【2月7日深夜1時発売開始】Tomorrowland 2016のチケットの取り方

2016.02.05

Tomorrowland 2016のチケットが、2月6日(土)から発売されます!
(※日本時間でいうと、2月7日(日)の深夜1時から)
「英語で表示される公式サイトだと少しわかりにくくて、チケット争奪戦に負けてしまうんじゃないか、、、」と心配な方に。
日本語でも表示される「Viagogo」という海外チケットサイトでのチケット購入方法をご紹介します!
tomorrowland_sfx
出典:YourEDM

Tomorrowlandとは?

tomorrowland2015photo2
出典:facebook
「まるでおとぎの国みたい!」
「死ぬまでに一度は行ってみたいフェス」
「一度行ったら人生が変わってしまう、、、」

毎年ヨーロッパのベルギーで3日間開催される、”世界三大EDMフェス”のひとつ「Tomorrowland (トゥモローランド)」。
DJ HACKsの読者の皆さんには説明不要だと思うので、このフェスについて詳しく知りたい方は上の画像をクリックしてみてください!
<2015年のアフタームービー>

Tomorrowland 2016

日程: 7月22日(金)・23日(土)・24日(日) [3日間]
時間: 12時〜深夜1時 (最終日のみ12時〜深夜0時)
場所: ベルギー Boom (ボーム)
備考: 18歳以上。再入場禁止。
Tomorrowland Official
Facebook Page
Twitter

全世界から注文殺到!チケットは毎年秒速で完売

tomorrowland2015photo5
出典:facebook
「チケットがもっとも取りづらいフェス」として知られるTomorrowland。
2015年は、発売開始から90分で完売してしまうほど、”超”大人気のフェスなんです。
2016年は2月6日(土)からネット上でTomorrowlandのチケットが発売されます。
日本時間でいうと、2月7日(日)の深夜1時です。
日本でいうアイドルのライブのように、チケット争奪戦が予想されますが、、、
万全な準備をしてその戦いに臨みたいところ!
そのためには、あとで紹介しますが、日本語表示のサイトで購入するのがいいでしょう!
ちなみに、先にベルギー国内だけのチケットが販売されるのですが、発売開始40分で完売したそうです。

Q. Tomorrowlandって何日会社休めばいけるの?

「Tomorrowlandいきたい!!でも、、、会社を休まなければ。。」
このように一瞬舞い上がるけどすぐに現実を考えてしまう現代人。
人生は長いようで短い。思い立ったら即行動できる人が幸せをつかめるもの。
「会社を休んでTomorrowlandに行ったっていいじゃないか!!」
ということで、Tomorrowlandに行く人のお決まりのスケジュールをご紹介。
1日目(木): ベルギー到着。行ければ前夜祭に参加!
2日目(金): フェス
3日目(土): フェス
4日目(日): フェス
5日目(月): 日本に帰国。
ちなみに前夜祭というのはこれです!
tomorrowland2016_zenya
出典:facebook
体力をおそろしく消耗しそうな弾丸スケジュールでいけば、5泊7日くらいでしょうか?
1週間お休みをもらえればいけますね!
もしくは、「疲れるから全日程に参加しなくても大丈夫」という方だったら、4泊6日でもなんとかいけるのではないでしょうか?
実際にTomorrowlandに参加された方が紹介している参考ページをご紹介しておきます。
フィリピン好きの ITブログ」このブログの方は実際にTomorrowlandに行ったことがあり、ノウハウなどを実体験をもとにまとめています!かなりわかりやすいので、参考にしてみるといいかも!?

Q. 費用はいくらくらいかかる?

2013年あたりからJTBのツアーがありますが、40万円くらいかかるみたいです (実際にTomorrowlandに行った友人談)。
「結構値段いくなー」と思ったので、もっと安くいけないのかと調べてみました。
tomrrowland2016_ana
ANAで検索したところ、ベルギーのブリュッセルまでは往復12万円程度。
もっと格安航空券を取るんだったら、さらに値段は落ちるでしょう。
ここにチケット代・ホテル代・食事代をプラスしていきます。
こうやって考えると、人によっては贅沢をしなければ20万以内でいけそうですね!

Q. 何歳から参加できる?

tomorrowland2016_fans2
出典:facebook
Tomorrowlandは、なんと18歳から参加できるEDMフェスなんです!
(公式サイトの発表によると、1998年生まれであればフェス当日にまだ18歳になっていなくても参加可能。)
日本のULTRA JAPANは、20歳以上という制限が設けられています。これに苦しむ未成年の方多いでしょう。
でもTomorrowlandは極端な話、「1998年生まれの高校3年生でもいける」まさに夢のようなフェスなのです!
なぜこんな太っ腹なのかというと、ベルギーは16歳からお酒が飲めるんですね。
イタリア、オランダ、スペイン、フランスなどヨーロッパの国では、お酒を飲んでもいい年齢が比較的低いんです。

チケット購入方法: まずは事前登録をお忘れなく

【重要】まずは事前登録から!

tomorrowland2016_pre
出典:facebook
この画像をクリック!
すると、英語で表示される事前登録画面に進みます。
5分くらいでらくらく登録できてしまいます!
氏名 (名前) → 氏名 (苗字) → E-mailアドレス → 住所 (番地まで) → 郵便番号 (ZIP/POSTAL CODE) → 都市 (東京など) → 出身国を選ぶ → Japanを選んで電話番号を入力 → 男性or女性 → 生年月日 → チェックは任意 → ちゃんと人間かどうか機会が判定するために、見える文字を入力 → “Submit”のボタンをクリック
すると、事前登録完了の画面が出てくるので、これでチケット発売と同時に購入ができるようになります!
tomorrowland2016_preregistering

事前登録が終わったら、発売開始時刻に備えよう!

さっそくチケット購入に移ります!
下の画像をクリックして、発売開始時刻まで待機しましょう。

チケット購入はこちら↓↓
tomorrowland2016_ticketinfo
出典:facebook
わかりやすく日本語で表示される海外のチケットサイト「Viagogo」で購入するのがよさそうです。
tomorrowland2016_viagogo

1.) 3日通しのキャンプチケット: Camping Only

「Dreamville Magnificent Greens Camping Pass」
一番上に表示されているプランは、Tomorrowlandの会場にあるキャンプ場のチケットです。
7月21日(木)の11時から、7月25日(月)の12時までいることができます。
フェスへの入場チケットは含まれないので注意が必要です。別途お買い求めください。

2.) 3日間通しのフェスチケット: Full Madness Pass

次に表示されるのが、3日間通しのチケット!
1.) 3日通しのレギュラーチケットのみ
2.) 3日通しのレギュラーチケット+キャンプ
3.) 3日通しでさらにVIPエリアにも入れるチケットのみ
4.) 3日通しでさらにVIPエリアにも入れるチケット+キャンプ
3日通しが前提で、あとはキャンプをつけるかと、快適に見られるVIPエリアに入れるようにするかどうかを選びます。

3.) 各曜日ごとのフェスチケット (金・土・日)

その次に表示されるのが、各曜日ごとのチケット。
1日目の金曜日は、「マジカル・フライデー」
2日目の土曜日は、「インクレディブル・サタデー」
3日目の日曜日は、「グローリアス・サンデー」
とそれぞれ名前が付いています。ディズニーみたいでかわいい!
1.) レギュラーチケット
2.) VIPエリアにも入れるチケット

チケットが残念ながら取れなかった方:「あきらめるのはまだ早い!」

先ほどご紹介した参考ページ「フィリピン好きの ITブログ」の方は、チケットが完売したあと、転売という形でチケットを手に入れたそうです。
こちらのViagogoという海外チケットサイトは、転売も扱っているため、通常料金からは少し高くなりますがチケットを遅れて購入できるみたいですね。


チケットアラートEメールを登録しておこう!

このサイトでは、売りに出されたチケットがでたタイミングで通知してくれる機能もあるとか。
これを登録しておけば、いち早く購入できるので便利ですね!
世界を相手にしたチケット争奪戦に負けたからといって、あきらめちゃだめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
・日本のEDMフェスにハマっちゃって「海外のもっともっとドデカく、ド派手なフェスも見てみたい!」という方
・「なかなか来日しないようなビッグなタレントのステージを間近で見てみたい!」という方
におすすめなのがTomorrowlandです。
ぼく自身も「ヨーロッパだしなんだかんだ敷居高そう・・・」と思っていましたが、ツアーでなければ費用もおさえられるので2,3年以内に絶対行こうと思っています!
チケットご購入をお考えの方はぜひこのページを参考にしてみてください。
チケット購入はこちら
tomorrowland2016_ticketinfo
出典:facebook