TOP > 和訳シリーズ > 【和訳】Steve Aoki & Louis Tomlinson『Just Hold On』

2017.04.12(Wed) BABY-T 和訳シリーズ

【和訳】Steve Aoki & Louis Tomlinson『Just Hold On』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Steve AokiとLouis Tomlinsonの『Just Hold On』の歌詞をわかりやすく和訳・日本語訳してみました!

steveaoki_louistom_1

出典:Mysound.jp

DJ HACKsでBABY-Tによる和訳シリーズがスタート

djhacks_和訳シリーズ_main

こんにちは、BABY-Tです。DJ HACKsではかなり久しぶりに記事を書かせてもらっています。

この度BABY-Tが厳選するオススメの音楽を、その歌詞の和訳とともに皆様に紹介しようという新コーナーを週に1度のペースでスタートさせていただくことになりました!
昔某大手サイトで自分のBLOGをやっていた時は、和訳シリーズと題して定期的に紹介していたので、気になる曲の和訳を僕の書いた記事から知った人ももしかしたらいるかもしれませんね。

少し自分の話をさせてもらうと、僕は学生時代、好きな曲の和訳をすることで英語を覚えていきました。好きな曲の歌詞を拾って和訳をしたり、英詞を聞き取ろうとしたりすると、本当に嘘みたいに、英語のリスニング力も単語の理解量も増えていったんです。

なので英語ができるようになりたい人・英語に対して苦手意識のある人は、好きな曲の和訳からやってみることをオススメします。好きな曲が英語の歌詞なので歌っている意味が理解できなくてもどかしい…なんてことは誰しもがあるはず。

と、少し本題から離れてしまいましたが、このシリーズを始めるにあたっての一番の僕の狙いは、『曲に込めた意味や想いを、音以外からも理解することでより深くその曲を好きになってもらいたい』ということなのです。

僕は Producer / DJ として自分の曲も英詞で自分で書いてリリースしていますが、日本語では恥ずかしくてなかなか書けない表現でも英語だと伝えられちゃう的なところが、正直結構ありますw


(BABY-Tの最新曲『All Over Again』はテラスハウスのテーマソングにもなりました)

逆に言うと、「この曲はどんな意味なんだろう?知りたいな~」っていう人もたくさんいるはずです。
「それならばその意味を1人でも多くの人に伝えたい!!!」そんな気持ちで燃えるように今この記事を書いています。

あ、そうそう。
この和訳シリーズは歌詞の意味をそのまま翻訳したものではなく、自分なりの解釈と独自の感覚で取り入れた”BABY-T的な意訳”なので、
「おいおい、この歌詞でそこまで言ってるかこれ?」
的な指摘はご遠慮いただくよう、ご了承ください。。

ラブソングであればよりロマンチックに、サッドソングであればより切なく伝えたいのです!

そんなわけで記念すべき第1回目はこちら!

Just Hold On / Steve Aoki & LouisTomlinson

和訳『Just Hold On』

[Verse 1: ルイ・トムリンソン]
Wish that you could build a time machine
So you could see
The things no one can see
Feels like you’re standing on the edge
Looking at the stars
And wishing you were them

もし君がタイムマシーンを作れたら
誰もまだ見たことのないものを君は見ることができるね
僕には君が崖にたたずんで空に光る星たちを眺めているように感じるんだ
そしてその星のように自分も輝けたらなって願ってる

[Pre-Chorus: ルイ・トムリンソン]
What do you do when a chapter ends?
Do you close the book and never read it again?
Where do you go when yourstory’s done?
You can be who you were or who you’ll become
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh, if it all goes wrong
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh, darling just hold on

もし人生の終わりがきたらどうするんだい?
読み終えた本のように二度と開くことはないのかな?
君が自分の人生の物語を終えたら一体どこへ向かうんだろう
もう一度いまの君自身に生まれ変わるのか、それともちがう誰かになるのかな
もしすべてが間違った方向に進んでいっても
ねぇ、あきらめないで欲しいんだ

[Chorus: ルイ・トムリンソン]
The sun goes down and it comes back up
The world it turns no matter what
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh, if it all goes wrong
Darling, just hold on

だって太陽が沈んでもまた昇るように
この世界もまた回り出す
だからすべてが間違った方向にいっても
絶対あきらめないで欲しいんだ

[Post-Chorus: ルイ・トムリンソン]
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh, darling, just hold on
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh

君にはきっとできるからあきらめないで欲しいんだ

[Verse 2: ルイ・トムリンソン]
It’s not over ’til it’s all been said
It’s not over ’til your dying breath
So what do you want them to say when you’re gone?
That you gave up or that you kept going on?

全部が語りつくされるまでその物事が終わることなんてないんだよ
君が息をしなくなるまでどうにもならないことなんてない
君が人生の終わりを迎えた時、みんなに何て言われたい?
君はあきらめたって?それとも最後まで貫いて頑張ってたって?

[Pre-Chorus: ルイ・トムリンソン]
What do you do when a chapter ends?
Do you close the book and never read it again?
Where do you go when your story’s done?
You can be who you were or who you’ll become
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh, if it all goes wrong
Oh-oh-oh,oh-oh-oh oh, darling just hold on

もし人生の終わりがきたらどうするんだい?
読み終えた本のように二度と開くことはないのかな?
君が自分の人生の物語を終えたら一体どこへ向かうんだろう
もう一度いまの君自身に生まれ変わるのか、それともちがう誰かになるのかな
もしすべてが間違った方向に進んでいっても
ねぇ、あきらめないで欲しいんだ

[Chorus: ルイ・トムリンソン]
The sun goes down and it comes back up
The world it turns no matter what
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh, if it all goes wrong
Darling, just hold on

だって太陽が沈んでもまた昇るように
この世界もまた回り出す
だからすべてが間違った方向にいっても
絶対あきらめないで欲しいんだ

[Post-Chorus: ルイ・トムリンソン]
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh
Darling, just hold on
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh
If it all goes wrong
Oh-oh-oh, oh-oh-ohoh
Darling just hold on

絶対あきらめないで欲しいんだ
もし自分の思った方向とちがうように進んでいっても君ならきっとできるから
あきらめないで

[Outro: Louis Tomlinson]
Oh-oh-oh, oh-oh-oh oh
If it all goes wrong, darling just hold on

もし自分の思った方向とちがうように進んでいっても君ならきっとできるから
あきらめないで

まとめ

最近スティーヴ・アオキとルイ・トムリンソンはいろんなところでショーを行なっています。
ウルトラ・マイアミでもスティーヴ・アオキのステージにサプライズゲストでルイ・トムリンソンが登場しましたね。

ちなみに僕は最近クラブでDJするとき、この曲のBad Royale Remixを多用しています (最高に気持ちがいい!!!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
BABY-T
日本のダンスミュージックシーンの中でも限りなく稀なボーダーレスDJ/Producer。10代の頃から圧倒的な現場数をこなし、EU圏のCLUBシーンで圧倒的な支持を受けるEclectic Styleという、Urban MusicからDance Musicまでをジャンルレスに操るスタイルを武器に野外のビッグフェスティバルはもちろんあらゆるシーンのイベントからオファーが殺到。近年ではAVICII, ZEDD, AFROJACK, DAVID GUETTAなど様々なEDMアーティストの来日公演に日本選抜DJとして参戦し注目を集めている。楽曲制作に関してはREMIXを担当したMATT CAB feat.VERVAL(m-flo)の「Touch The Sky」がDJ REMIXとしては異例のiTunesランキング8位を記録、ファーストシングル「Ready For Action」に世界の盛り上げ番長Fatman Scoopを起用、日本で絶大な人気を誇るSKY-HIとの日米2大トップラッパーの共演とフロアにまっすぐ刺さるサウンドでシーンに衝撃を与える。さらに同EPに収録された「Fallin’ feat.AYUMU YAMASHITA」はUSENインディーズチャートで2位にランクインするなどプロデュースワークでも実力の片鱗を見せた。2015年11月には143(ワンフォースリー)名義でクリエイティブユニットとしての活動も発表、JUJUやCREAMといったアーティストのRemixを手がけて話題を呼んでいる。2016年4月にはCreamのStaxx T,2WINのT-PABLOWをfeatに迎えた楽曲「PENGUINS」がiTunesランキング2位を記録。2016年10月には自身初のオリジナルアルバム「JUST THE BEGININNG」をリリース、リードシングル「Timeline feat.AISHA & KEN THE 390」がiTunesチャートでトップ10入り、さらに2017年に入っても「All Over Again feat.iamSHUM」が大人気番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』にてオンエアされるなど現場生え抜きのDJながらプロデューサーとしても新曲を待望される存在になっている。