TOP > セットリスト > Tiesto @ Ultra Music Festival 2017 in Miami 【トラックリストつき】

2017.03.29(Wed) DJ SHOTA セットリスト

Tiesto @ Ultra Music Festival 2017 in Miami 【トラックリストつき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EDMフェスシーズンの開幕を意味する、ULTRA MUSIC FESTIVAL (ウルトラ・ジャパンの本家)。
2017年3月24日・25日・26日の3日間、アメリカのマイアミにて開催されました。

2日目のメインステージに登場したTiesto (ティエスト) のセットをご紹介します。
聴いてる途中で「この曲なんて名前だろう?」って思ったときに便利な、トラックリストもつけておきます。

ultramusicfestival_2

出典:facebook

Tiesto @ ULTRA MIAMI 2017

Tiesto_miami

出典:facebook

フル動画をチェック!

トラックリスト

1.) Tiësto & The Chainsmokers – Split (Only U)

オープニングイントロでおなじみのこの曲、「The Chainsmokersとの曲だったのか!」っていつも思うくらいイメージないです笑

2.) Riggi & Piros & Vion Konger – ID (未発表曲) [02:42]

どうやら天気があまり良くなさそうですね。

3.) twoloud – ID [03:50]

30秒しかかかりませんでしたが、この未発表曲口ずさめるしリズムが好き!

4.) Riggi & Piros – ID [04:35]

Riggi & Pirosの未発表曲、かなり激しい!めちゃくちゃ盛り上がってますね!!

5.) Tiësto & Jauz – Infected [07:02]
  w/ Jauz – ID [09:50]

Jauz (ジョーズ) がサプライズゲストで登場!
単純に思うのが、90分のセットなのにサプライズゲストが開始10分で出てくるなんてあまりにも早出しなのでは笑

6.) DJ KUBA & NEITAN & Nicci vs. Icona Pop & Charlie XCX – Drop The Beat vs. I Love It (Chunky Dip & Jesse James Mashup) [10:30]

Icona Popのポピュラー曲『I Love It』のネタを使ったマッシュアップで、Soundcloudでフリーダウンロードできます!
Chunky Dip & Jesse Jamesの2人のマッシュアップは最近日本のクラブでもよくかかるようになったと思います (日本人ウケいい感じ)

7.) Tiësto ft. Bright Sparks – On My Way (Danny Avila Remix) [12:18]

日本人YouTuberのHIKAKINとSEIKINがミュージックビデオに参加した『On My Way』出ました!

8.) Post Malone ft. Quavo – Congratulations (Dzeko Remix) [15:02]

Dzeko & Torresは現在ソロのDzekoとして活動していますが、このPost Maloneの曲のリミックスは各所からプッシュされているイメージ!ポップでいい感じ。

9.) Merk & Kremont – Invisible [17:51]

Tiestoがテンション上がってきました、楽しそう!

10.) Tiësto & Sevenn – Boom Boom Boom Boom Boom [19:07]

そしてティエストがこのウルトラでプッシュしたいゲストがステージに登場、Sevennという新人アーティストです。
ウルトラ後もこの部分だけカットして紹介していました。
正直「だれ?」って感じでしたが、ティエストの寵愛を受けるとなると今年はブレイクしそうですね〜ブンブンブン。

11.) ID – ID (未発表曲) [21:52]

この曲おもしろい!Move Your Feet♪

12.) Curbi & Mesto – Bruh [22:50]

一気にエモい世界に!かと思いきやドロップがもろCurbiテイストなFuture Bounceになってますねナイスギャップ!
フェスでセクシーレディを肩車してる男子、前見れないだろうけど頑張れ!

13.) Dimitri Vegas & Like Mike & MOGUAI – Mammoth (Dzeko Bootleg) [25:44]

DV&LMのアンセム『マンモス』のDzeko Bootlegなんてあったんですね!

14.) Dzeko & Torres ft. Delaney Jane – L’amour Toujours (Tiësto Edit) [28:26]

マンモスのあとにこの曲はグルーヴあるように聴こえます (シンセが似てる?)
お客さんたちも曲が変わった瞬間からメロディを大合唱です!

15.) Guru Josh Project – Infinity 2008 (Klaas Remix) [30:05]

2017年に2008年の名曲を流すとは、これは何か意図があるのでしょう!

16.) Tiësto & DallasK – Show Me [32:02]

アンセムネタ続きでDJ的にはおもしろい展開!
日が落ちてだんだん外が暗くなってきました。

17.) Tiësto & KSHMR ft. VASSY – Secrets [34:10]

KSHMRがサプライズゲストでステージに登場!
思えば前にもKSHMRがティエストのステージに出てくることがありましたね。懐かしい!

18.) Tiësto & KSHMR ft. CADE – Underwater [38:05]

カシミアは『Secrets』のために出てきたのではありません、もちろんティエストとの新曲を初披露!
曲を聴いた感じ、思いっきりカシミア色の強いエスニックな1曲になってます。
ヴォーカルがCADEっていうのは個人的にポイント高い!

19.) Tiësto & Don Diablo ft. Thomas Troelsen – Chemicals [41:28]

ティエストは今までいろんなアーティストとコラボしてきました。ドン・ディアブロとのこの曲も大アンセムですよね!

20.) Martin Garrix & Tiësto – The Only Way Is Up [44:45]

親子ほど年の離れたマーティン・ギャリックスとのコラボ曲も!イントロで少し流れてきただけでわかりますね。

21.) Tiësto ft. Tegan & Sara – Feel It In My Bones (Riggi & Piros Remix) [46:30]

今回は何気にRiggi & Piros推しなのか? ここまでで3曲目も流れてますね。
DJ中のティエストの口ぐせ「Ultra, how are you feeling?!」(両手でマイクを握りながら)

22.) Tiësto ft. Kyler England – Take Me [49:30]

ちらっと映り込んだティエストの若い彼女、Annika Backesさんキレイすぎですね!


23.) Ralvero – U Got 2 Know [51:30]
  w/ Hardwell – Party Till The Daylight

雨降ってきました!画面が非常に見にくくなってます。

24.) Tiësto ft. Ou Est Le Swimming Pool – The Feeling [53:10]
  w/ Sikdope – Snakes

ポップなヴォーカルがいい感じです!打って変わって、ドロップ部分はSikdopeの超ドープなベースハウス!

25.) Ookay – Thief (DIV/IDE Remix) [55:15]
  w/ Ookay – Thief

ブースにも雨が入ってくるんですね、スタッフが必死に拭いてます。
『Thief』といえば2016年大ヒットしたOokayの代表曲ですが、最初はDIV/IDEのリミックスでEDMのテンポでつなぎ、セカンドバースからは原曲にスイッチ!
ティエスト本人も、「BPM 128から150に行くぜ!Make Some Nooooise!」って言ってます。

26.) Aazar – Lay It Down [58:00]

トラップのテンポになってお客さんの期待に応えるかのようにGo Trap!してきました!
ここらへんもわかりやすいヒットチューントラップを挟んでくるから盛り上げ上手だなって思います。

27.) Tiësto ft. Kanye West – I Love Tiesto (未発表曲) [58:32]
  w/ Moksi – The Dopest (Cesqeaux Remix)

キター!!!
2016年のウルトラ・ジャパンで世界中を驚かせたあのネタを投下!
Kanye Westの『I Love Kanye』をまさかの、”Kanye”の部分を”Tiesto”にラップし直したやつ笑
これは何度聴いても笑えるし、HIPHOP好きの中にはムッとする人もいるんじゃないかってくらい笑

からのThe Dopest (Cesqeaux Remix) が最高!

28.) Skrillex ft. Niki & The Dove – Ease My Mind [60:25]
  w/ RL Grime – Core

トラップもしっかりこなせるティエストはすごい。さすがベガスのハッカサンを拠点にしているだけあります!


29.) Tiësto ft. Ashe – Lost In California [62:20]

女性ヴォーカルのエモい曲ですが、まだリリース前の曲っぽいです!フルで聴きたい。

30.) Tiësto – Red Lights (Slushii Remix) [63:44]

高い音程のまま大正義アンセム『Red Lights』のヴォーカルが入ってきました!なんと、Slushiiがリミックスしてるとは!
DJ目線でいうと、これクラブで使いたいです。

31.) Tiësto ft. Kirsty Hawkshaw – Just Be (Dzeko Remix) [66:55]

Dzekoの音源もここまでで多く使ってますね!
ハードなトラップから、聴きやすいFuture Bassに流れていいDJしますね〜バランスもいい!

32.) Kygo & Selena Gomez – It Ain’t Me (Tiësto Remix) [68:18]

まさに今旬な曲をティエスト本人がリミックスしてきました、リリースが楽しみ!

33.) Tiësto ft. Corey Crowder – I Wanna Know [69:30]

また未発表曲っぽいですね、ヴォーカルが好み!『I Wanna Know』っていうとAlessoのイメージ。

34.) Tiësto ft. Matthew Koma – Wasted [71:37]

言わずもがな、名曲です。予想通りの大合唱ソング!

35.) Quintino – Get Low [72:28]
  w/ Sandro Silva & Quintino – Epic

34曲目から35曲目にいく今のつなぎ、本当につないでたのかあやしい笑
でも『Epic』が久しぶりに聴けてうれしい笑

36.) Noisecontrollers & Showtek – Get Loose (Tiësto Remix) [73:45]

『Get Loose』のティエスト・リミックスもなつかしい!日本のクラブでもよくかかってたイメージです。

37.) Tiësto & Sikdope – ID (未発表曲) [75:38]

Sikdopeもナイスなベースハウスを作りますよね〜Jauzと同じくらい人気出てもいいと思う。

38.) Tiesto vs. Junkie Kid & Shelboy – Traffic Shock (Christopher Ramirez Mashup) [78:50]

以下のSoundcloudリンクからフリーダウンロードできるマッシュアップです。

39.) Showtek & Justin Prime – Cannonball [81:48]

これまたなつかしい!時が経っても色褪せない、素晴らしい1曲ですね。

40.) VINAI – Our Style [85:45]

バウンス系EDMからしばらく離れていたVINAIが2017年に入ってやっと自分たちのアイデンティティを取り戻した1曲 (フリーダウンロード)。

41.) VINAI ft. Harrison – The Wave (Instrumental Mix) [88:08]
  w/ VINAI ft. Harrison – The Wave (Coone Edit)

つないだ後の謎のバックスピンは何だったのでしょう!笑
最後はビートが速くなってハードスタイルにスイッチ!ハードスタイルで締めるのはEDMフェスの定番ともいえるでしょう。

まとめ

ティエストのDJの流れが素晴らしい!
EDMも色々なタイプのものを提示してくるし、トラップからフューチャーベース、そしてまた四つ打ちに戻ってくる。
ポップな楽曲も取り入れていたし、他のDJにはない飛び道具的なネタ”I Love Tiesto”もいい仕事してました笑
90分でもあっという間だったというのが第一の感想、普通に楽しめました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。