TOP > ビルボード&UKチャート > 今週の最新洋楽ランキング「ビルボード & UKチャート」(2014/12/13)

2014.12.05(Fri) DJ SHOTA ビルボード&UKチャート

今週の最新洋楽ランキング「ビルボード & UKチャート」(2014/12/13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週から新しい企画がスタートします。
世界の最新洋楽のランキング、DJ HACKsをごらんになる方なら気になるところですよね?
そのようなニーズがあるだろうと思い、世界の音楽の動向をチェックできるランキングを転載することにしました。

世界的に権威のある洋楽ランキング2つをセレクト。
アメリカのビルボードチャートと、イギリスのUKチャートです。

それでは、各チャート10位ずつ紹介していきます。

taylorswift1

出典:billboard

Billboard Chart (12/13)

billboard1

出典:billboard

1位 Blank Space (→)

アーティスト: Taylor Swift

2位 All About That Bass (→)

アーティスト: Meghan Trainor

3位 Take Me To Church (→)

アーティスト: Hozier

4位 Shake It Off (↑)

アーティスト: Taylor Swift

5位 Animals (↓)

アーティスト: Maroon 5

6位 The Heart Wants What It Wants (↑)

アーティスト: Selena Gomez

7位 I’m Not The Only One (↓)

アーティスト: Sam Smith

8位 Uptown Funk (↑)

アーティスト: Mark Ronson ft. Bruno Mars

9位 Habits (Stay High) (↓)

アーティスト: Tove Lo

10位 Love Me Harder (↓)

アーティスト: Ariana Grande ft. The Weeknd

UK Chart (12/6)

ukchart1

出典:STAX OF WAX

1位 These Days (NEW)

アーティスト: Take That

2位 Do They Know It’s Christmas? (↓)

アーティスト: Band Aid 30

3位 Wrapped Up (→)

アーティスト: Olly Murs ft. Travie McCoy

4位 Thinking Out Loud (→)

アーティスト: Ed Sheeran

5位 Real Love (↓)

アーティスト: Clean Bandit & Jess Glynne

6位 Steal My Girl (→)

アーティスト: One Direction

7位 Jealous (NEW)

アーティスト: Labrinth

8位 Blank Space (↑)

アーティスト: Taylor Swift

9位 Dangerous (↓)

アーティスト: David Guetta ft. Sam Martin

10位 All About That Bass (↑)

アーティスト: Meghan Trainor

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。