TOP > コラボ企画 > 【スパチューコラボ企画第1弾】DJ RYOHEYが語る、クラブDJプレイの極意とは?

2015.05.01(Fri) DJ RYOHEY コラボ企画

【スパチューコラボ企画第1弾】DJ RYOHEYが語る、クラブDJプレイの極意とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DJ HACKsが、東京・渋谷T2で毎週火曜日に開催されている人気パーティー「SUPER TUESDAY」とコラボする企画がついに始動!
DJ HACKs × SUPER TUESDAY 第1弾

第1弾では、DJ RYOHEYさんが登場。
クラブDJのあれこれについて、読者の皆さんがなにげなく気になっていたことをお聞きしたいと思います!

st_main_2

現役トップDJが語る!by DJ RYOHEY

st_ryohey_B

➖➖➖それでは、コラボ企画第1弾、よろしくお願いします!まずは読者の皆さんに簡単な自己紹介をしていただけますか?

DJ HACKsをごらんの皆さん、はじめまして!DJのRYOHEY (リョウヘイ) です。
毎週火曜日のSUPERTUESDAYでは指揮をとらせてもらっていて、リーダーと呼ばれています。笑

初めてクラブでDJした時をDJデビューとするならば、DJ活動は今年で11年目を迎えます。
レコード屋で働いていた過去もあり、ラジオ番組の制作にも携わり、今のところ音楽漬けの人生を送っています。
いい音楽はジャンル問わず好物です。
絶賛ヒット中のFetty WapからThe Beatlesまで何でも聴きます。

今回は、自分のDJしている時に考えていることを中心に、いろいろとお話したいと思います。よろしくお願いします!

現役トップDJの頭の中をのぞく!

1時〜2時のDJ = 遊びに来たお客さんの第一印象を与える時間

➖➖➖さっそく本題に入っていきます。現役トップDJの頭の中をのぞくというのが本企画のテーマなのですが、RYOHEYさんはスパチューでDJをする時、どんなことを考えながらプレイしていますか?

まずは、お客さんに楽しんでもらえることを第一に考えています。
そして、そこに自分なりのスパイスをいかに加えることができるかも考えていますね。

最近のスパチューでは、1時~2時あたりの時間帯を担当することが多いんですが、個人的に好きな時間帯のひとつで。
なぜかというと、「よしっ!パーティーするぞ!」って遊びに来てくれたお客さんの第一印象を与える時間だと思うので。

異性と会った時も、第一印象が◯割を占めるみたいな事言うじゃないですか?笑

なので、お客さんたちがエントランスをくぐって入ってくる1時~2時の時間帯は、「はいっ!今日一日楽しんでって下さい!」みたいな気持ちでプレイしてますね。

細かく言うと、それぞれの時間帯によってDJプレイ中に考えるべきことはたくさんあるのですが、やっぱりお客さんに楽しんでもらえることを第一に考えるスタンスはどの時間帯でも変わりません。

クラブでたまに古い曲がかかるのってなぜ?

➖➖➖読者の皆さんから、「クラブでたまに古い曲がかかってたりするのってなぜなんですか?」という質問をいただきました。RYOHEYさんはこれについてどう思いますか?

クラブに遊びに行ったら、「なつかしい!けど、この曲って今もクラブでかかってるの?」って瞬間を味わったことがある方もいると思うのですが、DJプレイはヒット曲だけを流すのは決していいDJプレイではないと自分は思っていて。

今のヒット曲を流しながらも、往年の名曲もかけてそこに「なつかしい!」とか「久しぶりに聴いた!」みたいな感動を与える瞬間を作れるのがいいDJプレイなのかなと。
いいDJの人って、「うっわ。それ流しちゃう!?」みたいな名曲を平気でかけてくるんですよねー。その瞬間は最高で、たまりません。
いい曲って、いつまでもいい曲なのです

あと、別の視点から見た時に、みんなが聴きたいヒット曲を一番いい時間帯に流したいというのがあります。
だから、OPENしてからお客さんがたまってくるまでの時間帯はちょっと前のヒット曲を流すなんてケースもあります。

ヒット曲だけが一晩中かかってると、どうしてもその曲たちの重みが軽くなってしまいます。
どんなに聴きたい曲でも、一晩で何回も聴いてたらそんなにテンションあがらなくなってしまいますよね?
みんなが聴きたいヒット曲をすごくいい雰囲気の時に聴けたら絶対テンションあがると思うので、そのためにあえて古い曲をバランス取るためにかけたりとかしてるんですよね。

理想のパーティー: ゆっくり→徐々に↗で細かく↗↘↗↘↗

➖➖➖DJの考える一晩を通したパーティーの流れがあるんですね。では、RYOHEYさんが思う理想のパーティーってどんな感じですか?

自分がそのクラブのオープンから遊びに行って、クローズの音が止まるまで楽しく遊んじゃうだろうなーって思うパーティーについてお話ししたいと思います。

オープンして音が鳴り始めた時はゆっくりと音数が少ないところから始まって、まずは一杯お酒を飲みます。笑
すると、そのDJが気持ちいい曲を流してくれたりして、ちょっと2杯目飲むか。みたいな。
で2、3杯飲んでるうちに気付くとそのDJに心を掴まれてゆっくりダンスしちゃったりして。

0時から1時くらいになると、お客さんがたまり始めて、自分の周りもざわざわしてくる。
するとDJも「やるか」みたいな表情とともに、曲調もだんだん上がっていって激しくなっていき、最近のヒット曲も流れ出す。

そうなると「待ってました!」みたいな感じになるじゃないですか?
本当の意味でパーティースタート!みたいな?
そこでダンスするわけです。笑

ただずーっと盛り上がる曲だけが流れていると疲れちゃうなと。
一晩中踊り続けられるほどの体力もないですし。笑

その時に古い曲が流れたり、知らない曲だけどかっこいい!みたいな曲とか、曲のジャンルが変わっていったりとかすると、ずっと楽しいです。
気がつくと「もう4時?後1時間しかない!」って経験も今までたくさんしてきました。

4時半で残り30分くらいになると、今までの激しい曲調を包み込んでくれるようなR&Bとかが流れてくるともうたまりません
最後は大熱唱するみたいな。英語の曲をなんとなく雰囲気で大熱唱。笑

もちろん日によっては「最後まで踊らせてください!」みたいな気分の時もあるんですが、あくまで理想的なパーティーの流れということなので。

すごく大雑把ですが、ゆっくり→徐々に↗で細かく↗↘↗↘↗でラストが近づくにつれて徐々に↘みたいなのが自分の理想の一晩の流れです。

クラブで日本語の曲がかかることについて、どう思う?

➖➖➖最近は3代目J SOUL BROTHERSの『R.Y.U.S.E.I.』やセカオワの『Dragon Night』などJ-POPのEDM寄りな曲が出てきて、クラブでもかかることが多くなってきました。”クラブで日本語の曲を流すのはありなのか?”について、賛否両論だとは思いますが、RYOHEYさんはどうお考えですか?

うーん。難しい質問ですねー。
そのイベントのコンセプトによるかと思います。

我々が火曜日やっているスパチューだと、DJ陣が”海外を意識したパーティーをいかに日本の若いお客さんに伝えられるか?”という意識があるので、日本語の曲はかけないようにしています。
海外のヒット曲がかかるパーティーでは悲しいことに、日本の曲はプレイされていることが少ないと思うので。

ただ、日本の曲も自分は大好きなので、日本のかっこいい曲をかけようみたいなパーティーだったらかけまくります。全力で。
けど、日本の曲をかける時も「自分がかっこいい曲だと思うからかける!」みたいな意識はもっちゃいますね。

スパチューの魅力: “本当の意味で”実力派DJ陣がそろっている

➖➖➖海外のパーティーを意識しているスパチューですが、DJ目線でいうとどんなところが魅力的だと思いますか?

スパチューは、本当の意味で魅力的なパーティーだなといつも思っています。
クラブシーンの中でキャリアと実績をつんで、なおかついまだに第一線で活躍しているメンバーが揃っているパーティーなんです。

3月にSPRINGROOVE 2015に出演したDJ HOKUTOを筆頭に、DJ KENMAKI、DJ BABY-T、DJ SHOTA、DJ BACK4、DJ LOW-LEEと、経験値の高いDJから若手のDJまで、実力と人気を兼ね揃えたメンバーで毎週火曜日にパーティーしています

そのメンバーが団結力をもって、とにかく楽しくかっこいいことをやっていこうってパーティーなので安心して遊びに来て下さい。笑
あと、みんなとにかくパーティーする気持ちが強いので、出演DJ陣も楽しんでます。
この楽しさがもっとたくさんの人に伝わってほしいですね。

DJ目線のおすすめ曲 by DJ RYOHEY

1.) Tuesday feat. Drake

まず1曲目は、ILoveMakonnenがDrakeをフィーチャリングしたヒップホップ・ソング『TUESDAY』。
この曲は、スパチューのFacebookページでも再三取り上げているのですが、勝手にスパチューのテーマソングにしちゃってます(笑)
自分たちも火曜日からパーティーしようってのをこのイベントが始まった時からテーマとして掲げ続けているので、まさにうってつけの曲だなと。
HACKSでも以前にこの曲の特集を組んでたと思うので、詳しくはそちらで!

2.) Don’t Wait

2曲目は、Mapeiの『Don’t wait』です。

知人のPCからこの曲が流れてきて聴いた瞬間、一発で好きになりました!
このあったかくて、音楽が大好きみたいな感じが伝わってくるところがたまりません。
Arrested Developmentの『Speech』の楽曲のような。

アコギメインのトラックに魅力的なヴォーカルが楽器のように気持ちいい。
音数は少ないけど充分に満たされる。
こういう曲を聴くと音楽っていいなって思います。

今みたいな暖かくなってきた時期に外で聴いたら気持ち良さそうですよね。

まとめ

➖➖➖本日はお話いただき、ありがとうございました。DJ HACKsの読者さんの中にもこれからDJを始めたいという人がいると思うので、最後にその人たちに何かアドバイスをいただけますか?

アドバイスも何も、自分自身がまだまだ道半ばなので、一緒に頑張りましょう!ってのが本音です(笑)

初めてクラブでDJをした時から、あっという間に10年という月日が流れて今年で11年目ですが、悔しい思いはとことんしてきました。
つらいなーと思うことも多々ありました。

けど、始めた時から今日までDJはずっと楽しいですし、この先やりたいことは増すばかりです。
それにDJやってたからこそ出会えた気のおける仲間も多くできました。

音楽が好きっていうのが根っこにあって、「DJやってみたいなー」と思ってる方は今すぐやるべきだと自分は思います。

ただ、「やりたいけど何から始めたらいいの?」って思う方もいますよね。
そんな方に朗報です(笑)

これまた都内で第一線を走る人気DJのKEKKEとともに「TMO DJスクール」という名のDJスクールをこの春から立ち上げました!!

自分らが今まで培ってきたDJのノウハウに自信だけはあったので、「DJスクールやってみない?」という会話の中で生まれた一言から始めることにしました。
人に教えるということを通して、自分自身もたくさんのことを学べそうだなという思惑もあったりするのですが(笑)

こちらのサイトでただいま体験入学を受け付けているので、興味ある方は軽い気持ちで一度足を運んでみて下さい。

DJを始めてみたい方へ: DJ RYOHEYが開催するDJスクールのご案内
▶︎ https://www.street-academy.com/myclass/4369

最後は告知全開ですみません。笑
T2の火曜日SUPER TUESDAYにもぜひ足を運んでみてくださいね!
最後までお付き合いいただきありがとうございましたー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ RYOHEY
ZIPANG STAR 所属。中学生の頃ミクスチャーロックを聞いていた流れで次第にHIPHOPに惹かれていった。高校生の頃、知り合いのバンドのライブを観に行った時にDJを初めて体感し、DJの魅力にはまり、DJを志すようになる。19歳の時に初めてCLUBでのDJ PLAYを経験。その後、数多くのPARTYでDJプレイを経験し、着実にスキルを磨いていく。日本人だけでなく、外人をもロックするDJプレイが評価され、2011年に日本屈指のビッグクラブFERIA TOKYOのレジデントDJに抜擢される。2014年にはSOCIAL CLUB TOKYO。 そしてELE TOKYOと、都内のクラブシーンで最も話題となった2つのクラブのレジデントDJに抜擢。そしてDJ CITY JAPANが主宰するMixcloud企画にPICK UPされR&Bチャート1位、HIPHOP/RAPチャート2位、EDMチャート2位という記録を残す。CDショップで働き、その後長い間ラジオ番組制作に携わるという異色の経歴をもつ彼は、そこで培われた曲の知識を生かし、様々なジャンルを行き来するオープンフォーマットというスタイルを好み、PARTYをロックする実力派DJ。T2にて毎週火曜日に開催しているSUPER TUESDAYでは『リーダー』という愛称をもち、PARTYのオーガナイズを担当している。アメリカでのDJ PLAY、ラジオ番組、テレビ番組の出演とCLUB DJとして希少な経験もち、海外のスタンダードなPARTYシーンと日本のPARTYシーンの距離を縮める事を目標に日夜DJ活動に励んでいる。CLUB DJとして明確な思考をもち、音楽業界で培われた独自のパイプを生かしながら大きな目標にトライする彼の今後の動きにぜひ注目してほしい。
関連記事