでかなり使い勝手のよかった記憶がありますw オートチューンという、少し機械的な歌声になるエフェクターがT-Painから始まり、この先のHIPHOP・R&Bシーンでだいぶ浸透したと思います。

DJ HACKs的一言

春といえば、お花見・夜桜、出会い・別れ。いろいろなシチュエーションに映える楽曲がいっぱいありますね。
今回はR&Bテイストのしっとり。たとえば、「家の外に見える夜桜を見ながら、眠りにつく午前1時、、、」のようなシチュエーションが思い浮かんできます (家の外に桜が咲いてる家はうらやましいです笑)

5.) Rosa Parks

アーティスト: OutKast
リリース日: 2001/10/06
ジャンル: HIPHOP・POP

アトランタ出身のOutKast (アウトキャスト)、Andre3000 (アンドレ3000) とBig Boi (ビッグボーイ) からなるHIPHOPデュオの1曲です。この人たちのアルバムはプラチナディスクやダイヤモンドディスクといった数多くの栄光を手にし、最も成功しているHIPHOPグループと言っても過言ではないでしょう。この曲は1998年にリリースされたアルバム『Aquemini』からの1曲なのですが、時代が変っても色あせない名曲になってます。ちなみにタイトルの「Rosa Parks」とは、アメリカ合衆国の公民権運動活動家の1人で、リリックの内容も1955年にアラバマ州モンゴメリーで起きた人種分離違反について歌っています。こうやって難しい政治のことや世間、事件に対して訴えかけられるのもHIPHOPの素晴らしい文化です。

DJ HACKs的一言

Outkastといえば、『Hey Ya!』や『Ms. Jackson』など今でもクラブでかかる曲が多いですよね!ただのHIPHOPのラッパーデュオではありません。トラックの幅が広い!

まとめ

さて今回も素敵な音楽の出会いはありましたでしょうか?
疾走感溢れる楽曲の紹介が多くなってしまいましたが、今回は春の陽気ただよう街並みで聴きたいオススメ曲をご紹介しました。本当は3月4日にサプライズリリースされたKendrick Lamarのアルバム『untitled unmastertd』から『untitled 08 – 09.06.2014.』を紹介したかったのですが、YouTubeの素材が見つからなかったので泣く泣くあきらめました。最近はこうやってサプライズリリース、プロモーションなしでいきなりアルバムをリリースする、という手法が有名アーティストの間では目立ちますね!プロモーションなしと言うことが逆にプロモーションになっている、というのが本当におもしろいし、やはり有名アーティストだからこそできる手法ではないでしょうか。もちろんこのアルバムの内容もバッチリイケてます!それでは皆さま、花粉症対策をバッチリして素敵な音楽と一緒に暖かい春を楽しみましょう!
SEE YOU NEXT THURSDAY!!!

今週のおすすめHIP HOP・R&B (2016/03/10)

今週もオススメのHIPHOP・R&Bをご紹介しましょう。「HipHop Junkies 2016」
今回は1997年3月9日に亡くなってしまったThe Notorious B.I.G.の曲を中心に、3月に亡くなった伝説のラッパーたちの名曲を5曲ご紹介します。

1.) Juicy

アーティスト: The Notorious B.I.G.
リリース日: 1994/08/09
ジャンル: HIPHOP・R&B

1994年にリリースされたアルバム『Ready to Die』に収録され、Mtumeの『Juicy Fruit』という曲をサンプリングしたBiggie (ビギー) の代表曲です。彼の少年時代を回想したラップがよくて、HIPHOPクラブでは歌えない人はいないんじゃないかと思います。『Ready to Die』は他にも『Big Poppa』『One More Chance』『Unbelievable』など今でもクラブで比較的よくプレイされる名曲ばかりが収録されている最高のクラッシックアルバムです。HIPHOPに興味がある人は確実に抑えておきたいアルバムの1つ。

2.) Sky’s The Limit

アーティスト: The Notorious B.I.G. feat. 112
リリース日: 1997/11/25
ジャンル: HIPHOP・R&B

1997年3月25日にリリースされたアルバム『Life After Death』に収録されている1曲。Bobby Caldwellの『My Flame』をサンプリングしていて、アルバムの中でも自分が1番好きな曲なのですが、「あきらめなければ不可能はない、いつまでもあきらめるな。あきらめなければできないことはない」と、フィーチャリングしているレーベルメイトの112が心の中に響かせてくれるように歌ってくれてます。このアルバムがリリースされた日にちを見てもらえればわかりますが、ビギーが亡くなってからリリースされ、2000年には1000万枚以上を売り上げダイアモンドに認定されています。まさに、ビギーが伝説になる後押しをしたアルバムですね。

3.) Nasty Girl

アーティスト: The Notorious B.I.G. Feat. Diddy, Nelly, Jagged Edge
リリース日: 2005/12/20
ジャンル: HIPHOP・R&B

2005年12月にリリースされた『Duets: The Final Chapter』からの1曲です。今までビギーが出した音源のアカペラをサンプリングしながら有名ラッパーやシンガーをフィーチャリングとして迎え新たな曲として作り出したアルバムです。今回紹介する曲はプロデューサーにサウス (アメリカ南部) のHIPHOPシーンでも大人気のプロデューサー、メンフィス出身のJazze Pha (ジャッツェ プー) がトラックを作り、アルバム『Life After Derth』に収録されている『Nasty Boy』のアカペラを使って、Diddy, Nelly, Jagged Edgeと超豪華な布陣でとても気持ちいい1曲となっています。このアルバムもいろんな名曲が入ってるのでぜひ聴いてみてほしい!

4.) Nobody Does It Better

アーティスト: Nate Dogg
リリース日: 1999/08/16
ジャンル: HIPHOP・R&B

カルフォルニア州ロングビーチ出身、West Coastを代表するシンガーのNate Dogg (ネイト・ドッグ) の1曲です。1998年にリリースされたこの曲しかり他にも数多くの名曲を残し残念ながら2011年3月15日に他界してしまいました。個人のアルバムとしては惜しくも超特大ヒットすることはなかったのですが、なによりこの人がフィーチャリングしている楽曲は絶対ヒットすると言われるぐらいの客演王でした。Dr. Dreの『The Next Episode』『Xxplosive』、Shade Sheistの『Where I Wanna Be』、50 Centの『21 Questions』、Warren Gの『Regulate』などなど。ヒットしている曲を挙げ出すとキリがありません。当時も今もアメリカ西海岸のシーンではこの人のクレジットが入ってるレコードは絶対チェックするのが定番。その歌声は本当唯一無二の存在で、この人でしか出せない歌声でした。Nate Doggとクレジットされている楽曲にハズレはありません。見つけた時はぜひ聴いてみてください。彼の世界観と歌声にやられます。

5.) Hot Boy

アーティスト: Bankroll Fresh
リリース日: 2014/09/25
ジャンル: HIPHOP

2014年にはUSビルボード誌の「アトランタ新進ラッパーTOP 8」にも選ばれたラッパー、Bankroll Fresh (バンクロール フレッシュ) が先日の2016年3月4日に何かしらの事件に巻き込まれ、銃で撃たれ享年28歳という若さで亡くなってしまいました。個人的には2015年にリリースされたアルバム『Life of a Hot Boy』からこの曲『Hot Boy』が出た瞬間から「このラッパーヤバい!」と思い、自身のMixCDに収録したりHIPHOPクラブでもプレイしまくってました。間違いなくこれから来るであろうラッパーの1人だっただけに、本当に残念すぎるニュースでした。この曲は本当に大好きなのでこれからもプレイし続けます!R.I.P. Bankroll Fresh.

まとめ

さて、今回も素敵な音楽の出会いはありましたでしょうか?
今回はビギーを中心に同じ3月に亡くなってしまったラッパーの楽曲を5曲紹介させてもらいました。紹介させてもらったビギー、ネイト・ドッグ、バンクロール・フレッシュの出しているアルバムはみなさんに人生で一度は聴いてもらいたいと心から思います。ビギーに関しては、2009年にビギーの生涯を描いたジャマル・ウーラード主演の映画『Notorious B.I.G.』があるのですが、かなりおもしろい内容となっています。今回紹介した『Juicy』や『Sky’s The Limit』の収録現場の様子もあったりと見応え十分な映画となっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。うーーーん、やはりこういった楽曲を聴いていると少しセンチメンタルな気持ちになっちゃいますね。亡くなった人たちにRespectしつつ、今を生きられていることに感謝しながら1日1日を大切に生きましょう。R.I.P. The Notorious B.I.G. & Nate Dogg & Bankroll Fresh we miss you…
SEE YOU NEXT THURSDAY!!!

今週のおすすめHIP HOP・R&B (2016/03/03)

今週もオススメのHIPHOP,R&Bをご紹介しましょう。「HipHop Junkies 2016」
今回は2015年にリリースされながら今HIPHOPのパーティーでヒットしている5曲を紹介したいと思います。

1.) Might Not

アーティスト: Belly feat. The Weeknd
リリース日: 2015/12/18
ジャンル: R&B・HIPHOP

この曲は2015年の12月にリリースされたのですが、12月はなぜかHIPHOPシーン全体的にリリースが特に多く、その分あとになってじわじわとヒットし始めたという曲も多いんです!Bellyはカナダ出身のラッパーなのですが、この曲は同じくカナダ出身のThe Weekndを迎えた1曲となっています。前半からThe Weekndが飛ばしてくれてます。この曲が収録されているミックステープ『UP FOR DAYS』もTIDALからのリリースとなっているのでしょうか?TIDALはイマイチ日本のインターネット環境にはしっくり来ない気がしますね。とにもかくにも、Drakeを筆頭にカナダ勢が今かなりアツいです!マストチェック!

DJ HACKs的一言

「HIPHOPで今特にキテるラッパーは?」と言われたら、「Drake、Future、Fetty Wap、あとは…etc」っていう答えが返ってきそうですが、「ではR&Bは?」と聞かれたら「The Weeknd!」と即答できるくらい、The Weekndの一人勝ち感はハンパないです。R&Bってあまり注目されることが少ないイメージですが、今後に向けて今おもしろいのはもしかしたらR&Bなのかもしれません!
彼は今年のグラミー賞で7部門にノミネート。「これってどれくらいすごいの!?」って質問に返すとしたら、「あの世界で大人気のポップスター、テイラー・スウィフトも同じく7部門に入っていて彼女と並んでる」と答えればいいでしょうか?今年は”最優秀R&Bパフォーマンス”と”最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム”の2つのタイトルで受賞し、初グラミーデビューとなりました。The Weekndの曲は今後日本でもよく聴くことになるでしょう!

2.) My Beyonce

アーティスト: Lil Durk feat. Dej Lorf
リリース日: 2015/12/11
ジャンル: R&B・HIPHOP

こちらは、Lil Durkが2015年12月にリリースされたミックステープ『300Days, 300Nights』に収録されてました。Lil Durkに関しては以前も紹介しましたが、シカゴ出身の若手ラッパーで、若手ながらDef Jam、French Montana率いる「Coke Boys」に所属している実力派ラッパーなんです。そしてフィーチャリングには若い女の子に大人気のDej Lorf!「あなたは私のビヨンセ」。将来また新たなHIPHOPシーンを創り上げていってくれるであろう2人の最高のLove Songになっています。女の子は男の人に「My Beyonce」と言われたら絶対うれしいはずなので男性諸君はマストチェック!w

DJ HACKs的一言

もはやBeyonceという言葉は”憧れの女”、”最高の女”という意味をもった名詞になっているんですね!笑 「Shawty」という言葉もよく出てきますが、”俺のガールフレンド”という意味のスラングです。歌詞ももちろんセクシーなんですけど、聴き心地もかなりスムースで真夜中にマッチしたムードを演出してくれる1曲ってイメージです。落ち着くといえば、Tory Lanezの歌声も超最高なのでここらへんはシチュエーションによっては重宝する気が!

3.) Milly Rock

アーティスト: 2Milly
リリース日: 2015/08/17
ジャンル: HIPHOP

NY (ニューヨーク) のブルックリン出身のラッパー、2Milly君です。2015年8月にリリースされた曲ではあるのですが、今HIPHOPチャートを上りつめてきてる、いわゆる息をひそめながらじわじわと浸透してきている曲です。RemixにもA$AP FergやRick Rossが参加したバージョン、同郷のMainoやFabolousが参加したバージョンもあり、いまやクラブでも大人気の1曲になってるんですね。この曲は簡単な振り付けがあったりするので、気になった方はCheckしてみてください。
 

DJ HACKs的一言

2Millyが曲のタイトルに自分の名前”Milly”を使ってくるくらいですから、リリース前から相当なアンセムになることを期待していたのでしょう。この曲、とにかく重低音がすごい!皆さんは曲をiPhoneで聴いたり、PCから聴いたり、車の中で聴いたりとさまざまなシチュエーションで楽しむと思うのですが、「HIPHOPをクラブに行って聴いてみたら全然ちがったように聴こえた!!」なんてことはクラブあるあるですなぜかというと、iPhoneやPCで聴く場合だと体感できない帯域のベース音も、大音量&ウーファー付きのクラブでは直接体で感じ取ることができるからです。最近渋谷のハーレムに遊びに行ったのですが、改めて思わされました。HIPHOPをつくっている制作側は、クラブでの音の鳴りをかなり意識しています!

4.) Summer In The Winter

アーティスト: Kid Ink feat. Omarion
リリース日: 2015/12/25
ジャンル: HIPHOP・R&B

2015年に紹介したKid InkがフィーチャリングにFetty Wapを迎えた『Promise』の方も大人気なのですが、12月25日にリリースされたアルバム『Summer in the Winter』に収録されているこの曲もヒットチャートをロングラン中。ミュージックビデオを観ててもわかると思うのですが、冬でも夏のような短いショーツでパーティーしちゃう女の子には持って来いな曲なんじゃないでしょうか?しばらくヒット曲もなかったOmarionですが、『Post to Be』で見事に返り咲いてからはこうやってフィーチャリングされるようになって来ましたね。自分は地味に「B2K」の頃から好きだったのでかなり嬉しいです。

DJ HACKs的一言

Kid Inkといえば、アメリカ・カリフォルニアのLA (ロサンゼルス) 出身のラッパーです。1月に実際にLAに行ってきたのでわかるのですが、冬の時期でも昼間は日差しが強くて夏みたいに暑いんです。半袖一枚で過ごせるくらいに。向こうの人はたぶん肌が強いせいか、夜ちょっと肌寒くなってきたなと感じた時でも半袖一枚でへっちゃらみたいな人が多かった覚えがあります!だからこの曲の「Summer in the Winter」ってLAでは実際ありえることだよなって思っちゃいました。夏が恋しい!

5.) 3 X In A Row

アーティスト: TK-N-Cash
リリース日: 2015/09/25
ジャンル: HIPHOP・R&B

アトランタ出身の2人組のラッパー・TK-N-CASHです。彼らは『Mind Right』『Last Time』などのヒット曲を出している中、2015年の9月にリリースされたこの曲もジワジワとHIPHOPのクラブで人気が出てきてますね。SouthのR&Bらしいクセになるメロがハマる1曲です。歌詞では、「3回は連続でS○Xデキる」みたいで「ローラーコースターより長い時間一緒に楽しめる」と豪語しておりますw 2 ChainzをフューチャリングしたRemixも人気です!

DJ HACKs的一言

連呼系HIPHOP!まず曲の名前『3 X In A Row』は”Three Times In A Row”という読み方。日本語に訳すと、「3回連続で」となりますね。そう、「3回連続で俺はやれるぜ!」って曲です。ミュージックビデオを見てると、「もしかして3人の女の人と1回ずつ!?」みたいな勘ぐりしてしまいます笑
HIPHOPやR&BってこういうS○X関連のことを歌ってる曲が多いんですけど、そういうところもある意味メッセージ性があっておもしろいですよね。J-POPでS○X関連のことを歌ってたらちょっと周りに引かれがちかもしれませんが、HIPHOPでは当たり前!ストレートに正直です!

まとめ

さて今回も素敵な音楽の出会いはありましたでしょうか?
今回は2015年にリリースされた曲を中心に紹介してみました!『TK-N-Cash』や『2Milly』なんかはいい意味で遅咲きの楽曲なのかなーと思っています。今もまだ人気ですが、Post Maloneの『White Iverson』しかり、こういったリリースされてから少し息を潜めてじわじわとヒットしていく楽曲も今後しっかり追っかけていきたいですね!
SEE YOU NEXT THURSDAY!!!
2016年2月のおすすめはこちら

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12