海外大手EDMフェス会社が倒産!TomorrowLandはセーフ、TomorrowWorldはあやしい!?

Blog by DJ HACKS

2016.02.02

2016年2月1日、EDMシーンを震撼する大ニュースが全世界で報道されました。
Tomorrowlandをはじめ、数々の有名EDMフェスを主催してきた会社「SFX」が倒産したのです!
今後のEDMフェスはどうなってしまうのでしょうか?
tomorrowland_sfx
出典:YourEDM

Tomorrowlandの運営元が破産!でもすぐ企業再生を図る!?

海外の有名EDMフェスやイベントを企画・運営している大手イベントプロモーション会社「SFX」が倒産したというニュースです。
「え!!それってかなりやばいやつなんじゃないの!?」
と思われたEDMファンの皆さんのために、この事件をまとめておきましょう。

1.) SFXってどんな会社?

SFX1
出典:www.lucashuh.com
SFX Entertainmentは、アメリカのEDMフェスやライブイベントを企画・運営する大手イベント・プロモーション会社です。
EDMブームの火付け役といっても過言ではないほど、このシーンを大きく動かしてきたのがSFX。
どんなEDMフェスを手がけているかというと、
・TomorrowLand
・TomorrowWorld
・Sensation
・Mysteryland
・electric zoo
・Stereosonic
・Rock In Rio (有名ロックフェスも)
などなど。みんなが知っているようなEDMフェスばかり。
注意したいのは、これだけのフェスをSFXがすべて保有しているのではなく、世界のイベント運営会社をグループの傘下に入れてるといった形。
傘下に入っているのは、TomorrowlandやSensationをやっている会社「ID&T」や、electric zooをやっている会社「Made Event」など。
あとは、EDMファンの皆さんが愛用する音楽配信サービス「beatport」の運営もSFXです。
EDMフェスだけでなく、EDMビジネス全般に携わっていました。

2.) SFXのCEO、シラーマンはEDMシーンの権力者

robert-sillerman-sfx1
出典:YourEDM
SFXの舵取りを行っていたCEOは、Robert Sillerman (ロバート・シラーマン)。
EDMビジネスの仕掛け人で、現在世界中で行われている数々のEDMフェスをプロデュース、プロモートしてきました。
2012年に300億もの資金調達に成功した彼は、まずいろいろなEDMフェスを買収しました。
「ID&T」の買収、そしてアメリカ版のTomorrowlandである「TomorrowWorld」の開催は大ニュースになりましたよね。
そしてSFXの功績としては、フェス・イベントのブランドを海外に展開する事業に注力したことで有名です。
たとえば、アメリカに引き続き、Tomorrowlandのブラジル版をスタートさせました。
TomorrowWorldといえば、毎年9月に開催される世界的フェスで、ULTRA JAPANが終わったらすぐTomorrowWorldの話題になるイメージがあります。
開催時期のかぶるこのフェスがあるおかげで日本のウルトラには見たい有名アーティストが来れなかったり、、、なんてことも。
さらに身近な話でいうと、2015年5月のゴールデンウィークに日本で開催された「electric zoo Beach TOKYO」がありましたね。
あれもSFXが「electric zoo」ブランドを日本に展開して、ブランドの知名度を上げるとともに、ブランド使用料みたいなもので稼いでいたのでしょう。
afrojack_robert_sillerman1
出典:billboard
シラーマンさん、Afrojackとは肩を組むほど仲良し!?

3.) 2016年2月1日、SFXが倒産!

robert-sillerman1
出典:Thump
これだけ多くのフェスやイベントを手がけ、2015年までに売上高が400億円を超える巨大企業に成長。
事業拡大のために、約350億円の社債も発行してしまうほど。
しかし、EDMアーティストたちの高いギャラやフェス運営にかかる経費が圧迫し、肝心な利益がついてこなかったようです。
負債がふくらむ中、経営破綻を回避するために資金注入を試みたようですが失敗。
SFX株を買い戻して非上場化を図るも失敗。共同経営者を募るも失敗。
2015年2月からはじまったこの悪い流れを断ち切ることができず。
2016年1月には、米証券取引委員会に提出した書類で、FTI Consultingを企業再生顧問に迎え、破産申告を検討していることを公表。
2016年2月1日(月)、アメリカ連邦破産法第11章の適用の申し立てをしました。これが事実上の倒産です。
そして、SFXのバランスシートから300億円もの債務が帳消しに。

4.) SFXの経営破綻は我々EDMファンにどんな影響を及ぼすのか?

「安心してください、Tomorrowlandは終わりません!!」
債券所有者による債務の株式化に合意したことで、これからもフェス事業を続行できることになったそうです。
SFXは親会社として数々のイベント・プロモーション会社を買収し傘下に入れていたので、そこにどのような影響を及ぼすのか気になるところ。
明らかになっているのは、Tomorrowlandには影響がないということ。
Georgia Unfilteredによると、Tomorrowlandの広報担当者・Debby Wilmsenは「ベルギーのTomorrowlandは100%ベルギーチームが運営しているので、この件には関係ない。」と発表。
さらに、開催まで2ヶ月後に迫った4月のTomorrowland Brazilも、予定通り開催されるそうです。

しかし、アメリカのTomorrowWorldはあやしいみたいです。。

さらにbeatportも、通常通りこれからも運営すると発表しています。
SFXはシラーマンさんに代わる新しいCEOを迎え、6ヶ月内の事業再生と、連邦破産法第11章からの脱出を目指すそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
EDMシーンのドン的存在のSFXが倒産と聞いて、「実際やばいんじゃない?」という意見が多かったと思います。
しかし、TomorrowWorld以外は大丈夫ということです。
2016年、日本に新しく入ってくるフェスがどうなるのか気になるところですが、海外展開はどのようになるでしょうか?
ちなみに今年新しく日本初上陸するEDC JAPANに関しては、運営元の親がImsomniacなのでSFXとは関係ありません。
EDMのフェスシーンがどのようになっていくのか、、、今後に注目しましょう!
ソース1: Forbes
ソース2: BLOGOS
ソース3: Wall Street Journal
ソース4: Georgia Unfilterd