TOP > 和訳シリーズ > 【和訳】Calvin Harris『Heatstroke』

2017.05.03(Wed) BABY-T 和訳シリーズ

【和訳】Calvin Harris『Heatstroke』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Calvin Harrisの『Heatstroke』の歌詞をわかりやすく和訳・日本語訳してみました!

和訳_heatstroke

DJ HACKs 和訳シリーズ by BABY-T

BABY-Tが厳選するオススメの音楽を、その歌詞の和訳とともに皆さんにご紹介しようという新コーナーが毎週水曜日にスタートしました!
昔某大手サイトで自分のBLOGをやっていた時は、和訳シリーズと題して定期的に紹介していたので、気になる曲の和訳を僕の書いた記事から知った人ももしかしたらいるかもしれませんね。

少し自分の話をさせてもらうと、僕は学生時代、好きな曲の和訳をすることで英語を覚えていきました。好きな曲の歌詞を拾って和訳をしたり、英詞を聞き取ろうとしたりすると、本当に嘘みたいに、英語のリスニング力も単語の理解量も増えていったんです。

なので英語ができるようになりたい人・英語に対して苦手意識のある人は、好きな曲の和訳からやってみることをオススメします。好きな曲が英語の歌詞なので歌っている意味が理解できなくてもどかしい…なんてことは誰しもがあるはず。

と、少し本題から離れてしまいましたが、このシリーズを始めるにあたっての一番の僕の狙いは、『曲に込めた意味や想いを、音以外からも理解することでより深くその曲を好きになってもらいたい』ということなのです。

僕は Producer / DJ として自分の曲も英詞で自分で書いてリリースしていますが、日本語では恥ずかしくてなかなか書けない表現でも英語だと伝えられちゃう的なところが、正直結構ありますw

逆に言うと、「この曲はどんな意味なんだろう?知りたいな~」っていう人もたくさんいるはずです。
「それならばその意味を1人でも多くの人に伝えたい!!!」そんな気持ちでこのコーナーをスタートさせました。

この和訳シリーズは歌詞の意味をそのまま翻訳したものではなく、自分なりの解釈と独自の感覚で取り入れた”BABY-T的な意訳”なので、
「おいおい、この歌詞でそこまで言ってるかこれ?」
的な指摘はご遠慮いただくよう、ご了承ください。。

ラブソングであればよりロマンチックに、サッドソングであればより切なく伝えたいのです!

Calvin Harris 「Heatstroke」 和訳

calvinheat

出典:edmsauce

いよいよGWにぴったりの過ごしやすい気候になってきましたね!
こうなってくると俄然太陽が似合うGroovyな音楽が聴きたくなってくるんです。。。

そんなタイミングでリリースされたのがCalvin Harrisの『Heatstroke』(海岸線とパームツリーが似合う超ご機嫌ナンバーです)。
フィーチャリングにAriana Grande (アリアナ・グランデ)、Pharrell Williams (ファレル・ウィリアムス)、Young Thug (ヤング・サグ)という、豪華な顔ぶれで聴く前からお腹いっぱいになりそうですよね。
Ariana Grandeのパートのメロディが甘酸っぱすぎてもうよだれが。。。

クラブでも夏に向けてよく聴くことになるでしょう!!!(俺は既にヘビープレイしてるのですが、まだ反応がイマイチなのが寂しい泣)
※言葉遊びやハードな歌詞はわかりやすく尚且つ柔らかい表現にしてあります

和訳

[Intro: Young Thug]
Won’t you please
Slow it down?
I’m tryna talk to you, darlin’
Tryna walk with you, darlin’
Do you hear me?
And no-no-no-no-nobody can stop it
The love you got from me
And every time, I look out at my seat today
They chase, they flash they flash, yes

なぁ、ちょっと時間をくれないか?
君と話したいんだ
二人並んで歩きながらさ
聞こえてるのかい
これだけは誰にも止められない
俺からの愛のことさ
今の俺をいつでも外から覗けるとしたら
追いかけながらもキラキラしてるんだろうな

[Verse 1: Young Thug]
Tell me how you feel right now
‘Cause all I wanna do is keep it real right now
I’m tryna beat it up, Beat Pills right now
Athletic in the sheets, I got skills right now
Break bread with some red baby hair
Ballin’ in the club, Ace of Spades, yeah
Pop that bitch and spray it like ‘Raid’
Yellow diamonds on you like a glass of lemonade
QB, I’ll throw it
Teeth white, Newports
I won’t need, like shorts
80 thousand dollar Birkin bag in the Porsche
I’m tryna fuck with you ’til we on life support
I’ll split it with you if we get half of Michael Jordan
No toilet tissue, I shit on niggas ’cause life is short (facts)
No passport to go with me, I had to get deported

君がどう感じてるか教えてくれ
マジでいきたいんだ、嘘つくのはなしさ
イカしたスピーカーでこの気持ちを鳴らしてくぜ
ベッドの中ではアスリートのように俺のスキルをわからせる
赤く染めたブレイズヘアーでクラブで豪遊、高いシャンパンからよこしな
イカしたねーちゃんはべらせて、強盗みたいにハードに行くぜ
君のつけてるイエローダイヤはレモネードみたいさ
クオーターバックみたいに投げるぜ
白い歯とイカした床
パンツと一緒で俺には必要ない
ポルシェの中にはバーキンだってあるし
死ぬまでお前と楽しむつもりだ
マイケルジョーダンみたいに稼いでその半分を二人で分けんだ
トイレットペーパーは俺には必要ない
したい所で自由にするんだ
だって人生短いんだぜ
俺といるならパスポートはいらないだ

[Chorus: Pharrell Williams & Young Thug]
Release, let go, and have a good time
Have a good, have a good time, yeah
Have a good, have a good time
Release, let go, and have a good time
Have a good, have a good time, yeah
Have a good, have a good time

自分を解放して楽しむんだ
そうやって楽しむんだ
自分を解き放って自由に楽しむのさ

[Refrain: Ariana Grande & Pharrell Williams]
When you do things like this
And you set me free
How can anyone get tired?
When you do things like this
And you set me free
I think I’ve just been inspired
Oh babe

あなたがそうやってすると
私まで自由になれたみたいに思える
誰がこんなの飽きるのよ?
あなたがそうやってすると
私まで自由になれたみたいに思える
あなたにどんどん染まっていってるみたい
ベイビー

[Verse 2: Young Thug]
Jeffery!
Brand new chapter of a real you
She got every red bottom like a baboon
Hunnid’ bottles in the club, real one room
Girl you gotta keep up with a boss move
King of the jungle, tycoon
Everybody thinking that’s a cartoon
We just wanna party, way back in the war room
Do you want some? No I don’t, son
Tryna watch me ballin’, do you want money?
I’m just tryna turn up, tryna work something
Shawty suck the dick good, she wanna fuck it first
Hey mista, you a rat burn
Good hair down her back
Rich nigga, I like ‘em ratchet
Fuck it up, throw it back
No shave, Brazilian wax

ジェフリー
君の新たな一面さ
いつもルブタンのヒール
空いたシャンパンボトルが散らかった部屋で
君はボスに言われるがまま
ジャングルの王者の現代版ってとこか
みんなはそれが漫画の世界だって思ってる
俺たちはただパーティーしたいだけなんだ
戦争を思い返してみろ
そんなことしたいか?そんなのごめんだ
俺の遊び方を見てみろ
金が欲しいか?
俺はいつでもイケてるし稼いでる
女は俺に群がり、君も俺を欲しがる
背中まであるイカしたロングヘアー
俺はリッチ
イケてると思い込んでる女が好きなんだ
ヤッたら返してやるよ
剃るわけないだろ
ブラジリアンワックスさ

[Chorus: Pharrell Williams & Young Thug]
Release, let go, and have a good time
Have a good, have a good time, yeah
Have a good, have a good time
Release, let go, and have a good time
Have a good, have a good time, yeah
Have a good, have a good time

自分を解放して楽しむんだ
そうやって楽しむんだ
自分を解き放って自由に楽しむのさ

[Refrain: Ariana Grande & Pharrell Williams]
When you do things like this
And you set me free
How can anyone get tired?
When you do things like this
And you set me free
I think I’ve just been inspired
Oh babe

あなたがそうやってすると
私まで自由になれたみたいに思える
誰がこんなの飽きるのよ?
あなたがそうやってすると
私まで自由になれたみたいに思える
あなたにどんどん染まっていってるみたい
ベイビー

[Outro: Pharrell Williams & Ariana Grande]
Hey, hey
I could sweat like this all night
Oh, heatstroke, oh
I think you opened my eyes

こんな風に一晩中汗をかいてる
まるで熱射病だな
君がそんな俺の目を開けてくれたんだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
BABY-T
日本のダンスミュージックシーンの中でも限りなく稀なボーダーレスDJ/Producer。10代の頃から圧倒的な現場数をこなし、EU圏のCLUBシーンで圧倒的な支持を受けるEclectic Styleという、Urban MusicからDance Musicまでをジャンルレスに操るスタイルを武器に野外のビッグフェスティバルはもちろんあらゆるシーンのイベントからオファーが殺到。近年ではAVICII, ZEDD, AFROJACK, DAVID GUETTAなど様々なEDMアーティストの来日公演に日本選抜DJとして参戦し注目を集めている。楽曲制作に関してはREMIXを担当したMATT CAB feat.VERVAL(m-flo)の「Touch The Sky」がDJ REMIXとしては異例のiTunesランキング8位を記録、ファーストシングル「Ready For Action」に世界の盛り上げ番長Fatman Scoopを起用、日本で絶大な人気を誇るSKY-HIとの日米2大トップラッパーの共演とフロアにまっすぐ刺さるサウンドでシーンに衝撃を与える。さらに同EPに収録された「Fallin’ feat.AYUMU YAMASHITA」はUSENインディーズチャートで2位にランクインするなどプロデュースワークでも実力の片鱗を見せた。2015年11月には143(ワンフォースリー)名義でクリエイティブユニットとしての活動も発表、JUJUやCREAMといったアーティストのRemixを手がけて話題を呼んでいる。2016年4月にはCreamのStaxx T,2WINのT-PABLOWをfeatに迎えた楽曲「PENGUINS」がiTunesランキング2位を記録。2016年10月には自身初のオリジナルアルバム「JUST THE BEGININNG」をリリース、リードシングル「Timeline feat.AISHA & KEN THE 390」がiTunesチャートでトップ10入り、さらに2017年に入っても「All Over Again feat.iamSHUM」が大人気番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』にてオンエアされるなど現場生え抜きのDJながらプロデューサーとしても新曲を待望される存在になっている。