TOP > 和訳シリーズ > 【和訳】Kygo & Ellie Goulding『First Time』

2017.05.26(Fri) BABY-T 和訳シリーズ

【和訳】Kygo & Ellie Goulding『First Time』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kygo (カイゴ) とEllie Goulding (エリー・ゴールディング) の新曲『First Time』を和訳してみました!

和訳_FirstTime

DJ HACKs 和訳シリーズ by BABY-T

BABY-Tが厳選するオススメの音楽を、その歌詞の和訳とともに皆さんにご紹介しようという新コーナーが毎週水曜日にスタートしました!
昔某大手サイトで自分のBLOGをやっていた時は、和訳シリーズと題して定期的に紹介していたので、気になる曲の和訳を僕の書いた記事から知った人ももしかしたらいるかもしれませんね。

少し自分の話をさせてもらうと、僕は学生時代、好きな曲の和訳をすることで英語を覚えていきました。好きな曲の歌詞を拾って和訳をしたり、英詞を聞き取ろうとしたりすると、本当に嘘みたいに、英語のリスニング力も単語の理解量も増えていったんです。

なので英語ができるようになりたい人・英語に対して苦手意識のある人は、好きな曲の和訳からやってみることをオススメします。好きな曲が英語の歌詞なので歌っている意味が理解できなくてもどかしい…なんてことは誰しもがあるはず。

と、少し本題から離れてしまいましたが、このシリーズを始めるにあたっての一番の僕の狙いは、『曲に込めた意味や想いを、音以外からも理解することでより深くその曲を好きになってもらいたい』ということなのです。

僕は Producer / DJ として自分の曲も英詞で自分で書いてリリースしていますが、日本語では恥ずかしくてなかなか書けない表現でも英語だと伝えられちゃう的なところが、正直結構ありますw

逆に言うと、「この曲はどんな意味なんだろう?知りたいな~」っていう人もたくさんいるはずです。
「それならばその意味を1人でも多くの人に伝えたい!!!」そんな気持ちでこのコーナーをスタートさせました。

この和訳シリーズは歌詞の意味をそのまま翻訳したものではなく、自分なりの解釈と独自の感覚で取り入れた”BABY-T的な意訳”なので、
「おいおい、この歌詞でそこまで言ってるかこれ?」
的な指摘はご遠慮いただくよう、ご了承ください。。

ラブソングであればよりロマンチックに、サッドソングであればより切なく伝えたいのです!

Kygo & Ellie Goulding『First Time』 和訳

さて、今週はSelena Gomezとのコラボ曲『It Ain’t Me』が目下大ヒット中のKygoのブランニューソング『First Time』です。
KygoのTropical House (トロピカル・ハウス) の世界観に、ヴォーカル・Ellie Gouldingの艶っぽい歌声が足されて、なんとも言えない切なさ・妖艶さが出てますがw
皆も初めての恋人との思い出を頭に思い浮かべて聴いてみてもいいかも??

和訳

We were lovers for the first time
Running all the red lights
The middle finger was our peace sign, yeah
We were sipping on emotions
Smoking and inhaling every moment
It was reckless and we owned it, yeah, yeah

お互いが初めての恋人だったわ
赤信号も無視してた
中指を立てることが二人のピースサインで
湧きたてられる感情を飲み干すようにして
タバコの煙と一緒にすべてを吸い込むような
無謀でいることが私たちのルールだった

We were high and we were sober
We were under, we were over
We were young and now I’m older
But I’d do it all again

ハイだったけどシラフのような
足りないような行き過ぎているような
あの頃は若かったけど今ではもういろんな経験をした
でももう一度あの頃をやり直したい

Getting drunk on a train track
Way back, when we tried our first cigarettes
Ten dollars was a fat stack
I’d do it all again
Bought my jacket and a snapback
Your dad’s black Honda was a Maybach
Three stacks on the playback
I’d do it all again

線路の上で泥酔して
最初のタバコの味を思い出す
10ドルを大金に思ってた
あの頃に戻りたい
ジャケットとキャップを買った
あなたのパパの車はメイバックだった
Outkastの曲を何度も聞いていた
あの頃に戻りたい

We were lovers on a wild ride
Speeding for the finish line
Come until the end of our time, yeah
Started off as a wildfire, burning down the bridges to our empire
Our love was something they could admire, yeah, yeah

私たちはやりたいように進む二人だった
ゴールまでスピードを緩めないような
死ぬその時までやり切るのよ
山火事のように突然に、二人だけのお城にかかる橋を燃やし尽くすように
二人の愛はみんなが羨むような何かを感じさせてたの

We were high and we were sober
We were under, we were over
We were young and now I’m older
But I’d do it all again

ハイだったけどシラフのような
足りないような行き過ぎているような
あの頃は若かったけど今ではもういろんな経験をした
でももう一度あの頃をやり直したい

Getting drunk on a train track
Way back, when we tried our first cigarettes
Ten dollars was a fat stack
I’d do it all again
Bought my jacket and a snapback
Your dad’s black Honda was a Maybach
Three stacks on the playback
I’d do it all again

線路の上で泥酔して
最初のタバコの味を思い出す
10ドルを大金に思ってた
あの頃に戻りたい
ジャケットとキャップを買った
あなたのパパの車はメイバックだった
Outkastの曲を何度も聞いていた
あの頃に戻りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
BABY-T
日本のダンスミュージックシーンの中でも限りなく稀なボーダーレスDJ/Producer。10代の頃から圧倒的な現場数をこなし、EU圏のCLUBシーンで圧倒的な支持を受けるEclectic Styleという、Urban MusicからDance Musicまでをジャンルレスに操るスタイルを武器に野外のビッグフェスティバルはもちろんあらゆるシーンのイベントからオファーが殺到。近年ではAVICII, ZEDD, AFROJACK, DAVID GUETTAなど様々なEDMアーティストの来日公演に日本選抜DJとして参戦し注目を集めている。楽曲制作に関してはREMIXを担当したMATT CAB feat.VERVAL(m-flo)の「Touch The Sky」がDJ REMIXとしては異例のiTunesランキング8位を記録、ファーストシングル「Ready For Action」に世界の盛り上げ番長Fatman Scoopを起用、日本で絶大な人気を誇るSKY-HIとの日米2大トップラッパーの共演とフロアにまっすぐ刺さるサウンドでシーンに衝撃を与える。さらに同EPに収録された「Fallin’ feat.AYUMU YAMASHITA」はUSENインディーズチャートで2位にランクインするなどプロデュースワークでも実力の片鱗を見せた。2015年11月には143(ワンフォースリー)名義でクリエイティブユニットとしての活動も発表、JUJUやCREAMといったアーティストのRemixを手がけて話題を呼んでいる。2016年4月にはCreamのStaxx T,2WINのT-PABLOWをfeatに迎えた楽曲「PENGUINS」がiTunesランキング2位を記録。2016年10月には自身初のオリジナルアルバム「JUST THE BEGININNG」をリリース、リードシングル「Timeline feat.AISHA & KEN THE 390」がiTunesチャートでトップ10入り、さらに2017年に入っても「All Over Again feat.iamSHUM」が大人気番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』にてオンエアされるなど現場生え抜きのDJながらプロデューサーとしても新曲を待望される存在になっている。