TOP > セットリスト > Hardwell @ Ultra Music Festival 2017 in Miami 【トラックリストつき】

2017.03.28(Tue) DJ SHOTA セットリスト

Hardwell @ Ultra Music Festival 2017 in Miami 【トラックリストつき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EDMフェスシーズンの開幕を意味する、ULTRA MUSIC FESTIVAL (ウルトラ・ジャパンの本家)。
2017年3月24日・25日・26日の3日間、アメリカのマイアミにて開催されました。

3日目のメインステージに登場したHardwellのセットをご紹介します。
聴いてる途中で「この曲なんて名前だろう?」って思ったときに便利な、トラックリストもつけておきます。

17553667_10155273284491694_3277899682060227054_n

出典:facebook

Hardwell @ ULTRA MIAMI 2017

17436154_10155259343666694_431027674026853244_o

出典:facebook

フル動画をチェック!

トラックリスト

1.) Hardwell Is In The House 2017 Intro [01:42]
  w/ Hardwell – ID (未発表曲)

自身が主宰するレーベル「Revealed Recordings」のTシャツで登場したハードウェル。
この新しいフェスのイントロもかっこいいですね!待機するハードウェルの表情がいい。

2.) NWYR – Orchestra (未発表曲) [05:45]
  w/ Hardwell & W&W ft. Fatman Scoop – Don’t Stop The Madness (Acap)
  w/ Hardwell ft. Amba Shepherd – Apollo (Acap)

DJ目線の話をすると、1曲目から2曲目にミックスする時、わかりやすいくらい次の曲のキックを聞かせてましたね。
再生するタイミングがずれる可能性があるのに、それにこれだけの大舞台でやるっていうのはかなりDJの腕に自信がある証拠かと!(ハードウェルはDJのスキルも高い)

ちなみにNWYRというアーティストは、W&Wの別名義で新プロジェクトです!

3.) M83 vs. The Chainsmokers ft. Emily Warren – Midnight City vs. Paris (Whaler & Nick Davy Mashup)
  w/ Maddix – ID (未発表曲)

トレンドを確実に押さえてくるで有名なハードウェル、まずはThe Chainsmokersの『Paris』のマッシュアップを披露。
この音源が欲しい方、以下のSoundcloudリンクからフリーダウンロードできます!

4.) Hardwell & KAAZE ft. Jonathan Mendelsohn – We Are Legends (未発表曲) [12:09]

未発表曲ですが、ハードウェルが最近お気に入りのKAAZEとコラボ!
KAAZEは迫力のあるシンセを震わせたプログレッシブなビッグルームが得意で、この曲もかなり神々しい仕上がりになっています。

5.) KAAZE – ID (未発表曲) [13:42]
  w/ Steve Angello & Laidback Luke – Be (Acap)
  w/ Foreigner – Cold As Ice (Acap)

『Be』を久しぶりに聴いてテンション上がる!このKAAZEのもう1つの未発表曲もすごい盛り上がりですね。
♪ギッチョギッチョヘンザ♪のリズムにはとても笑いをこらえきれない笑

6.) Jewelz & Sparks vs. Seth Hills vs. Hardwell vs. Martin Garrix vs. Maddix & KEVU ft. Dua Lipa – Crank vs. Raise Your Hands vs. Spaceman vs. Scared To Be Lonely vs. BANG (Hardwell UMF Mashup) [15:48]

なにやら面白い展開です、ハードウェルはこの手のループをだんだん早くしていくやつ好きですね。
そしてMartin Garrixの現在大ヒット中の新曲『Scared To Be Lonely』のアカペラを『Spaceman』に乗せたマッシュアップを披露!

7.) Chuckie – Who’s Ready To Jump (Chuckie Jump Around Bootleg) [20:40]
  w/ Mr. Polska & Boaz Van De Beatz ft. Riff Raff – Guappa (Kovalenco Gennadi Breaks Flip)

EDMのDJがHIPHOPネタをかける理由としては、もちろんビルボードチャートにHIPHOPが多く占めているのもあるし、ウルトラがアメリカで開催されているフェスだからっていうのもあるでしょう。
ハードウェルがかけてる『Guappa』のエディットがSoundcloudでフリーダウンロード配信されていたので載せておきます。

8.) VINAI ft. Harrison – The Wave [22:30]
  w/ DJ Snake – Propaganda (W&W Bootleg)

VINIAIの『The Wave』は「♪ヘーイ♪ホー♪」をやりやすいのでお客さんは盛り上がりますね!

9.) Gareth Emery & Standerwick ft. Haliene – Saving Light (NWYR Remix) [23:52]
  w/ Armin van Buuren & W&W – If It Ain’t Dutch (Acap)
  w/ Hardwell ft. Chris Jones – Young Again (Acap)

『Young Again』って歌自体名曲なのでこのようなピアノのトラックに合わせるとぴったり!
ここでもNWYRのリミックス、ということはW&Wが作ったNWYR名義の楽曲はすでに何曲かもう存在するんですね。

10.) Reid Stefan – Lose Control [27:21]
  w/ Lookas – Can’t Get Enough
  w/ Daft Punk – Harder Better Faster Stronger (Island Nation Remix)
  w/ Jimmy Clash – Brutal (Faruk Sabanci Edit)
  w/ Mike Cervello – Fuego (Acap)

トランシーな曲の次にはハードなトラップに切り替わってるすごい展開、でも上がりますね!
DJ目線ですごいなと思うのが、BPM128から150あたりの曲に行ったのにドロップ最後の1小節で130くらいに落として違和感なく元の流れに戻れるのがすごい。普通だったらBPM128が遅く感じるはずなのに。音数を操ってますね!

11.) W&W – Put ‘Em Up (未発表曲) [30:44]
  w/ Daddy Yankee – Gasolina

ハードウェルが初めてブースの上に立ち上がった!
そしてラテンミュージックの名曲となりつつある『ガソリーナ』が流れた瞬間のオーディエンスの盛り上がり方すごっ。
最近日本のオールミックスクラブでも今になってまたよく流れるようになりました。

12.) Ed Sheeran – Castle On The Hill (NWYR Remix) [33:52]
  w/ Swedish House Mafia ft. John Martin – Don’t You Worry Child (Acap)
  w/ Hardwell & Maddix – ID (未発表曲)

キター!!!フェスで聴きたい『Don’t You Worry Child』、もれなく大合唱です。
ちなみにこれはマッシュアップで、ベースとなっているトラックは『Castle On The Hill (NWYR Remix)』のアカペラ抜いたバージョン。
そしてドロップはMaddixとの未発表曲が使われています。

13.) Hardwell & Henry Fong ft. Mr. Vegas – Badam [39:00]

Mr. Vegasの声きた!と思ったらHenry Fongとのコラボ曲だったんですね、未発表曲です。
トワーク系の曲をハードウェルがやるのは初めてなのでは?間違いなくハードウェルっぽくはない笑

14.) Ed Sheeran – Shape Of You (W&W Festival Mix) [41:20]
  w/ Quintino – Work It

前の『Badam』からこの曲がミックスされた時「うおおおお!!!」ってなりました、最高です。
しかもまさかの、W&Wのフェスティバルミックスシリーズ最新作ですか!!
(W&Wは、最新トレンド&ヒット曲をなんでもフェスティバルEDMにしてしまう天才として知られています)

15.) Hardwell & Moksi – ID (未発表曲) [43:30]
  w/ Flosstradamus ft. Casino – Mosh Pit (Acap)

ハードウェルがモッシュピットかけるの意外!!(HIPHOPはワールドスタンダードですが)
でも納得しました、Moksiとのコラボ作のベースハウスにぴったりすぎる笑

16.) Dr. Dre ft. Snoop Dogg & Kurupt & Nate Dogg – The Next Episode (Ummet Ozcan Remix) [46:58]

さらにHIPHOPは続きます!ウェッサイの大アンセム『The Next Episode』ネタ。
これUmmet Ozcanがリミックスしてるんですね。この手のやつはW&Wかと思うほど。

17.) 4B & Junkie Kid – Love Is Dead [49:38]
  w/ Marshmello – Alone (Acap)

マシュメロの大ヒット曲『Alone』の声低いバージョンのアカペラが入ってきました!
『Alone』は原曲が完成されすぎてるのでこういうマッシュアップはあまり向かないのでは… (お客さんの中にも原曲を聴きたい人多いはず笑)

18.) Hardwell & KURA ft. Anthony B – Police [52:55]

ここらへんからBPMがだんだん速くなっていく→ ラストはいつものハードスタイルか?

19.) DJ Khaled ft. Ludacris & Rick Ross & T-Pain & Snoop Dogg – All I Do Is Win (DJ Paul Elstak & Dr Phunk Remix) [55:45]
  w/ Hardwell & Dr Phunk – Once Again

ハードスタイルかと思いきや、これまたHIPHOPのアンセム『All I Do Is Win』を流すハードウェル。
と思いきや、やはりハードスタイルにいくリミックスでした笑

20.) Hardwell ft. Austin Mahone – Creatures Of The Night [59:20]

これを最後に持ってくるということは、彼のイチオシの新曲なのでは!
ヴォーカルに先日POPSPRING 2017で来日したポップスター、Austin Mahoneを起用した未発表曲ですね。
実はぼくもPOPSPRING 2017にオープニングDJとして出演するため幕張メッセに行っていたのですが、マホーミー (Austin Mahoneのファンのことを指す) の方たちのエネルギーがものすごかったです!

まとめ

ハードウェルのパワフルな60分セットいかがでしたでしょうか?
時代がどんな流れになろうとも、ハードウェルのひたすら我が道をいく姿勢はかっこいい。

あいかわらずマッシュアップのアイデアが冴えてます (このスキルに関して彼は他のどのDJにも負けないと思う)
アメリカで行われたフェスというのと、トレンドが傾いているというのもあって、ハードウェルもHIPHOPを多く取り入れていました。
あとはW&WのNWYR名義の曲が何曲か入っていたのが気になりましたね。

それにしても、日本人が増えましたね!
海外フェスに行く日本人、近年圧倒的に増えてる気がします。
動画見るたびに思いますが、日本国旗が本当増えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。